大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

サッカーも仕事も、自由になるために考える|「組織にいながら、自由に働く。」に学ぶ生き方の本質

楽天大学学長の仲山進也さんの著書「組織にいながら、自由に働く。 仕事の不安が「夢中」に変わる「加減乗除(+-×÷)の法則」がとても面白かった。 組織にいながら、自由に働くための方法論が記された本です。 会社で不自由を感じている方、もっと自由に働きた…

ホリエモンが語る教育問題の本質 〜古い価値観を捨てることなしに教育は変わらない〜

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書) posted with カエレバ 堀江 貴文 光文社 2017-03-16 Amazon.co.jp で詳細を見る ホリエモンこと堀江貴文さんの「すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論」がとても共感する内容だっ…

サッカーと旅|有坂哲(前編)〜コスタリカの旅がくれたもの〜

サッカーと人生。 サッカー人にとって、「サッカー」と「人生」はイコールである。 私の人生に、サッカーが与えてくれたものはあまりにも大きい。 そして、サッカーを本当に愛する人、サッカーの本質を追求する人を描くとき、私はまたその人の人生を旅するこ…

子供の成長を加速させる大人のマインドとは

子供を成長させるために必要なことって何だろう。 時代は刻々と変化しています。 IT技術の進化にともなって私たちの行動習慣は日々変化しています。 とりわけ、価値観の変化は著しいと思います。 例えば、ひと昔前は終身雇用が当たり前だったけれど、もはや…

日本のサッカーを変えたい、教育の在り方を変えたい!25歳で高校を設立した上船利徳とは

日本サッカーを変えたい、教育の在り方を変えたい! そう熱く語るのはファーダンサッカースクールの代表を務める上船利徳さん。 今夏、都内某所にてお話を伺いました。

レロイ・サネのドリブルの秘密 〜姿勢の美しさ、腕の使い方〜

ドイツ代表のレロイ・サネ。 弱冠22歳、若くして世界のトップトップで輝きを放つ才能の秘密を紐解いていきたい。 しなやかな動き、柔らかいボールタッチ、ディフェンダーを置き去りにする圧倒的なスピード。 ウィキペディアでサネを調べてみたところ、驚きの…

梅崎司選手の熱きサッカー人生 「15歳 サッカーで生きると誓った日」

湘南ベルマーレの梅崎司選手。 私が応援している大好きなサッカー選手の一人。 実は私の母親の旧姓が「梅崎」であり同じ九州出身であることから勝手に親近感を感じているのです。 先日、ご縁をいただいてこっそりお会いする機会を得ていました。 その時の写…

ジョー!名古屋の快進撃を支えるブラジル人の魅力

開幕2連勝のあと16試合連続で白星がなかった名古屋が破竹の連勝を魅せている。 この信じられない快進撃を支える男がブラジルから来たジョーだろう。 間近6試合で12得点と、凄まじい爆発力を発揮している。

サッカーで大切なのはボールを持っていない選手が「いつ」「どこへ」「どのように」動くか

サッカーはとても面白いゲームで、ボールを持っている瞬間が主役であるかのように扱われるのですが、90分の試合の中で一人の選手がボールを触っている時間というのはほんの数分なんです。 実際にプレーしてみればわかるのですが、ボールを持っていない時間の…

ヴィニシウス・ジュニオールが魅せた才能の片鱗

R・マドリードへ移籍したブラジルの若き至宝、ヴィニシウス・ジュニオール。 まだ17歳というブラジルの若き才能は4500万ユーロ(約58億)という高額の移籍金によるプレッシャーに晒されないためにも二軍であるカスティージャで慣らしている最中であるが、先…

ドウグラス・コスタの「立ち姿」の美しさ

ブラジル代表のドウグラス・コスタをご存知だろうか。 驚異的なテクニック、それを高次元で可能にするフィジカル、身体の運用。 スポーツトレーナーの奥村さんのTwitterをいつも参考にさせていただいているのですが、先日のドウグラス・コスタのトラップ→キ…

南野拓実が魅せたイニエスタターン! 日本人が学ぶべきこと

オーストリアの名門クラブ、レッドブル・ザルツブルクで戦う南野拓実選手がイニエスタを彷彿とさせるターンを魅せ、素晴らしいゴールを決めてみせた!

ジーコの現役時代の映像が凄まじかった!サッカーの神様のプレーを映像で嗜む

ジーコ栄光の軌跡 [DVD] posted with カエレバ ジーコ 日活 2005-09-21 サッカーの神様、ジーコ! 現役時代はブラジル代表の10番を背負い、その名を世界に知らしめた天才サッカー選手だ。 ジーコ氏の日本サッカーへの貢献は計り知れない。 Jリーグのレベル向…

ジーコターンを知ってるか?クライフやリケルメを凌ぐ神技ターン!

サッカーの神様、ジーコの全盛期のプレーを知る者は意外と少ないのではないでしょうか。 Jリーグのレベルを一気に押し上げ、日本サッカー界に多大なる影響をもたらしたジーコ氏。 ブラジル代表の10番を背負い、セレソンでは72試合に出場して52得点を挙げ、最…

17歳の久保建英!イニエスタを凌ぐ存在感を見せる圧巻のゴールでJリーグを盛り上げる

久保くん半端ないって。あいつ半端ないって。移籍してすぐに完璧なカウンターからゴールするもん。そんなんできひんやん、普通。 https://t.co/lVpIgO0Ufu— 大迫はんぱないbot (@osako_hanpa) August 26, 2018 横浜Fマリノスに移籍したばかりの17歳、久保建…

風間八宏に学ぶサッカーと教育の本質

私の大学サッカー部時代の恩師であり、現在は名古屋グランパスを率いる風間八宏監督の言葉をご紹介します。 これまで当ブログでは何度も風間さんの言葉を取り上げてきました。 川崎フロンターレ、そして今では名古屋グランパスで、常識に捉われないサッカー…

小野伸二の魔法のツータッチ

天才サッカー選手、小野伸二。 現在コンサドーレ札幌でプレーする小野選手、その類稀なサッカーセンスは若かりし頃から見るものを魅了するものでした。 柔らかく、変幻自在のボールタッチ、滑らかな身のこなし… そのプレーはオランダの名門フェイエノールト…

サッカー選手が野性を取り戻すために考えるべきこと

TISSUEという雑誌をご存知でしょうか。 人間の本質を深く追求している雑誌であり、サッカーの本質を追求する私も多くを学ばせてもらっています。 この雑誌のコラムから、骨ストレッチの著者である松村卓さんの言葉を紹介させていただきたい。 自分の身体と日…

セルジオ越後が語る日本サッカー発展のヒント

セルジオ越後の「子育つ論」 PHP文庫 posted with カエレバ セルジオ越後 PHP研究所 2004-05-06 Amazonで検索 楽天市場で検索 辛口サッカー評論家として有名なセルジオ越後さん。 当ブログでも何度も取り上げている通り、私はセルジオさんが大好きですし尊敬…

サッカーをセンス良く伝えるために読んでおきたい記事3選(vol.27)

私はサッカー魅力をもっとたくさんの人たちに知ってもらいたいと思っています。 しかし、日本のサッカーは多くの問題を抱えています。 サッカー文化を育むための土壌、育成年代である子供たちを取り巻く環境は決して良いとは言えません。 過剰なコーチング、…

サッカーが巧くなるには、自分で考える力がないとダメなんだ

サッカーが巧くなるためにはどうすればよいでしょうか? この質問に対して、多くの指導者や子供たちはこのように答えるのではないでしょうか? 「たくさん練習する」 「たくさんボールに触る」 ウチはこだわってます!って声高に言うクラブほどこう答える傾…

練習をしたら巧くなるというのは間違い。ブラジルでは巧くなったら、練習をするようになる 〜セルジオ越後氏の言葉に学ぶサッカーの本質〜

サッカーライター加部究氏の著書「サッカー移民」。 ご本人からぜひ読んでみて!と言われて読み始めたら、寝るのも忘れて読んでしまった凄まじい威力のある一冊。 ブラジルに生まれ、ボールとともに育った彼らは何かに導かれるように父母の国へやってきたー…

子供にサッカーを教える前に読んでおくべき5冊

少年サッカー大会に足を運ぶと、必ずといっていいほど怒号、罵声を耳にします。 子供たちへの愛なのか、ただ指導者としての威厳を示したいだけなのか… 真意はわからないけれど、いずれにせよそのアプローチには疑問を感じざるを得ません。 どうやったら子供…

リカルド・クアレスマの巧さの秘密 〜世界でもっとも魅力的なサイドアタッカー〜

リカルド・クアレスマ。 この男を知っているだろうか? アンダー世代からからポルトガル代表に選ばれ続け、幼い頃からポルトガルの名門、スポルティング・リスボンのアカデミーで育ち、17歳でトップデビュー。 その後は、バルセロナ、ポルト、インテル、チェ…

サッカーの基本は “遊び” で培われる 〜教わった人より遊んだ人のが巧かった話〜

サッカーは教えなければならないという大人がいて、サッカーを教わりに来る子どもたちがいる。 サッカーの指導者は何を教えれば良いのだろうか? リフティングの仕方、パスの仕方、ドリブルの仕方、シュートの仕方… これら基本と呼ばれるものを一生懸命教え…

少年だった中田英寿の言葉が人生の転機になったコーチの話

中田英寿という天才フットボーラーがいた。 彼は常識を疑い、常に世界トップレベルを見据える稀有な存在だった。 それはどうやら少年時代から変わらなかったそうだ。 中田を指導したコーチのエピソードを紹介したい。

サッカーが義務化してる部活、クラブ…

サッカーの名門、滝川二高の特別コーチに就任した際のゲルト・エンゲルス氏の言葉 「プロも高校も同じ。まず指導者は、自分がサッカーを好きで楽しんでいるのを伝えることが大切だと思う。結局、選手たちだって、本当にサッカーが好きじゃないと、高いレベル…

ロメル・ルカクの魅力 〜壮絶な経験がハングリー精神を育み、圧倒的な個性を育んだ〜

ロシアW杯で3位という好成績を残したベルギー代表のストライカー、ロメル・ルカク。 圧倒的なフィジカル、大きい身体に似つかわしくない繊細なテクニック、野生的な見た目とは裏腹なインテリジェンス… 以前から脅威的なポテンシャルを持つストライカーと呼ば…

ブラジル人コーチが来て、遊んでいるような練習に変わってサッカーが上手くなった

それでも「美談」になる高校サッカーの非常識 加部究 カンゼン 2013-11-23 売り上げランキング : 36848 Amazon Kindle 楽天ブックス by ヨメレバ 高校サッカーの不都合な真実が赤裸々に描かれたこの本。 サッカーコーチはもちろん、サッカーをプレーするお子…

アルトゥーロ・ビダルが世界最強の中盤である理由

世界屈指の強豪クラブ、ドイツのバイエルン・ミュンヘンからスペインのバルセロナに移籍した所属するアルトゥーロ・ビダル。 南米チリ代表の不動のMFであり、その圧倒的な迫力で中盤を支配する。 ビダルのいる中盤はインテンシティが格段に上がる。 中盤のど…