大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

寄稿

日本サッカーを開国せよ vol.15|これからの日本における「観る」サッカー

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指 導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進 国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「 鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によっ…

日本サッカーを開国せよ vol.14|育成年代の移籍問題について

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

日本サッカーを開国せよ vol.13|日本のトレセンについて

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

子供達に「サッカー」を知って欲しい | SUERTE JUNIORS 監督 瀬戸実人

世田谷で活動するクラブ、SUERTE JUNIORSの瀬戸氏に寄稿していただきました。 私の注目する指導者の1人、瀬戸氏の柔らかく、そして熱い思想に、ぜひ触れていただきたい。

日本サッカーを開国せよ!【番外編】|指導者の責任

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

日本サッカーを開国せよ vol.12|お金のない高校サッカー部の改善方法を考えてみた

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

ナポリの野生ファイター アランの凄さとは?

2018年11月、やっとこの男がブラジル代表に名を連ねた。 アランだ。 イタリア、セリエAのナポリの中盤でプレーする、チームには欠かせない存在の27歳のブラジル人。 3年ほど前から気になっていた選手だ。 派手さこそないが、どの試合でも一定以上のパフォー…

日本サッカーを開国せよ vol.11|長期政権の高校サッカー②

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

日本サッカーを開国せよ vol.10|長期政権の高校サッカー①

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

日本サッカーを開国せよ vol.9|選手が指導者を選ぶ時代がくる

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

日本サッカーを開国せよ vol.8|右を向けと言われたら、右を向く選手

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

日本サッカーを開国せよ vol.7|体罰を無くすには

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

日本サッカーを開国せよ vol.6|気合いの尺度は掛け声!?

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

日本サッカーを開国せよ vol.5|応援がブームであり続ける高校サッカー

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

日本サッカーを開国せよ vol.4|怒鳴るコーチはなぜ怒鳴ることしかできないのか

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

日本サッカーを開国せよ vol.3|先生でありコーチである教師の是非を問う

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多くある。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始まっ…

日本サッカーを開国せよ vol.2|坊主廃止論-坊主は指導者の思考停止

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多くある。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始まっ…

日本サッカーを開国せよ vol.1|理不尽な指導は一種のマインドコントロール

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰といった理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられない問題が日本には多くある。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始まった連…

育成年代の勝利至上主義を脱却できなければ日本サッカーは勝てない 

こんにちは、NPO法人スポーツコミュニティ磐田・ポーラスターの高橋亮祐と申します。 ぼくは現在、子どもから大人まで誰もがスポーツを楽しめる環境を目指し、運動あそび、ビーチサッカー、フットサル、サッカー指導をしながら、子ども達と楽しい時間を過ご…

本当にサッカーが上手いとはどういうことか | エリア伊都ジュニアユース監督 有坂哲編

「 本当にサッカーが上手いとは どういうことか 」 というテーマでの執筆依頼をいただき あれこれと思考を巡らせてきたのですが どうにも考えがまとまらず、言語化もできない。 そんな状態のまま 同じテーマについて書いた 久保田さんや岩佐さんの記事を読ん…

フェデリコ・ベルナルデスキの上手さの秘密 〜イタリアの若き貴公子のプレーを紐解く〜

フェデリコ・ベルナルデスキ。 イタリア、セリエAに所属するビッグクラブ、ユベントスでプレーする、イタリア代表の選手である。 24歳のレフティ。 ポジションはセカンドストライカー、トップ下、両ウイング、両サイドハーフからウイングバック、インサイド…

リカルド・クアレスマの巧さの秘密 〜世界でもっとも魅力的なサイドアタッカー〜

リカルド・クアレスマ。 この男を知っているだろうか? アンダー世代からからポルトガル代表に選ばれ続け、幼い頃からポルトガルの名門、スポルティング・リスボンのアカデミーで育ち、17歳でトップデビュー。 その後は、バルセロナ、ポルト、インテル、チェ…

ドイツで学んだ本場のサッカー文化 〜日本サッカー発展のヒント〜

スイスでプレーする飯野選手の記事、後編は「ドイツで学んだ本場のサッカー文化」についてになります。 前編はこちら↓ keikun028.hatenadiary.jp 海外に出なければ感じることのできない貴重な経験談。 日本サッカー発展のヒントが散りばめられている内容です…

スイスで挑戦する若者を突き動かす情熱 〜飯野 多希留(いいのたける)の挑戦〜

ロシアW杯でブラジル代表を苦しめ、決勝トーナメントでも素晴らしいプレーで大会を盛り上げたスイス代表。 今回はそのスイスでプレーする飯野 多希留(いいのたける)選手を紹介したい。 異国の地で挑戦する選手からは、いつも多くの刺激を与えてもらえる。 …

サッカーも人生も楽しむためにプレーする 〜ブラジルで挑戦する女子サッカー選手 藤尾きらら〜

ブラジルで挑戦する女子サッカー選手、藤尾きらら。 高校女子サッカーの名門、日ノ本学園で活躍した後、更なる高みを目指しブラジルへ渡った逸材だ。 ブラジルで挑戦中の彼女に異国の地で感じることを綴ってもらった。

サッカーが上手いより大切なこと 〜アメリカ挑戦が私に与えてくれたもの〜 

高校女子サッカーの名門、藤枝順心高校で全国大会優勝を経験し、高校卒業後は女子サッカーでは世界トップレベルのアメリカへ渡った黒崎優香選手。 今回、アメリカで挑戦している彼女に現地での経験、その中で感じることを書いていただきました。 挑戦を後押…

アルゼンチンの新星マヌエル・ランシーニの巧さの秘密

マヌエル・ランシーニをご存知だろうか。 イングランドプレミアリーグのウェストハムで10番を背負っているアルゼンチン人だ。今夏開催されるロシアワールドカップでのアルゼンチン代表メンバーにあのイカルディやペロッティ、パプ・ゴメスを押しのけてメンバ…

日本人ホペイロがスペインのユーストップリーグで1シーズン戦って感じたこと

現在スペイン・バルセロナにあるサッカーチームでホペイロとして活動している、ほぺまゆ(@Jope_Mayu)です。 前回の記事<日本人ホペイロとしてスペインのサッカークラブに所属するまでのみ道のり>の続編として、スペインのユーストップリーグで1シーズンを…

日本人ホペイロとしてスペインのサッカークラブに所属するまでの道のり 〜大切なのは思い切って飛び込む勇気〜

現在スペイン・バルセロナにあるサッカーチームでホペイロとして活動している、ほぺまゆ(@Jope_Mayu)です。 2年前まで日本で会社員として普通に働いていました。 そこから会社を辞めて単身スペインに渡り、自らの手でクラブチームを見つけ、現在の活動に至り…

海外で体感したサッカーの魅力と日本サッカーの課題 〜加藤友介が伝えるサッカーの本質〜

「ボンボネーラでプレーするのが夢なんです」そんな熱い想いを胸に海外で戦う日本人サッカー選手。 これまで海外で様々な経験をしてきた加藤友介選手に記事を書いてもらうことができました。 まずは簡単に経歴をご紹介させていただきます。