読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

【走り続ける才能たち】 【サッカーは足じゃなく身体でやるもの】 【ネイマールアートポスター】

 

スポンサードリンク

 

海外リーガー特集第二回 オーストラリアリーガー 〜異国の地で学んだサッカーと自分の在り方〜

海外リーガー特集

f:id:keikun028:20160713213336j:plain

海外でプレーするサッカー選手特集、第二回はオーストラリアリーグで活躍する美濃村 慶太 (ミノムラ ケイタ)選手(28歳)。

 

【所属リーグ・クラブ】

オーストラリアリーグ:NPL(ナショナルプレミアリーグ) デヴィジョン2

ポジション:セントラルMF

 

f:id:keikun028:20160726210915j:plain

後列左から順に緒方選手(ボリビア挑戦中)後藤選手(海外行くのかな?)私、阿部選手(ドイツリーガー)

写真前列左が美濃村選手、真中が丸山選手(リトアニアリーガー)右、冨澤選手(ニュージーランドリーガー)

 

 

美濃村選手と出会ったのは去年の年末のフットサル大会でした。(上がその時の写真

同じチームでプレーして感じた彼のプレーと人間性。そして彼の発する熱い気持ちがとても印象的でした。

続きを読む

バルセロナの育成年代に学ぶサッカーの本質

サッカーセンス サッカー動画 サッカー育成年代

バルセロナの下部組織のプレーに学ぶ

チームでボールをゴールまで運ぶということ。

ボールをどのようにゴールまで運ぶのかをチームとして意識するということがこの選手たちの感覚の中にあるわけだ。このクオリティの差が日本と強豪国の違いでもある。

続きを読む

【インド・プレミアフットサル】ロナウジーニョとファルカンが魅せる魔法

サッカーがうまくなりたい人へ サッカー動画 フットサル

インドで開催されているフットサルのお祭りが話題になっている。

ロナウジーニョギグススコールズファルカンなどサッカー、フットサル界の偉人たちが参加しインドを熱狂させているようだ。

 

ルイス・フィーゴ達によってインドで新設されたフットサルのリーグ、第1回“プレミア・フットサル”がロナウジーニョライアン・ギグス等の偉大なレジェンド達と共に開幕した。

この2人とアルゼンチン人のエルナン・クレスポ等、その他の(※)ベテラーノ達はアジアの国の南部、チェンナイで行われた開幕戦で再会した。大会には彼らの他にスペイン人のミチェル・サルガド、イングランド人のポール・スコールズ、ブラジル人のファルカンが参加している。

 

続きを読む

クリスティアーノ・ロナウドが魅せたフットボーラーとしての在り方

海外サッカー選手 クリスティアーノ・ロナウド

EURO2016が幕を閉じた。

延長戦の末、ポルトガルが開催国フランスを見事に破って優勝した。

熱い戦いが終わってしまったが、熱い姿が私の目に焼き付いた。

本物のフットボーラーは熱い想いを持っている

試合序盤で負傷交代したロナウドの姿に胸が熱くなった。

不運なカタチで負傷してしまったロナウドがプレー不可能だと悟った時の表情は無念さに満ち溢れ、そして涙を流していた。この試合に掛ける想い、悔しさが伝わってきた。

交代してからもロナウドは戦い続けた。

私はこの映像をみて、ロナウドってやっぱり一流のプロフットボーラーなんだなと感じた。飾らず、カッコつけず、自分のすべてをこの試合に投入する姿をみて、感情のすべてをチームの勝利のために表現する姿をみて、私はロナウドというフットボーラーの本質を知れたような気がする。貪欲に自分自身に求め続けた少年ロナウドは大人になりフットボールの本質を、人間の本質をピッチで存分に表現してくれたのだと思う。

どこにいようが気持ちを表現することはできる。チームを鼓舞することはできる。熱い想いはきっと伝わる。そんなことを感じた。

続きを読む

サッカーを教えるということ

サッカーを伝えたい人へ サッカー育成年代 教育の本質 本質とは

 

私はサッカーの本質とはなんなのか、サッカーを教えることの本質とはなんなのかをここ数年間考え続けてきました。

なぜ、これを考えることの必要性を感じたかというと、本気でプロサッカー選手を目指し戦ってきた中で感じた多くの環境的要因(身体を壊すような無駄なトレーニング、無知な指導者)に疑問を感じたこと。

そして、サッカーコーチ時代に感じた信じられないほど酷い育成指導の現場を目の当たりにしてきたこと。

日本を出国し、海外で生活し感じた日本という国の違和感。

本当に大切なことはなんだろうかと考えなきゃいけないと強烈に感じたんです。

形式やメソッドに支配されて子供と向き合えない指導者が巷に溢れている。

教える側と教わる側の設定のみを重要視する親御さんたち。

指導者、つまり大人と呼ばれている人にサッカーの本質、いや物事の本質をみる目が圧倒的に欠けていると私は強烈に思ったんです。だから私は書かなきゃいけないと思ったんです。それがこのブログを立ち上げたきっかけです。

続きを読む

サッカーの指導者にはセンスや魅力が問われている

サッカーがうまくなりたい人へ サッカーを伝えたい人へ

コーチ時代。

私は、サッカーを通じて大切なことを伝えたいと思っていた。

でもサッカーの捉え方が決定的に異なる人達とたくさん出会った。

サッカーには色んなスタイルがあり、色んな在り方があって良いと思う。

しかし、それがわかっていながらもサッカーを教えている多くの大人たちの有様に私は辟易し、自分が目にした育成現場の有り様に納得することができなかった。

面白い選手を育てたい!という人はたくさんいる。でも、そんな人に限って同じような選手しか育てられない。

そんな人たちをみて私が悟ったのは、面白い選手は育てるものじゃない。

勝手に育つんだと。

だからこそ、いかに勝手に育つ環境をつくるかが大事なんだという考えに至ったわけです。良質なサッカー文化を築いていくにはこれしかないと私は思っている。

もっと多様性を許容し、異質なものに対して寛容になる必要がある。

続きを読む

サッカーで大切なことはいつも言葉にできない

サッカーがうまくなりたい人へ

 

私はサッカーをプレーし、サッカーを指導する経験を通じて大切なことを学んだ。

それは私の人生においてとても大切なことだった。

それは”言葉にできない領域の大切さ”だった。

サッカーは言葉で説明できない事象が多発するものだ。

それは人生でも同じなのである。

 

続きを読む
スポンサードリンク

 

【注目】サッカー日本代表やモデルの愛用ブランド!! ───────────────────────── 表参道ヒルズや渋谷キャットストリートでリミテッドショップ展開中の注目ブランド。 SY32 by SWEET YEARSオフィシャルウェブショップはこちら