大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

サッカーの本質を語る女優、小柳ルミ子さんの衝撃のサッカー愛 「サッカーは人生の縮図。社会の縮図。人間関係の縮図」

歌手でタレントの小柳ルミ子さんが大のサッカー好きという事実を知り、そのマニアックさに私は驚愕した。 なんと一年間に2000試合以上観ているのだという!! 参考記事:小柳ルミ子とピエール瀧 サッカーを語る この記事は結構衝撃的で、どんなにサッカー好…

ズラタン・イブラヒモビッチのルーツ 〜遊びの本質は、新しいプレーを創造すること〜

マンチェスターユナイテッドのエースストライカー、ズラタン・イブラヒモビッチの魅力を紐解いていきたい。彼の本「I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝」に、いかにして偉大なストライカーが生み出されたかが記されている。 この本の一部を引用させ…

自分の潜在能力を開放するために、飼い慣らされてはいけない

エジウソン:元柏レイソル 「日本に欠けているのは、選手の潜在能力を最大限に引き伸ばすことだ。 僕たちブラジル人は幼い頃から自分のプレー、役割、個性を求められた。 決められた枠の中では本当の個性は生まれないし、育つわけもない。 日本の指導者は選…

シメオネが絶賛するバルサの天才MFとは 「素晴らしい中盤で天才だ」

FCバルセロナの人材育成術 posted with ヨメレバ アルベルト・プッチ・オルトネーダ アチーブメント出版 2011-10-04 Amazon Kindle 楽天ブックス アトレティコ・マドリードの闘将、ディエゴ・シメオネの著書に中盤の見本としてバルサのセルヒオ・ブスケツの…

シメオネが語るサッカーの本質 「アマチュアはボールで遊ぶが、サッカーはしない」

私はディエゴ・シメオネの言葉が好きだ。 知的で、常に情熱的で人の心を動かす力がある。 シメオネの言葉に触れる度に活力が漲ってくる気がする。 それはシメオネ自身がサッカー監督という役を通じて本気で人生を“生きている”からなのだろう。 シメオネ超効…

イヴァン・ラキティッチがバルサの中盤に欠かせない理由

いまやFCバルセロナの中盤に欠かせない存在となったイヴァン・ラキティッチ。 東欧のサッカー強国クロアチアのゲームメーカーでもあるが、スーパープレイヤーだらけのバルサではメッシ、ネイマール、スアレス、イニエスタなどのスーパーな選手たちの影に隠れ…

シメオネが率いるチームが圧倒的な戦闘力を持つ理由

ディエゴ・シメオネの魅力に惹きつけられている。 シメオネが率いるチームが圧倒的な戦闘力を持つ理由が、彼の著書を読み進めると理解できた。 彼の発する言葉は常にエネルギーに溢れ、絶対的な説得力がある。 人の心を動かす力が秀でているのだ。 シメオネ…

ディエゴ・シメオネの言葉が、我々日本人に超効果をもたらす理由

シメオネ超効果 リーダーの言葉で今あるチームは強くなる posted with ヨメレバ ディエゴ・シメオネ ソル・メディア 2014-09-03 Amazon Kindle 楽天ブックス スペイン、リーガエスパニョーラの第3の強豪といえばアトレティコ・マドリードだろう。バルセロナ…

フィリペ・コウチーニョという圧倒的な才能の秘密

リバプールが強豪ひしめくプレミアリーグで躍動している。 名将クロップがチームを束ねるテクニシャン軍団の攻撃は即興的でスピーディーで魅力に溢れている。 その中でひときわ輝く選手がフィリペ・コウチーニョだ。 攻撃の起点であり、常にゴールを創造する…

天才フットボーラーと呼ばれるサミル・ナスリの魅力

ジダンの後継者とまで言われたフランスの天才サミル・ナスリ。 フランスの名門マルセイユで才能を開花させ、プレミアの名門アーセナル、そしてマンチェスター・シティという世界トップレベルのビッグクラブを渡り歩き、現在はスペインで勢いに乗るセビージャ…

【一流の育て方】自分にとって何が大切で、何が好きなのかを常に問う教育

一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる posted with ヨメレバ ミセス・パンプキン,ムーギー・キム ダイヤモンド社 2016-02-19 Amazon Kindle 楽天ブックス 『一流の育て方』という本を読んでいる。 仕事ではマネージャーとして…

マヌエル・ノイアーが世界最高のキーパーである理由

現在、世界最高のゴールキーパーといば「マヌエル・ノイアー」と答える人がもっとも多いのではないだろうか。 普通では止めることのできないシュートをことごとく止める。 世界レベルのディフェンダーに引けをとらないカバーリングとビルドアップ。 抜群の判…

サッカーは学校では教えられない

世界中から集めたサッカーのイイ話をまとめた素敵な本があります。 サッカー誰かに話したいちょっといい話—世界中から集めた posted with ヨメレバ いとう やまね 東邦出版 2008-12-05 Amazon Kindle この本の中から私の好きな話をひとつご紹介させて頂きた…

【ジュニア国際大会】クロアチアで開催されるジュニア国際大会のお知らせ

今年の8月にクロアチアでジュニアの国際大会が行われるとの情報が入ってきました。 11歳以下のジュニアの大会で、今年は日本も出場枠を確保するチャンスに恵まれたとのこと。 チームを編成するにあたり、4月に都内でセレクションが行われるとのことです。 育…

アザールの魅力 〜ボールも身体も自在に操る天才〜

世界のトップレベル、プレミアリーグで凄まじいゴールが生まれた。 このレベルでひとりでドリブルで何人も抜いてゴールをするなどということはもう尋常じゃない。 そんなスーパープレーを魅せたのがアザールだ。 チェルシーのドリブラーであり、ベルギー代表…

少年サッカーで大切なのは大人じゃなく子どもの気持ち 〜「教える」ことよりも「引き出すこと」〜

ジュニア年代の考えるサッカー・トレーニング 5―Soccer clinic+α 技術と戦術を結びつける (B・B MOOK 1342 Soccer clinic+α) posted with ヨメレバ ランデル・エルナンデス・シマル,倉本和昌 ベースボールマガジン社 2016-10-31 Amazon Kindle 楽天ブックス …

圧倒的な個性が無数に存在する中で絶妙に調和する男 〜ベンゼマがレアルに残れる理由〜

レアルのエースにしてシャドウストライカー 世界最高峰のクラブであるレアルマドリードに君臨する絶対的エースはクリスチアーノ・ロナウドである。レアルといえばクリロナ。多くの人がそう言うだろう。ベンゼマの名が出てくる前に、ハメス・ロドリゲス、セル…

『フェイントは相手を抜くためじゃない。ゴールまでの選択肢を増やすためだ』~ジネディーヌ・ジダン~

サッカー批評(81) (双葉社スーパームック) posted with ヨメレバ 双葉社 2016-06-28 Amazon Kindle 楽天ブックス 『サッカーはシンプルで美しい』 ジダンというサッカーのアート作品のような男がいた。 ジダンのプレーはダイナミックでエレガントで柔らかか…

教えることよりも大切なこと 「好奇心を刺激し、主体的にさせること」

川崎フロンターレから名古屋グランパスに活躍の場を移した風間監督。 育成年代の指導にも定評があることでも知られており、私も常に風間さんの発する言葉には注目している。 著書、日本サッカーを救う「超戦術」は育成に携わる人にとってのバイブルになる。 …

エジルがサッカーの天才と呼ばれる理由

ドイツ流サッカーライセンス講座―『世界王者』が明かす実戦的トレーニング理論 posted with ヨメレバ 土屋 慶太 ベースボールマガジン社 2015-04 Amazon Kindle 楽天ブックス ドイツ代表の司令塔であり、プレミアリーグの名門アーセナルのゲームメーカー、メ…

マスチェラーノに学ぶ世界最強のディフェンス 〜ボールを奪い取る力〜

世界最強のディフェンダー、ハビエル・マスチェラーノ。 アルゼンチン代表、FCバルセロナの不動のセンターバックである。 世界のトッププレイヤーたちが最も恐れるディフェンダーであり、味方にしたらこれほど心強い存在はいない。 日本サッカーがマスチェラ…

ルイス・スアレスが世界最高のストライカーである理由

世界最高のストライカーのひとりルイス・スアレス。 ウルグアイ代表のストライカーであり、FCバルセロナのストライカーである。 昨季(2015-16)リーガエスパニョーラで得点王に輝き、今季もゴールランキングでメッシと共にトップに立つ怪物ストライカーだ。…

人間が成長するための「環境」とは

人間が成長するために必要な「環境」とはなんでしょうか。 これまで様々な職場で仕事をしてきて、成長するために必要な「環境」とはなんぞやという部分でわかったことがいくつかあります。 その多くが、かつてサッカーを通じて学んだことにリンクするのです…

自分に何が必要かを考えられる人間にすること 〜風間八宏の育成理論〜

名古屋グランパスの監督に就任した風間監督。 川崎フロンターレを素晴らしいチームにしたこと、そしてチームマネジメント、選手育成の面でも大きな成果を残したことで風間監督の発する言葉に注目が集まっている。 前回に続き、以下「サッカー批評」より風間…

人間は主体性を失った時点で成長は止まる 〜風間八宏の育成理論〜

川崎フロンターレを率いた風間さんの下記書籍でのインタビュー記事が素晴らしいので、一部をご紹介させて頂きたい。 育成年代に携わる方は、是非購入して読むべき一冊かと思います。 サッカー批評(84) (双葉社スーパームック) posted with ヨメレバ 双葉社 …

【高校女子サッカー決勝】十文字高校 対 大商学園 〜魅力あふれる女子サッカーの秘密〜

全国高校女子サッカー選手権大会、決勝戦。 十文字高校(東京代表) 対 大商学園(大阪代表)の試合をレポートしたいと思います。 第25回全日本高校女子サッカー選手権決勝大商学園(大阪)×十文字(東京)1月8日(日)午後2:10キックオフ pic.twitter.com…

チェルシー強さの秘密 〜鬼軍曹コンテのチームマネジメントとは〜

圧倒的な強さでプレミアリーグを席巻しているチェルシー。 鬼軍曹と呼ばれる指揮官のコンテのチームマネジメントからチームづくりの本質を学びたい。 【参考書籍】以下より一部抜粋してご紹介させて頂きます サッカー批評(84) (双葉社スーパームック) posted…

【高校サッカー注目の準決勝】青森山田 対 東海大仰星 〜想いの強さをピッチで表現することの大切さ〜

全国高校サッカー選手権大会 準決勝第一試合、青森山田 対 東海大仰星 これまで圧倒的な強さを見せてきた青森山田。 一方、強豪校をなぎ倒してジャイアントキリングともいうべき戦いでここまできた東海大仰星。 初戦では王国静岡代表の藤枝明誠を、2回戦は茨…

【高校サッカー因縁の対決】聖和学園 対 青森山田 〜聖和はドリブルで感情表現しなければならない〜

全国高校サッカー選手権大会、3回戦、聖和学園 対 青森山田の試合を観に浦和駒場スタジアムまで行ってきました。 去年、2回戦で対戦した両者、その時は0-5で青森山田がドリブラーたちを圧倒した。 あれから一年、聖和は因縁の相手にどんな戦いを魅せるのか楽…

大人と子供、コーチと選手の関係の前に“人と人”である 祖母井秀隆の言葉に学ぶサッカーの本質

脳科学者の茂木健一郎さんと祖母井さんの対談書籍の一部を紹介させて頂きたい。 祖母井秀隆さんとは、「オシムを日本に連れてきた人」であり、日本サッカーに大きな貢献をしている方です。 著書「祖母力」は指導に関わる方は必読! 祖母力 うばぢから オシム…

クライフに学ぶサッカーの本質 〜10番を走らせる監督は二流だ〜 

ヨハン・クライフ サッカー論 posted with ヨメレバ ヨハン・クライフ 二見書房 2014-05-12 Amazon Kindle 楽天ブックス 近年、サッカー界では、よく走る選手を高く評価する傾向がある。 「あの選手はあんなに走ったぞ」 「みんなのために献身的に動いた」 …

【天皇杯決勝】鹿島アントラーズ 対 川崎フロンターレ 〜風間フロンターレ美しく散る〜

フットボールサミット第32回 川崎フロンターレ 夢の新等々力劇場 posted with ヨメレバ 『フットボールサミット』議会 カンゼン 2015-08-28 Amazon Kindle 楽天ブックス 2017年1月1日、元旦に行なわれた天皇杯決勝。 先日のクラブWカップでレアル・マドリー…

【高校サッカー注目の初戦】聖和学園 対 海星 〜聖和は圧倒的なテクニックをどうピッチで表現するのか…〜

大晦日に行なわれた全国高校サッカー選手権大会の一回戦、聖和学園 対 海星高校の試合を観に浦和駒場スタジアムへ足を運んだ。 他にも面白そうな対戦カードがいくつかあったのだけれど、去年もレポートしたドリブラー集団、聖和学園を観ることにした。 昨年…

【高校サッカー開幕戦】 野洲高校 対 関東第一高校 〜もっと観たかった野洲の魅惑プレー〜

高校サッカー開幕戦、野洲高校 対 関東第一高校の試合のレポート 毎年注目している野洲高校の試合。 去年は、聖和学園にテクニックで凌駕されて大敗をしたけれど、魅力溢れるプレーを見れるという期待が野洲にはある。 では、試合の模様を私の実況ツイートと…

三浦知良が語る「本当にサッカーが上手い選手」とは。

フットボールサミット第4回 カズはなぜ愛されるのか? ―いままで語られなかった「三浦知良」論― posted with ヨメレバ 田崎健太,ミカミカンタ,菊地正典,海江田哲朗,沢田啓明,浅川俊文,吉崎エイジーニョ,加部究 カンゼン 2011-10-13 Amazon Kindle 楽天ブック…

キングカズが語る 「世界で戦える技術」とは。

やめないよ (新潮新書) posted with ヨメレバ 三浦知良 新潮社 2011-01-14 Amazon Kindle 楽天ブックス キングカズこと、三浦知良選手の本を読み漁っている。 命をかけてサッカーに取り組んでいる人間から出る言葉は、人生の教訓が詰まっている。 ブラジルで…

長友佑都の言葉 〜一流の人間でなければ一流のプレイヤーになれない〜

上昇思考幸せを感じるために大切なこと posted with ヨメレバ 長友 佑都 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-05-25 Amazon Kindle 楽天ブックス 日本最高のサイドバック、長友佑都選手の本「上昇思考」を読んだ。 「一流の人間でなければ一流のプレ…

長谷部誠という男の本質 〜日本のサッカー文化を育む人の言葉が凄かった〜

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫) posted with ヨメレバ 長谷部 誠 幻冬舎 2014-01-29 Amazon Kindle 楽天ブックス 日本代表キャプテン、長谷部誠選手の本「心を整える」がとても面白かった。 この本がベストセラーになった理由…

高校サッカーの魅力 〜ピッチで表現される熱い想い〜

今年も高校サッカーの季節がやってきた。 これまで数々の偉大な選手を生み出してきた高校サッカー。 いくつもの名勝負、名シーンも記憶に焼き付いている。 高校3年間、多くの時間をサッカーに費やし、仲間とともに厳しいトレーニングを重ね、厳しい戦いを勝…

エル・シャーラウィの巧さの理由

ステファン・エル・シャーラウィ。 エジプト人の父親とイタリア人の母親をもつ類まれな才能の持ち主であり、カテナチオの国、イタリアの誇るテクニシャンのひとりだ。 キレのあるドリブルとトリッキーなプレーは相手を混乱に陥れる。 スピードとテクニックを…

【クラブW杯決勝レビュー】勝利に値した鹿島アントラーズ!レアルの個の力に僅かに及ばず…

クラブワールドカップ2016決勝戦! 鹿島アントラーズ対レアルマドリードは延長線の末、2-4でレアルの勝利。 このものすごい一戦を振り返ってみる。 想像を超える大健闘 戦前の予想はレアルの大勝。 圧倒的な戦力差の前に鹿島は為す術なく敗れ去る。 多くの人…

トニ・クロースの巧さの理由

レアルマドリードのゲームコントローラーのひとりトニ・クロース。 彼はドイツ代表のキーマンでもあり、中盤で非常に重要な役割をになっている。 しかし、派手な選手が多いレアルにいることでクロースのプレーがピックアップされる機会は少ない。 今回はクロ…

モドリッチの巧さの理由

FIFAクラブワールドカップ2016の準決勝、クラブ・アメリカ 対 レアル・マドリーの試合が終わった。 結果は0-2でレアル・マドリーの勝利。 世界最高と称されるクリスティアーノ・ロナウドが2点目を決めて勝負を決めた試合。 多くのメディアは当然ロナウドをピ…

サッカーは遊びであり、魂の戦いである

サッカーはフィールドの格闘技であると誰かが言った。 これはなかなか上手い表現である。しかし、更に的確に表現するなればこういうべきだろう。 「サッカーは遊びであり、魂の戦いである」 なぜ南米のサッカーは強く、上手いのだろうか。 その理由は、サッ…

マラドーナは私のサッカーの先生だった

マラドーナ THE LEGEND OF DIEGO MARADONA ―「神の手」 知られざるその素顔― (講談社 DVDBOOK) posted with ヨメレバ プラカール 講談社 2006-06-28 私は少年時代、孤独に黙々と練習した。 当時は今のようにYouTubeもなければスマホもない時代だ。 父親と一…

どんなに教えても子供が成長しない理由

16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える 「賢い子」に育てる究極のコツ posted with ヨメレバ 瀧 靖之 文響社 2016-04-13 子供を持つ親御さん、または学校の先生はこんな悩みをもっているのではないでしょうか。 「なぜ言うことを聞いてもらえないんだろ…

イニエスタの巧さの理由と日本サッカーが学ぶべきこと

LIFE アンドレス・イニエスタ自伝 posted with ヨメレバ アンドレス・イニエスタ 東邦出版 2017-02-01 Amazon Kindle 楽天ブックス アンドレス・イニエスタという名前を知らないサッカーファンはいないだろう。 スペインを代表する選手であり、バルセロナの…

カストロの訃報、私が偉大な革命家から学んだこと

キューバ共和国の首相、大統領を務めたフィデル・カストロ前国家評議会議長が90歳で死亡したと、キューバ国営テレビが発表しました。 【カストロ前議長死去】弟・ラウル議長、震える声で深夜の発表…静まり返るハバナ市内(産経新聞) - goo ニュース キューバ…

困難の乗り越え方、自信のつくり方

挑戦する回数、チャレンジする回数が多ければ多いほど、困難にぶち当たります。 仕事もそう、サッカーもそうです。 困難を乗り越えられる人と乗り越えられない人の違いはなんだろうかと考えたときにあることに気が付きました。 仕事が“できる人”と“できない…

サッカーを教わってはいけないよ。自ら学び、自ら感じ、表現すること。

“いなす”こと “かわす”ことができる選手は力の抜き方を知っている。 相手の殺気を感じる力 相手の動きの先を読む力 それが身につくとピッチでの自由度が増す。