大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

少年だった中田英寿の言葉が人生の転機になったコーチの話

中田英寿という天才フットボーラーがいた。 彼は常識を疑い、常に世界トップレベルを見据える稀有な存在だった。 それはどうやら少年時代から変わらなかったそうだ。 中田を指導したコーチのエピソードを紹介したい。

サッカーが義務化してる部活、クラブ…

サッカーの名門、滝川二高の特別コーチに就任した際のゲルト・エンゲルス氏の言葉 「プロも高校も同じ。まず指導者は、自分がサッカーを好きで楽しんでいるのを伝えることが大切だと思う。結局、選手たちだって、本当にサッカーが好きじゃないと、高いレベル…

ロメル・ルカクの魅力 〜壮絶な経験がハングリー精神を育み、圧倒的な個性を育んだ〜

ロシアW杯で3位という好成績を残したベルギー代表のストライカー、ロメル・ルカク。 圧倒的なフィジカル、大きい身体に似つかわしくない繊細なテクニック、野生的な見た目とは裏腹なインテリジェンス… 以前から脅威的なポテンシャルを持つストライカーと呼ば…

ブラジル人コーチが来て、遊んでいるような練習に変わってサッカーが上手くなった

それでも「美談」になる高校サッカーの非常識 加部究 カンゼン 2013-11-23 売り上げランキング : 36848 Amazon Kindle 楽天ブックス by ヨメレバ 高校サッカーの不都合な真実が赤裸々に描かれたこの本。 サッカーコーチはもちろん、サッカーをプレーするお子…

アルトゥーロ・ビダルが世界最強の中盤である理由

世界屈指の強豪クラブ、ドイツのバイエルン・ミュンヘンからスペインのバルセロナに移籍した所属するアルトゥーロ・ビダル。 南米チリ代表の不動のMFであり、その圧倒的な迫力で中盤を支配する。 ビダルのいる中盤はインテンシティが格段に上がる。 中盤のど…

日本サッカーは育成年代の文化を変えなければならない

あるサッカー少年が味わった地獄 あるサッカー少年の父が、悲痛な思いを認めた一通の手紙がある。 その一部を抜粋させていただいた。 「私は定年退職を目前にした今、ほとんど遺書のつもりで、この手紙を書いています。過ぎたこととして、もうお忘れの方々も…

サッカーを教えない代わりに、一緒にサッカーで遊んでくれたコーチが指導の本質を教えてくれた

サッカーは誰かに教わるよりも、自分でプレーを生み出す方がはるかに面白い 小さい頃、私はサッカーは教わるものではないと感じていた。周りのみんなとは一味違うプレーをしたかったし、魅せたかった。 私のコーチたちは、サッカーはこうやってやるんだよ!…

子供をサッカーで成長させるために一番有効なのは「教えないこと」

子供たちにサッカーが上手くなってもらうために、一生懸命教えようとする。 当然ジュニアのサッカーチーム、あるいはスクールは「子供をサッカー上手くさせます」といって集客し、商売している。 しかし、私はサッカーを教えているチームやスクールで本当に…

サッカーを子どもたちに伝えるために一番大切なこと

サッカーを子どもたちに伝えるために一番大切なことは何でしょうか? 私は、技術的なことを教えることよりも大切なことがあると思っています。 それは感受性を育むということです。 ドリブルが上手くなるよりも前に、リフティングが上手くなるよりも前に、シ…

日本サッカーが強くなるのが難しい理由

日本サッカーが強くなるのが難しい理由 サッカーの本質は“駆け引き”なのだけれど、これが日本では伝えにくい。 なぜなら教育上よくないとされているからだ。 清く正しくあることを求められる日本の教育文化においてサッカーの本質が伝わりにくいのは必然なの…

ポチェッティーノ監督に学ぶ指導者の在り方「選手を怒鳴りつけても成し遂げられることなんてない」

マウリシオ・ポチェッティーノ監督、プレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパーの指揮官である。元アルゼンチン代表のディフェンダーでもあり、選手としても指導者としても非常に評価が高く、常にビッグクラブが引き抜きを狙うほどの人物だ。 そんな名将…

風間八宏の目指すサッカー 〜グランパスで伝えようとしていること〜

私の大学時代の恩師風間さん。 大学生になって初めてサッカーとはなんぞや、サッカーの本質とはなんぞやというのを否応なく考えさせてくれた恩師であります。 私はサッカーの本質を子どもたちに伝えることを一つのミッションにして活動をしておりますが、今…

デル・ピエロに学ぶサッカーの本質 〜永遠のファンタジスタと呼ばれる理由〜

デル ピエロ 真のサッカー選手になるための10の心得アレッサンドロ デルピエロ 文藝春秋 2013-07-01売り上げランキング : 116555 Amazon Kindle 楽天ブックス by ヨメレバ 永遠のファンタジスタといえばアレッサンドロ・デル・ピエロという名前が浮かぶサッ…

風間八宏の「伝える技術」 〜サッカーという真剣な遊びをどう伝えるか〜

伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書) 風間 八宏 講談社 2018-02-15 売り上げランキング : 61233 Amazon Kindle 楽天ブックス by ヨメレバ サッカーの指導者をやっている方は「伝えること」の難しさを感じることが多いのではないでし…

フェルナンド・トーレスの巧さの理由 〜一流のストライカーから学ぶべきこと〜

フェルナンド・トーレス 神に選ばれしストライカー フェルナンド・トーレス 講談社 2010-06-03 売り上げランキング : 179136 Amazon Kindle by ヨメレバ 神の子(El Niño:エル・ニーニョ)と呼ばれるスペインのストライカー、フェルナンド・トーレス。 類稀…

日本サッカーに不足している2つの能力

私は24歳になってすぐの頃、中南米へひとり旅に出た。 人生を変える旅だった。 異国の文化を肌で感じることによって、自分の世界観が変わった。 日本で感じていた生きにくさから解放され、その生きにくさの理由がよくわかった。 また、日本という国の素晴ら…

ガブリエル・シャビエルの魅力・巧さの理由

名古屋グランパスをJ1復帰に導いた若きブラジル人の巧さの秘密を紐解いていきたい。 彼の名はガブリエル・アウグスト・シャビエル。 Jリーグに所属する数少ないワールドクラスの選手の一人である。 上手い・速い・柔らかい 三拍子揃ったグランパスの救世主だ…

アレクシス・サンチェスの巧さの理由

チリ代表のエース、アレクシス・サンチェス 凄まじい才能を持ちながら所属クラブのアーセナルではなかなかタイトルをつかむことが難しい現状があり、ビッグクラブへの移籍が噂される選手だ。 観る者を魅了するキレキレのドリブル、シュートセンス、抜群のア…

イヴァン・ラキティッチがバルサの中盤に欠かせない理由

いまやFCバルセロナの中盤に欠かせない存在となったイヴァン・ラキティッチ。 東欧のサッカー強国クロアチアのゲームメーカーでもあるが、スーパープレイヤーだらけのバルサではメッシ、ネイマール、スアレス、イニエスタなどのスーパーな選手たちの影に隠れ…

ロシアW杯決勝前に読んでおきたいクロアチア代表関連のTweetまとめ

ロシアW杯決勝戦が今夜行われる。 フランス代表 対 クロアチア代表の決戦だ。 優勝候補と呼ばれる強豪国を次々となぎ倒して、決勝へ駒を進めたフランスに対して、クロアチアは決勝トーナメント3試合連続延長戦という苦しい戦いの末に決勝まで駒を進めてきた…

モドリッチの巧さの理由 〜世界最高のミッドフィールダーの魅力〜

ロシアW杯、決勝へ駒を進めたクロアチア代表。 チームを牽引するのはルカ・モドリッチだ。 モドリッチの巧さがあらゆる局面で際立っている。 攻守において彼の存在なしにクロアチア代表はここまで勝ち上がることはできなかった。 そんな彼の巧さの理由を探っ…

サッカー選手は古武術から学べることがある 〜不利な状況が身体に革命を起こす〜

人間は築き上げた世界を壊したくないものだ。人間は本能的に不安定状態を嫌う。それは身体保全の自然な働きでもあるけれど、その働きは同時に人間の向上という道のフタにもなってしまう。だから、そういう思いからも自由になる必要がある。 古武術からの発想…

ベルギー代表監督ロベルト・マルティネスが日本戦後に語った「素晴らしいチーム」とは

ロシアW杯、決勝トーナメント初戦…、日本は素晴らしい戦いでベルギーを追い詰めたけれど、最終的にはベルギーの底力に屈することになった。 ベルギー代表のスペイン人監督ロベルト・マルティネスが日本戦後に語った内容がとても興味深いものだったのでシェア…

ドイツで学んだ本場のサッカー文化 〜日本サッカー発展のヒント〜

スイスでプレーする飯野選手の記事、後編は「ドイツで学んだ本場のサッカー文化」についてになります。 前編はこちら↓ keikun028.hatenadiary.jp 海外に出なければ感じることのできない貴重な経験談。 日本サッカー発展のヒントが散りばめられている内容です…

スイスで挑戦する若者を突き動かす情熱 〜飯野 多希留(いいのたける)の挑戦〜

ロシアW杯でブラジル代表を苦しめ、決勝トーナメントでも素晴らしいプレーで大会を盛り上げたスイス代表。 今回はそのスイスでプレーする飯野 多希留(いいのたける)選手を紹介したい。 異国の地で挑戦する選手からは、いつも多くの刺激を与えてもらえる。 …

北野武が言う無知の知とは、「どんなに歳をとっても、偉くなっても、自分が何も知らないってことを忘れちゃいけない」

新しい道徳 北野 武 幻冬舎 2015-09-10 売り上げランキング : 5544 Amazon Kindle 楽天ブックス by ヨメレバ 北野武氏の世界観が好きだ。 世間の声やトレンドに迎合することがない生き様。 そして常に本質を捉える言葉には説得力がある。 北野武著「新しい道…

自分で考えることができない子どもを生み出す大人たち

「なんでシュートしないんだ!」では子供は育たない 宮澤 ミシェル 宝島社 2014-10-11 売り上げランキング : 569405 Amazon Kindle by ヨメレバ サッカー解説者としてご活躍されている宮澤ミシェルさんの本をご紹介させていただきます。 タイトルが気になり購…

日本のサッカー文化を育むために私たちができること

ロシアW杯、日本代表は決勝トーナメントで優勝候補ベルギー代表に破れ大会を去った。 直前の監督交代もあり、予選敗退濃厚と言われていた予想を覆して決勝トーナメントへ進出し、強豪ベルギー相手に大健闘を見せた。 この経験を未来に繋げるべく、日本のサッ…

グリーズマンの巧さ、抜群の決定力の秘密

アントワーヌ・グリーズマン。 フランス代表のストライカーであり、 アトレティコマドリードの点取り屋だ。 ロシアW杯では絶賛爆発中のエムバペと共にフランス代表の強烈な攻撃ユニットを形成している。 グリーズマンといえば抜群の決定力の高さ、ゴールセン…

日本のロシアW杯が終わって読んだ3つの記事 〜これからの日本サッカーを考える〜

日本のW杯が終わった。 予選で敗退するだろうという大方の予想を覆し、素晴らしい戦いをみせて決勝トーナメント進出を決めた。 さらに優勝候補の一角である強豪ベルギーとの決勝トーナメント一回戦、2、3点差はつくだろう…というこちらも大方の予想を覆し、2…