大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

サッカーは教える前に、一緒に遊ぶことから始めるもの 〜はらだみずき著「スパイクを買いに」を読んで〜

「今日のグラウンドにもいたでしょ。サッカーをするのは子供なのに、自分が夢中になって叫んでいる親が。ここへ蹴れだの、あそこにポジションをとれだの、言ってる輩 が。それを教えてしまったら子供のためにならない、というのが彼らにはわからない。」 「…

中村憲剛のパスはサッカーの本質が詰まっていた 〜多摩川クラシコで魅せた美しいパス〜

写真=Getty Images J1リーグ第19節、第34回多摩川クラシコが行われた。 首位を走るFC東京、対するは王者川崎フロンターレ。 結果は川崎フロンターレが圧勝となったわけですが、2点目のゴールがあまりに素晴らしかった。 \#多摩川クラシコ/これが王者の意地…

小野伸二が語る駆け引きの面白さとは

日本人サッカー選手で天才と言えば、多くの人が小野伸二の名前をあげるのではないだろうか。 小野伸二選手とプレーした経験(主に学生時代、対戦相手として)がある私のサッカー仲間は声を揃えて「異次元だった」と言う。 天才という言葉でさえ凡庸に感じる…

ダニエウ・アウベスが、36歳になっても変わらず世界一のサイドバックであり続ける理由

写真=Getty Images ダニエウ・アウベス。 個人的には今回のコパ・アメリカで1番輝いていた選手だと思う。 アウベスと言えば、超攻撃的なSBである。FWのようなポジショニングとダイナミックな動き出し、そして圧倒的な攻撃センスとテクニックを持った選手であ…

サッカーを「しなくてはならないこと」にしている大人たち 〜子どもたちから「やりたい」を奪ってはいけない〜

子どもに「こうあってほしいな」という気持ちが浮かび、それを押しつけそうになったとき、いつも思い出す言葉があります。今日はその言葉を教えてくれた本をご紹介します。 親の思いを強制しない勇気 以前、息子のチームメイトに気になる子がいました。低学…

ダビド・ビジャが見せた世界レベルのプレーとは 〜Jリーグ6月のベストゴールを紐解く〜

バレンシア、バルセロナ、アトレチコとスペイン国内の強豪を渡り歩いたゴールゲッターが昨年、Jリーグへとやってきた。 名はダビド・ビジャ。スペインリーグ(以下、リーガ)ではゴールランキングの常連、EURO2008では得点王を手にした超一流だ。 リーガ通算18…

鬼木祐輔が語る日本サッカー発展のヒント|ボールと繋がる日本人、ゴールと繋がるブラジル人

日本を代表するサイドバック、長友佑都選手の専属トレーナーである鬼木祐輔氏のイベントに行ってきました。 前回のレポート(2年前)はこちら↓ keikun028.hatenadiary.jp 長友選手の専属トレーナー鬼木さんのイベントなう。#COMEの概念 pic.twitter.com/ygTF…