読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

本田圭佑の圧倒的な生き様 

 

サッカー日本代表本田圭佑選手。

彼はサッカー選手であるだけでなく、サッカークラブを経営するビジネスマンでもある。

セリエAの名門、ACミランで出場機会に恵まれていないとはいえ、世界のトップクラブの一つである。実力がなければすぐにクビを切られている。必死の努力をしながらも経営を学び、今では立派な経営者である。

 

続きを読む

サッカーのコーチに求められていること

f:id:keikun028:20170402121748j:plain

少年サッカーが行われている場所へ行くと、そこにいる大人たちにの発する声に疑問を感じることが往々にしてある。

 

なぜ、子どもたちに対してそのような言葉を投げかけるのだろうか。

なぜ、子どもたちに対してそのような表現で伝えるのだろうか。

そのように感じることが多いのです。

 

サッカーを教えなければならない。

サッカーを通じて教育しなければならない。

サッカーを上手くさせなければならない。

チームを強くしなければならない。

 

このように考える大人が多いのだと思います。

続きを読む

人生に迷ったらこれを読め!そして走れ!人生を巻き返す3冊

人生は長距離マラソンのようなものだと誰かが言った。

確かにそうかもしれないと思う。

走っていると、苦しい上り坂を越えなければならない時がある、それを越えれば心地良い道を走ることができる。しかし、苦しい上り坂はまたやってくる。それだけでなく足が痛い、頭が痛い、胸が苦しい、あらゆる困難がやってくる。仲間が励ましてくれるときもあれば、孤独に戦わねばならない時もある。

耐え難い苦しみに直面すると、心が折れそうになることがある。闇に引きずり込まれそうになる。

そんなとき、私はいつも独りで読書に耽る。

そして迷いを振り払う。

これまで多くの本に救われたからだ。

 

私が人生を巻き返すきっかけになった3冊の本をご紹介したい。

あなたは迷いを振り払い、走ることになる。そして人生を巻き返すことができる。

 

続きを読む

読書ばかりしていたらバカになる

読書の重要性は重々承知している。

読書は多くの気づき、知識を与えてくれる。 

私も読書をすることによってかなり成長することができたと思う。

しかし、最近になって必ずしも読書が有意義な時間かというとそうでもない気がしていた。本を読むことは楽しいし、新しい何かを学べている気になるものだけれど、それによって自分自身が成長したという実感が得られなくなってきていた。

なぜだろうか。

そんなことを考えていた時に出逢った本がこれだ。

続きを読む

洗練された異国のサッカー文化 〜コパ・プーマ・トレーロス2017大会レポート②〜

コパ・プーマ・トレーロス2017大会レポート①はこちら↓

keikun028.hatenadiary.jp

 

事実上の決勝と言っても過言ではない2チームが準決勝で相見えることになった。

スペインの強豪アトレティコ・マドリードはとても12歳以下とは思えないほど洗練されたプレーをする。ブラジルの名門パルメイラスは柔らかさと激しさを持ち合わせ、捉えどころのないプレーを魅せる。とても興味深い一戦だった。 

 

〈準々決勝〉パルメイラスU12 対 アトレティコ・マドリードU-12  

パルメイラス 試合前のウォーミングアップの様子

続きを読む