読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

【サッカーは足じゃなく身体でやるもの】 【ネイマールアートポスター】

 

スポンサードリンク

 

メッシに匹敵する才能「デ・ブライネ」のサッカーセンス

サッカー動画 サッカーセンス 海外サッカー選手 海外サッカー

 

デ・ブライネというサッカー選手がいる。

ベルギー代表でマンチェスター・シティというビッグクラブで主力の選手である。

先日のマンチェスターダービーで彼のプレーを90分通して観て、私は感嘆してしまった。

 

相手のひとつ先を行くセンス

マンチェスター・ユナイテッドを散々苦しめた彼は常に相手より早く判断し、相手より早くベストポジションを見出し、相手より早く判断した。その結果、マンチェスター・シティは常にゲームを支配しユナイテッドは常に余計に走らされ消耗させられた。

相手のひとつ先を行くサッカーセンス。このレベルで体現できるのは限られた特別な才能を持つ証拠。

続きを読む

「空気を読んではいけない」の著者、青木真也の言葉が若者を救う

 青木真也という格闘家の本を読んだ。

常識にとらわれない青木真也という男の生き様と人生のスタンスが描かれている。それと同時に現代に生きる日本人へ向けて強烈なメッセージが込められている。

とりわけこの本は若者に読んで欲しいと強く思う。

サッカー選手を目指す若者たち、サッカーだけでなく、あらゆる分野で高みを目指す若者にとって現状を打破するきっかけを与えてくれる本だ。

社会に適応できずに苦しんでいる人たちにも是非読んでもらいたい。

 

この本の一部を引用してご紹介させて頂きます。

続きを読む

【全世界注目のマンチェスターダービー】 因縁渦巻くペップ対モウのプレミア初決戦

グアルディオラ モウリーニョ 注目の一戦 海外サッカー プレミアリーグ

今夜、注目のマンチェスターダービーが行われる。

スペインではクラシコで何度も激戦を繰り広げた両監督。

ペップ・グアルディオラジョゼ・モウリーニョ

舞台をプレミアリーグに移しての対決になる。

現地時間10日、プレミアリーグ第4節でマンチェスター・ユナイテッドマンチェスター・シティによる“マンチェスター・ダービー”が早くも対決する。最大の注目は何といってもジョゼ・モウリーニョペップ・グアルディオラによる「監督対決」だ。これまで何度も激突し、強い因縁を持つ似た者同士による大一番には、シーズンの今後を左右する危険性が潜んでいる。

マンチェスターダービーに潜む“危険性”。似た者同士のモウリーニョとペップ、腐れ縁が導いた「監督対決」 | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

 

スタメン予想

f:id:keikun028:20160910120409j:image

f:id:keikun028:20160910120411j:image

 

マンチェスターダービーは戦争だ

ダービーは戦争だ!と言わんばかりのこんな動画までつくられている。

 

ペップ対モウの対戦成績

これまでの両者の対戦成績は7勝3敗6分で「ペップ・グアルディオラ」が勝ち越している。しかしながら、プレミアリーグの性質を良く知るモウリーニョが最強の戦力を揃えて迎え撃つ。怪物イブラヒモビッチ、スター街道まっしぐらのラシュフォードの後ろには天才ルーニーが攻撃のタクトを振るう。

勝敗の予想が難しい一戦だ。

 

怪物イブラヒモビッチ

www.youtube.com

 

鍵を握るかもしれないラシュフォード

www.youtube.com

 

ペップは「試合を支配する」とこれまでのスタイルを貫く姿勢

ダービーの試合展開についてペップはこう語っている。

「私は監督キャリアの最後まで良いプレーをして勝たなければならないと考えている。試合を支配して、カウンターで攻撃を受けることも最小限に抑えたい」

ペップ、アウェーのマンチェスターダービーで攻撃的に仕掛けることを示唆「試合を支配する」 - Goal.com

 イブラヒモビッチをゴールから遠ざけることができれば勝利は見えてくるのかもしれない。とはいえラシュフォードやマルシャルというカウンターでも抜群の駒を揃えているだけに常にリスクと恐怖に晒される展開も予想できる。

 マンチェスターシティも戦力は十分

破壊力抜群の3人

アグエロ、デ・ブライネ、スターリング(しかしアグエロは出場停止)

www.youtube.com

出場停止のアグエロのところにシルバでスタートし、途中から野生児イヘアナチョをぶち込むと予想

www.youtube.com

攻撃のアクセントはスペインの貴公子シルバ、彼は自由にポジションチェンジするだろう。どれだけ中盤を支配し前線にボールを供給できるかが肝になりそうだ。

いずれにせよ両チーム最高の選手を揃え、最高の監督が指揮をとることになる。

全世界注目の一戦であることは間違いない。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

スポンサードリンク

 

 

バルサU-12 vs ヴァンフォーレ甲府U-12 〜「世界レベルの間合い」「サッカーが人を育む国」〜

サッカー観戦レポート

 f:id:keikun028:20160828230533j:image

ジュニアサッカーワールドチャレンジ準々決勝 〜

去年に引き続き、今年も観戦してきました。

この年代の世界レベルを生で観れる機会はこの日本という国ではとても貴重です。

日本のジュニアチームのトップレベルとの違いを確認する絶好の機会でもあるのだけれど、見所はそこだけではない。上手さとか強さを観るだけではわざわざ足を運ぶ意味などないのだ。

続きを読む

若き英雄ネイマールが背負った重すぎる重圧 ~大会後記~

サッカーがうまくなりたい人へ サッカーを伝えたい人へ ネイマール

リオ五輪サッカー男子は開催国ブラジルの悲願の初優勝、金メダルで幕を下ろした。

決勝戦のレポートはこちら↓

keikun028.hatenadiary.jp

PKを決めた後の選手たちの涙、ネイマールの表情を見てきっと多くの人がほっとしたのではないだろうか、試合中の選手たちの重苦しい表情をみていて、試合を観ていてその重圧が伝わってくるようだった。

続きを読む

ネイマールの涙 尋常じゃないプレッシャーの中で掴んだ金メダル

ネイマール 伝説の10番 海外サッカー選手 自由を表現するサッカー選手 サッカー観戦レポート

 f:id:keikun028:20160821120533j:image

リオ五輪、サッカー男子決勝戦、ブラジル対ドイツが行われた。

朝5時過ぎ... 眠い目を擦りながら観戦。

この試合は絶対見届けたいと思っていた。

2年前のブラジルワールドカップの準決勝と同じカードで、その時は開催国ブラジルを1-7という屈辱的なスコアで粉砕したドイツが決勝へ進み、優勝。

しかし、その時はエースのネイマールは怪我で欠場していた。

今回はそのネイマールがいる。

ブラジル国民はあの時の屈辱を決して忘れることはない。

ドイツに雪辱を果たすまでは。

ブラジルサッカー協会も絶対に優勝するんだという言い訳ができないメンバーを揃えた。ネイマール、ガブリエル・バルボサ、ジェズス、ルアン、ラフィーニャetc...

タレントの数は他国を圧倒している。

そんな中、決勝を戦う選手たちは凄まじいプレッシャーの渦中にいるに違いない。

試合の行方はいかに…。

続きを読む

サッカーはアーティストが表現するもの 〜技術やテクニックに捕らわれていてはいけない〜

サッカーと芸術 サッカーの本質を知る人 サッカーを伝えたい人へ 教育の本質

 

雑誌「Wired」の《音楽の学校》という特集がとても興味深い内容でした。

アデルというイギリスのスター歌手を生み出した学校の話がとても面白く、サッカーを通じた育成やチームづくりのヒントになるものでした。一部引用をご紹介します。

技術よりやさしさ

「わたしたちは、幼少期から特別な教育を受けてきた裕福な家庭の子どもたちをスカウトするような閉ざされた学校ではありません。常にインクルーシヴであり、子どもたちが好きなこと、得意なことをわたしたちと一緒に伸ばしていきましょう、というスタンスです。意外に思われるかもしれませんが、入学審査の過程においても、生徒たちのパフォーマンス力はほんの小さな比重しか占めていません。どれだけ巧く楽器を演奏できるかではなく、事前審査や面接、筆記試験を通して、生徒たちにリスペクトを払える「やさしさ」をわたしたちは見ているのです。

続きを読む
スポンサードリンク

 

【注目】サッカー日本代表やモデルの愛用ブランド!! ───────────────────────── 表参道ヒルズや渋谷キャットストリートでリミテッドショップ展開中の注目ブランド。 SY32 by SWEET YEARSオフィシャルウェブショップはこちら