大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

サッカーを伝えたい人へ

サッカーをセンス良く伝えるために読んでおきたい記事3選(vol.11)

サッカーをセンス良く子供たちに、あるいは選手たちに伝えるためにはサッカーの本質とはなんなのかを指導者が考えることができなければならないと思います。 導き出される答えはそれぞれの指導者によって異なるのは当然なのですが、大切にするべきコアな部分…

【セルジオ越後の子育つ論】「自分はこう育てられたから」「世間はみなそうしてるから」で本当に良いの?

セルジオ越後の『子育つ論』という本は日本のサッカー指導者にとってバイブルになるのではないかと思っている。いや、子供に関わるすべての人にオススメしたい。 セルジオさんが全国の子どもたち、親御さんを長年見てきて感じることを書き綴った本書は日本の…

子供を成長させるコーチとは

大人になるにつれて、誰しも何かしらのコーチになります。 コーチとは、何かを指導する人です。 親になれば子供のコーチになり、会社で部下ができればコーチをすることになります。 そのように考えるとこれからご紹介する本は、全ての大人にとって有用な内容…

【風間監督に学ぶサッカーの本質】中村憲剛を伸ばしたらチーム全体のレベルが上がった

名古屋グランパスを率いる風間八宏監督の著書「超「個」の教科書 -風間サッカーノート-」にはサッカーの本質がつまっています。私の大学時代の恩師でもある風間さん。サッカーの本質とは何かを考えるきっかけを与えてくれました。そして今も尚、日本サッカー…

セルジオ越後の教育論 「創造教育のカギはスペースを与えること。放っておかれたことは、今思うと最高のプレゼントだった」

セルジオ越後さんの「子育て論」が本当に素晴らしい。 育成年代の指導をされている方、子育てをする親御さんにおすすめの本です。 本の一部を抜粋してご紹介します。 『スペース』を与えることこそ創造教育のカギだ サッカーでは、誰もいない空間のことを、…

リフティングが上手くてもサッカーが上手いことにはならない

本物のテクニックとは何だろうか。 このテーマはもっと議論されても良いのではないかと思います。 Jリーグが1992年に発足して25年、日本も随分サッカーが盛んになりました。 海外で活躍する選手も増え、日本サッカーのレベルも確かに上がりました。 しかし、…

子どもは親のクローンではない。親の価値観を子どもに押しつけてはいけない

Photo by kenji onose 時代の変化と共に生き方が変わってきている 時代とともに、働き方が変わり、食生活も変わり、人の生き方そのものが変化している。そして当然のことながら価値観も変化している。 私は、親世代の価値観が昔のまま止まっていると感じてい…

セルジオ越後さんに学ぶサッカーの本質 〜子どものリズム、世界を尊重すること〜

セルジオ越後さんの「子育つ論」を読みました。 子どもを持つ親御さんへ向けて書かれているのですが、子どもと関わる機会のある人全てにおすすめしたい一冊となります。 内容の一部を引用してご紹介させていただきます。 子どものリズム、世界を尊重すること

サッカー少年のお母さんからのメール。〜教えないこと、強制しないことが成長に繋がった話〜

。 今しかできない! 子供の脳力を引き出す ここ一番の言葉 posted with ヨメレバ おのころ心平 かざひの文庫 2016-08-26 Amazon Kindle 楽天ブックス 先日、サッカー少年のお母さんからメールが届きました。 とても素敵な内容だったので、ご紹介させていただ…

サッカーの指導者は、言うことを聞かせる人ではなく、自ら考える力を引き出す人

以前、こんな本をご紹介しました↓ サッカーコーチをやりたい人へ、まず読んで欲しい一冊 生きるためのサッカー: ブラジル、札幌、神戸 転がるボールを追いかけて posted with ヨメレバ ネルソン 松原 サウダージ・ブックス 2014-06-18 Amazon Kindle このネ…

サッカーをセンス良く伝えるために読んでおきたい記事3選(vol.10)

凡事徹底――九州の小さな町の公立高校からJリーガーが生まれ続ける理由 posted with ヨメレバ 井芹 貴志 内外出版社 2017-08-30 Amazon Kindle 楽天ブックス サッカーを子供たち、あるいは選手たちにセンス良く伝えていく為には、やはり良質な情報をインプッ…

サッカーをセンス良く伝えるために読んでおきたい記事3選(vol.9)

サッカーとは、一つのボールをゴールに入れる数を競うとてもシンプルなゲームだ。 このゲームをどう捉えるかは、その人次第なのだけれど、私はこのゲームの奥深い魅力を伝え続けていきたい。 サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする 日本サッカーの父…

本当にサッカーが上手いとはどういうことか 〜FC NEO代表 岩佐 剛編〜

Photo by KENJI ONOSE サッカーとは喜びに溢れているもの 素敵なプレー。感動的なプレー。勇敢なプレー。 それは、感情があり、感動があり、感謝があり、喜びに充たされていること。

本当にサッカーが上手いとはどういうことか 〜スエルテ代表くぼっち編〜

Photo by KENJI ONOSE サッカーコーチとして育成年代に関わっている以上、「本当にサッカーが上手いとはどういうことか」というお題目は常につきまとうし、そこからは決して逃げられない。

サッカーをセンス良く伝えるために読んでおきたい記事3選(vol.7)

日本のサッカーがより発展していくためには、サッカー界全体の構造の見直しが必要だと思っています。現場からも多くの問題提起が以前からありますが、サッカー協会の動きは遅い。 いくつもの問題や課題があるけれども、どのように私たちが認識し、行動を起こ…

サッカーをセンス良く伝えるために読んでおきたい記事3選(vol.6)

今回もサッカーの育成年代にとって大切な記事をピックアップしました。 サッカーの本質を子どもたちに伝えることは日本のサッカー文化を育むことです。 良質な記事から学び、しっかりと咀嚼し、子どもたちに伝えていきたい。 サッカーは自己表現と助け合いの…

“生きるためのサッカー” 〜ぼくのボールは地を這って、地球というフィールドを移動していった〜

生きるためのサッカー: ブラジル、札幌、神戸 転がるボールを追いかけて posted with ヨメレバ ネルソン 松原 サウダージ・ブックス 2014-06-18 Amazon Kindle 楽天ブックス ボールはこうやって蹴らなければならない。 ボールはこうやってドリブルしなければ…

サッカーをセンス良く伝えるために読んでおきたい記事3選(vol.3)

この記事のタイトルを読んだ人の中には、コーチングの技術的な要素を期待する方もいらっしゃるかもしれません。今後、そういった記事もご紹介していく予定ですが、今回ご紹介する3つの記事に共通するテーマは “想い” です。 人への “想い” 、フットボールへ…

どうやればうまくなれるか。なぜうまくなるのか。

サッカーをやったことがないお父さんがパパさんコーチをやるケースは多いと思います。地域の少年団はパパさんコーチで成り立っていると言ってもいいでしょう。 以前、某少年サッカーチームのコーチをやっているパパさんがこんな話をしてくれました。 「サッ…

育成大国スペインから学ぶ、指導者の在り方

『サッカーは頭で始まり、足で終わる。決してその逆ではない』なんて本質をついた言葉なのだろうか。 pic.twitter.com/LQqSupvxeJ— KEI 粘り勝つ2017 (@Keivivito) July 9, 2017 すべての練習メニュー、プレーは練習の中で向上、発展していく。明確な目的を…

サッカーをセンス良く伝えるために読んでおきたい記事3選(vol.2)

6月末にスペインへ育成年代のサッカー大会の取材に行ってきました。 サッカー先進国のスペインはサッカーがより身近にあって、テレビをつければサッカー番組やサッカー中継がやっているのだけれど、ジュニア世代、ユース世代の試合も放送されているんですね…

サッカーをセンス良く伝えるために読んでおきたい記事3選

サッカーを指導していて壁にぶつかっている指導者の方、サッカーをどうやって子供に教えて良いかわからないお父さんお母さんへ是非読んでいただきたい記事を3つご紹介させていただきます。 サッカーをセンス良く伝えることができるように良質な記事を定期的…

日本サッカーを強くする前にサッカー文化を育みたい

ディエゴ・シメオネ 『信念 己に勝ち続けるという挑戦』 posted with ヨメレバ ディエゴ・シメオネ カンゼン 2017-06-20 Amazon Kindle 楽天ブックス 流石、世界一のサッカー大国と呼ばれるスペイン。 サッカー番組も切り取るところが面白い。そしてとても勉…

サッカーを上手くさせるために一番大切なこと

フットボールカルテ 4―サッカーをする子供たちの教育と環境を考える本 posted with ヨメレバ BIG SHOT 2010-10 Amazon Kindle サッカーを上手くさせるために一番大切なこと ジュニア年代のサッカーの現場を長年観てきましたが、とても大きな問題を感じていま…

サッカーの本質を伝えたい人へ贈る記事5選(5)

日本人チームを躍動させる 決断力の磨き方 posted with ヨメレバ ミゲル・ロドリゴ(フットサル日本代表監督) カンゼン 2014-05-14 Amazon Kindle 楽天ブックス サッカーの本質を考え続ける中で、私にとって学びが多かった記事を5つ厳選してお届けしたいと思…

サッカーの本質を伝えたい人へ贈る記事5選(3)

サッカーの本質を考え続ける中で、私にとって学びが多かった記事を5つ厳選してお届けしたいと思います。 第3回目となる今回も、素晴らしい記事をまとめることができました。 ①ベネズエラの選手たちの目つきが全てを物語っていた 世界レベルにおいて、より大…

サッカーは学校では教えられない

世界中から集めたサッカーのイイ話をまとめた素敵な本があります。 サッカー誰かに話したいちょっといい話—世界中から集めた posted with ヨメレバ いとう やまね 東邦出版 2008-12-05 Amazon Kindle この本の中から私の好きな話をひとつご紹介させて頂きた…

少年サッカーで大切なのは大人じゃなく子どもの気持ち 〜「教える」ことよりも「引き出すこと」〜

ジュニア年代の考えるサッカー・トレーニング 5―Soccer clinic+α 技術と戦術を結びつける (B・B MOOK 1342 Soccer clinic+α) posted with ヨメレバ ランデル・エルナンデス・シマル,倉本和昌 ベースボールマガジン社 2016-10-31 Amazon Kindle 楽天ブックス …

教えることよりも大切なこと 「好奇心を刺激し、主体的にさせること」

川崎フロンターレから名古屋グランパスに活躍の場を移した風間監督。 育成年代の指導にも定評があることでも知られており、私も常に風間さんの発する言葉には注目している。 著書、日本サッカーを救う「超戦術」は育成に携わる人にとってのバイブルになる。 …

自分に何が必要かを考えられる人間にすること 〜風間八宏の育成理論〜

名古屋グランパスの監督に就任した風間監督。 川崎フロンターレを素晴らしいチームにしたこと、そしてチームマネジメント、選手育成の面でも大きな成果を残したことで風間監督の発する言葉に注目が集まっている。 前回に続き、以下「サッカー批評」より風間…