大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

寄稿

コンサドーレの守護神、クソンユンが見せたアグレッシブさと冷静さの両立

写真=Getty Images // J1リーグ第23節、清水VS札幌。 0-2とリードしていた札幌は、前半38分にピンチを迎えてしまう。 そこで見せたクソンユンの対応が、現代的GKとして必要なアグレッシブさと冷静さ、この両面をハイレベルに兼ね備えていることを証明する好…

マウリツィオ・サッリの魅力 〜元銀行員からユベントスの指揮官にまで上り詰めた男〜

写真=Getty Images マウリツィオ・サッリ。 昨シーズン、チェルシーでヨーロッパリーグ制覇し、今期(2019~シーズン)からセリエAで史上初の連続8冠を成し遂げたユベントスで指揮をとることになったイタリア人監督である。 以前マンチェスターシティのペップ…

アレックス・サンドロの魅力に迫る 〜ブラジル代表とユベントスの超攻撃的サイドバック〜

写真=Getty Images アレックス・サンドロ。 イタリア王者のユベントスで左サイドバックの定位置を獲得し、ブラジル代表でもコンスタントに召集されている180cmの大型サイドバックだ。 このアレックス・サンドロの魅力は、「すべての能力が高い」ことだ。 現…

「遊びながら学び、学びながら遊ぶ」為末大さんに学ぶ成長の本質

為末大さんの価値観が好きです。 「努力は夢中には勝てない」という帯がついていました。タイトルも帯も素敵です。 「遊びから生まれる喜び」を原点にしてきた為末さん。名著『ホモ・ルーデンス』に共感し、同書を紐解きながら、スポーツと遊び、成長と遊び…

上達の本質を学ぶ|書評:「できる人」はどこがちがうのか

この本が書かれたのは2001年。日韓ワールドカップより前と聞けば、どれだけ古いか伝わるかもしれない。しかし、この本に記されているのは、紛れもなく現代でも、そしてどのフィールドでも通用する内容になっている。私が現役時代、バイブルと位置付けていた…

コロンビアの野獣、ドゥバン・サパタとは 〜強さと速さを兼ね備えた魅力的なプレースタイル〜

写真=Getty Images ドゥバン・サパタ。 セリエAのアタランタBCに所属し、コロンビア代表に選出されるストライカーだ。 今季、欧州CLの切符を手にしたアタランタの大躍進を支えた1人である。 サパタは23得点を挙げ、得点ランキング2位に輝いた。 // ナポリで…

ダヴィド・ネレス 〜アヤックスで大ブレイクしたブラジルの知られざる才能〜

写真=Getty Images ダヴィド・ネレスを知っているだろうか? アヤックスなくして今のバルセロナはないと言っても過言ではないだろう。 クライフをはじめ多くの魅力的な選手を生み出してきたアヤックス。バルセロナにも大きな影響を与えた偉大なクラブである…

天才レフティ、アルゼンチンの未来、ジョヴァンニ・ロチェルソの魅力

写真=Getty Images ジョヴァンニ・ロチェルソ。 2018-19シーズンリーガエスパニョーラのレアル・ベティスで躍進したアルゼンチン代表のMFである。 2016年にアルゼンチンのロサリオ・セントラルからフランスのパリ・サンジェルマンに移籍しヨーロッパの地に足…

【子どもの心のコーチング】子どもに失敗をさせるのが大人の仕事

育児書なんて、役に立たない。この本の著者の子どもは、本当にまっすぐ育ってるのかな? そんな風に斜に構えていた私が、何かに導かれるように初めて手に取った子育て本をご紹介します。 プロフィール サッカー少年の子どもを持つ母 子どもたちをもっと笑顔…

ウルグアイの闘将、ディエゴ・ゴディン 〜アトレティコを象徴する男の魅力〜

写真=Getty Images ディエゴ・ゴディン。 南米を代表するセンターバックの一人だ。 先日9シーズンを過ごしたアトレティコ・マドリード退団を発表した。 アトレティコファンにとって、悲しく、そして寂しいニュースとなった。 2010年の8月にアトレティコに移…

フェリペ・アンデルソンの魅力とは 〜ウエストハムにやってきたブラジルのスピードスター〜

写真=Getty Images フェリペ・アンデルソン。ネイマールと同郷、ブラジルのサントス出身で、スピードとテクニックで相手を切り裂くプレースタイルでヨーロッパ中のクラブから注目を浴び、2013年7月、イタリアのラツィオに移籍した逸材だ。 一年目はカルチョ…

パウロ・ディバラの圧倒的な才能とは 〜アルゼンチンのLa joya(ラ ホシャ)と呼ばれる男の魅力に迫る〜

写真=Getty Images アルゼンチンの宝石、La joya(ラ ホシャ)と呼ばれるパウロ・ディバラの魅力を紹介していきたい。 イタリアのセリエAで8連覇の偉業を成し遂げた強豪ユベントスで10番を背負い、アルゼンチン代表にも名を連ねるフェノメノ(怪物)の一人で…

リバプールの頭脳派ストライカー、ロベルト・フィルミーノの巧さとは

写真=Getty Images ロベルト・フィルミーノというブラジル人を紹介したい。プレミアリーグのリバプールに所属し、モハメド・サラーやサディオ・マネと共にチームを牽引する頭脳派ストライカーだ。 技術の高さも折り紙つきだがフィルミーノの特徴はなんといっ…

ルーカス・ トレイラの魅力|アーセナルを支える縁の下の力持ち

写真=Getty Images ウルグアイを代表するミッドフィールダー、ルーカス・トレイラ。プレミアリーグのアーセナルに所属する中盤の底でプレーするバランサーだ。トレイラは中盤の底に君臨し、守備では168cmという小さな体からは想像できない激しさと瞬発力を武…

マウロ・イカルディの魅力|インテルの必殺仕事人の真髄を見よ

写真=Getty Images マウロ・イカルディ。セリエAのインテルに所属するアルゼンチン代表FWだ。 イカルディの特徴は、"できることしかしない"ことだ。 相手を切り裂くようなドリブルも、華麗なテクニックもしない。 試合中にボールにタッチする回数も多くない…

ニコロ・ザニオーロ|ローマの次世代ファンタジスタ

写真=Getty Images ニコロ・ザニオーロ。今シーズン初め、ローマからインテルに移籍したナインゴランのトレード要員でローマにやってきたが、インテルではトップチームでの出場経験はなく、ユースチームの一員にすぎない選手だった。しかし、チャンピオンズ…

大学サッカーはもっと注目されていい|日本サッカーを開国せよ!

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

ホセ・マリア・ヒメネス|ウルグアイとアトレティコを支える若き鉄壁ディフェンダー

写真=Getty Images ホセ・マリア・ヒメネス。 若干24歳にして、リーガエスパニョーラに所属するアトレティコ・マドリードのDFラインを支えるウルグアイ代表ディフェンダーだ。 20歳でアトレティコに引き抜かれ代表デビュー、所属チーム、代表共にコンビを組…

わたしにとっての日常 ~Jリーグのある生活~|名古屋グランパスみぎさん

最近、ときどきですがふと考えるんです。 「おれ、何のためにこんな必死に書きごとしてるんだろうか」と。 サッカー全般、主に名古屋グランパスのことをブログに書き綴るようになり、気づけば二年近い月日が経ちました。でも二年って長いようで実は短いもの…

学生コーチが考えるサッカーの伝え方|日本サッカーを開国せよ!

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

セルヒオ・カナレス|レアル・ベティスで輝く才能

写真=Getty Images セルヒオ・カナレス。 この男の名前を聞いて「もう過去の選手だ…」と感じる人もいるのではないだろうか。2000年にラシン・サンタンデールの下部組織に加入し、2008年にトップチームでデビューを果たした。 そのシーズンの素晴らしい活躍に…

フェルナンジーニョの魅力|マンチェスターシティの鍵を握る万能ボランチ

写真=Getty Imagesフェルナンジーニョ。マンチェスターシティを後ろから支える身体能力、テクニックともに非常に高いクオリティの守備的MFである。 マンチェスターシティといえば、デブルイネ、シルバ、スターリング、アグエロなどの攻撃的な選手が注目され…

選手を育てるという姿勢ではなく、寄り添って共に成長していくこと|日本サッカーを開国せよ!

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

ベンタンクールの巧さの秘密とは?ユベントスで輝き始めたウルグアイのレジスタ!

写真=Getty Images ベンタンクールを知っているだろうか? 21歳という若さにしてウルグアイ代表の中盤に君臨し、セリエAのトップクラブ、ユベントスで急成長中のレジスタだ。 肉弾戦を得意とする選手が多いウルグアイにおいて、ベンタンクールのようなタイプ…

ダビソン・サンチェスに注目すべき理由!コロンビアのフィジカルモンスター

ダビソン・サンチェス。 この男をご存知だろうか? 22歳にしてイングランド、プレミアリーグのトッテナムでレギュラーとしてプレーし、将来コロンビアを背負って立つ世界トップレベルのセンターバックになる可能性を秘めた選手だ。 オランダのアヤックスでプ…

ジェリー・ミナの魅力とは!?コロンビアの超攻撃的センターバック

ジェリー・ミナ。 プレースタイル、性格ともに僕の大好きなコロンビア人センターバックだ。 ミナは昨年1月にブラジルのパルメイラスからスペインのバルセロナに加入。 しかし、ピケとユムティティの高い壁をやぶることができずに半年でバルセロナを去ること…

良い選手の3つの条件とは?|日本サッカーを開国せよ!

日本サッカーには特有の問題がある。罰走や体罰という理不尽な指導、高校サッカーが引き起こす弊害、部活動問題などサッカー先進国では考えられないような問題が日本には多く存在する。そんな「鎖国」日本をアップデートさせることを志す1人の若者によって始…

ユベントスで輝きを放つジョアン・カンセロとは?|世界一のサイドバックになる可能性を秘めた才能

今シーズン、ユベントスのジョアン・カンセロが素晴らしい活躍を魅せている。 スペイン・リーガエスパニョーラのバレンシアで活躍すると、インテルに移籍し1シーズンそのポテンシャルを発揮すると翌年、セリエA最強のユベントスに引き抜かれた。ポルトガルが…

フランコ・バスケスの巧さの秘密 〜セビージャのファンタジスタ〜

(書き手:佐藤 靖晟) ファンタジスタ。最近、この言葉を聞く機会が減っている。 スピード、パワーなど、アスリート的な能力がより重要視される現代サッカーにおいて、その類稀なるセンスと芸術的なテクニックで勝負するファンタジスタは絶滅危惧種である。…

ルイス・ムリエル|コロンビアの怪物を紐解く

(書き手:佐藤 靖晟) ルイス・ムリエルをご存知だろうか? イタリアセリエAのAFCフィオレンティーナに所属するコロンビア代表のFWだ。2011-12シーズン、ルイス・ムリエルはレッチェというクラブでプレーしていた。それまで、ウディネーゼに所属していた彼…