大人になってから学ぶサッカーの本質とは

サッカーの本質を追求するWebマガジン 考えるよりも感じることを大切に 美しさとは何かを感じる心を大切に 大切なものを失わない為に書き綴る

日本の素晴らしい指導者

子どもの長所を伸ばすと短所が一緒に伸びていく。短所に注目すると長所が消えていく。

「欠点を克服しよう。できないことを頑張ろう。」 よく言われることです。 でも、息子のチームのコーチの短所へのアプローチはちょっと変わっています。 以前こんなふうに保護者に話してくれました。 「子どものできない部分ではなく、長所に注目し、 その特…

子どもを信じて、待つこと。コーチの言葉が、子どもたちを育んでいることを実感する。

息子のサッカーチームのコーチは伸び悩む選手たちにこう声をかけます。 「うまくいかない、試合に出れない」そんな状況のときは、一見成長していないようにみえるけれど、内面では色んな変化が起きているよ。 木を思い浮かべてごらん。うまくいかないときは…

日本の子どもたちがサッカーが上手くなるために大切なこと|アルビレックス新潟U-15 佐枝 篤監督

アルビレックス新潟U-15の佐枝 篤監督にお話を伺いました。 佐枝さんとは、FC市川ガナーズ(旧アーセナル サッカースクール市川)時代にはじめてお会いしてから仲良くさせていただいているのですが、サッカー観、育成哲学を聞くたびに、これはいつかインタビ…

こんな指導者と巡り合って欲しい…。子どもにとっての理想のコーチとは

今日ご紹介するのは、喜多川泰さんの小説「One World」です。 One World posted with ヨメレバ 作者:喜多川泰 出版社:サンマーク出版 発売日: 2014年10月 楽天ブックス Amazon Kindle 人との出会い、出会いによる成長を描いた短編集ですが、それぞれのストー…

「岡田メソッドの魅力と指導者に求められる本質」 〜見違える成長を見せる子どもたち〜

サッカーの育成の世界でにわかに話題となっている 「岡田メソッド」 サッカー本大賞2020の特別賞、優秀作品をダブル受賞し、多くのメディアでも取り上げられています。 岡田メソッド posted with ヨメレバ 作者:岡田武史 出版社:英治出版 発売日: 2019年12月…

不良のお兄さんたちとサッカーをして上手くなった|屋良充紀氏が語った育成年代で大切なことを踏まえて

不良のお兄さんたちと一緒にサッカーをして上手くなった 不良のお兄さんたちと一緒に遊んでたら、サッカーが上手くなりました。 そう語るのは、やらっちこと屋良充紀(やら みつとし) 氏。 横浜の某所で行われた屋良氏のトークイベントのメモをここに記して…

原石はたくさんあるのになんで消えていくんだ?|小幡忠義の子供とともに育つそれが私のサッカー

「塩釜FCの小幡さんという面白い人がいる」 そんな話を3年ほど前から聞いていた。しかし、私は忙しさにかまけて小幡さんにお会いする機会を逃し続けていた。 先日、Amazonで小幡さんの本を見つけた。 「小幡忠義の子供とともに育つそれが私のサッカー 」 こ…

風間監督に聞いた「ボールを止めるトラップ」とは

興國高校式Jリーガー育成メソッド ~いまだ全国出場経験のないサッカー部からなぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?~ 内野 智章 竹書房 2018-12-10 売り上げランキング : 3628 Amazon 楽天市場 by カエレバ 興国高校サッカー部と言えば、全国大会に出場経験が…

風間八宏の目指すサッカー 〜グランパスで伝えようとしていること〜

私の大学時代の恩師風間さん。 大学生になって初めてサッカーとはなんぞや、サッカーの本質とはなんぞやというのを否応なく考えさせてくれた恩師であります。 私はサッカーの本質を子どもたちに伝えることを一つのミッションにして活動をしておりますが、今…

風間八宏の「伝える技術」 〜サッカーという真剣な遊びをどう伝えるか〜

伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書) 風間 八宏 講談社 2018-02-15 売り上げランキング : 61233 Amazon Kindle 楽天ブックス by ヨメレバ サッカーの指導者をやっている方は「伝えること」の難しさを感じることが多いのではないでし…

ハリルホジッチ監督の苦悩 〜外国人監督の難しさ〜

ハリルホジッチと日本サッカーの未来―その指針と論点 posted with ヨメレバ サッカーマガジン ベースボールマガジン社 2015-05-28 Amazon Kindle 楽天ブックス 目前に迫るロシアワールドカップ。 日本代表はどのような活躍を見せるのか期待や不安が入り乱れ…

人間は主体性を失った時点で成長は止まる 〜風間八宏の育成理論〜

川崎フロンターレを率いた風間さんの下記書籍でのインタビュー記事が素晴らしいので、一部をご紹介させて頂きたい。 育成年代に携わる方は、是非購入して読むべき一冊かと思います。 サッカー批評(84) (双葉社スーパームック) posted with ヨメレバ 双葉社 …

大人と子供、コーチと選手の関係の前に“人と人”である 祖母井秀隆の言葉に学ぶサッカーの本質

脳科学者の茂木健一郎さんと祖母井さんの対談書籍の一部を紹介させて頂きたい。 祖母井秀隆さんとは、「オシムを日本に連れてきた人」であり、日本サッカーに大きな貢献をしている方です。 著書「祖母力」は指導に関わる方は必読! 祖母力 うばぢから オシム…

魅力ある指導者が魅力ある人を育て魅力あるチームをつくる 〜妻沼カップレポート

「与えられたルールを守る」ではなく「自分達でルールを考える」こと。「命は守るもの」ではなく、「使うもの」サッカーの真理もこれに同じ。それを体現する大人に私は魅力を感じる。— KEI 整える。はじまりの4月 (@Keivivito) April 12, 2016 こんな魅力あ…

選手の魅力を創造するサッカー指導者の在り方 〜精華女子の越智さんと日ノ本学園の田邊さんトークイベントレポート〜

3月某日、Futbol&Cafe mfにて高校女子サッカー界のふたりの名将を招いたトークイベントに足を運びました。 ゲストは日ノ本学園女子サッカー部(兵庫)の田邊友恵監督と、京都精華女子サッカー部(京都)の越智健一郎監督。 田邊監督は日ノ本学園女子サッカ…

「”自分が感じること”を大切にすること」それなしにサッカーは上手くならない  〜エスコリーニャ代表 屋良 充紀さん〜

滋賀のセゾンFCが厚木に来るという噂を聞きつけて厚木酒井Gまで足を運んだら、偶然にも私がずっと会いたいと思っていたサッカー界の偉人(異人?)に会うことができた。 セゾンの試合が始まる前にFC厚木とRiverPuntoというチームが試合をしていた。 RiverPun…