読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

自分の潜在能力を開放するために、飼い慣らされてはいけない

サッカーがうまくなりたい人へ

 

エジウソン:元柏レイソル

「日本に欠けているのは、選手の潜在能力を最大限に引き伸ばすことだ。

僕たちブラジル人は幼い頃から自分のプレー、役割、個性を求められた。

決められた枠の中では本当の個性は生まれないし、育つわけもない。

日本の指導者は選手の個性を引き出し、彼らに自信をもたせることを考えるべきだ。

そして選手は、自分のプレーをもっと貪欲に追求しなければいけない。」

私たちはこのエジウソンの言葉を考えなければならない。とりわけ日本の育成年代に携わる指導者は「教える」ことから「引き出す」方向へシフトしていく必要がある。

選手に自信をもたせること、矯正や強制からはなにも生まれない。

その個にしか出せない魅力をともに追求すること。寄り添うことが大切なのだ。

 

【参考文献】サッカー誰かに話したいちょっといい話—世界中から集めた

 

オッツェ:元ジェフ市原ブランメル仙台

「日本人選手は優しすぎる。もっと貪欲になっても良いと思う。

監督の言うことを素直に聞くのもいいけど、実際にプレーするのは選手なんだ。

臨機応変に“我”を出すことも必要なことなんじゃないかと思う。」

 中田英寿の言葉を思い出す。

「日本人は自分の能力を100%発揮する術を知らない」

 

日本と戦った後にネイマールが口にした言葉を思い出す。

「日本代表は必死さが足りなかった。僕らブラジルでも泥臭く攻め続けるのに格好を気にしているように見えた」

 

もっともっと選手は自分を深く追求していくべきだ。自分にしか表現できないことを。そしてそれはより貪欲であるべきで、泥臭くてよいのだ。

ときにはコーチや監督の言うことよりも自分の心の声に従ったって良いのだ。

指導者に簡単に制御されてはならない。

本当の自分は誰にも制御することなどできない。

自分の潜在能力を開放するために、飼い慣らされてはいけない。

だからこそ自分自身で考え抜くことだ。

自分はどうしたいのか、どうなりたいのか。

誰かの期待に応えることの前に、自分の期待に応えることが重要だ。

自分を信じること。自分との約束を守ること。

これを積み重ねていくことで圧倒的な自信がつく。

日々なんとなく生きて、なんとなくサッカーしている人間が成長するとは思えない。

自分と向き合うことから逃げてはいけない。

本当に苦しい作業だけれど、自分の本質としっかりと向き合うことなしに成長などありえない。

君はどうしたいのか。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

 

“生きる”ことの本質を教えてくれる漫画『神々の山嶺

 人生を熱く生きたいと思わせてくれる名作

不可能などないと思わせてくれる漫画『BLUE GIANT  

シメオネが絶賛するバルサの天才MFとは 「素晴らしい中盤で天才だ」

美しいボランチ 海外サッカー選手

アトレティコ・マドリードの闘将、ディエゴ・シメオネの著書に中盤の見本としてバルサセルヒオ・ブスケツの名前が出てきた。

シメオネはあまりメディアなどで他のチームの選手を賞賛することは少ない。 

セルヒオ・ブスケツについてこのように語った。

続きを読む

シメオネが語るサッカーの本質 「アマチュアはボールで遊ぶが、サッカーはしない」

シメオネ サッカー必読本

 

私はディエゴ・シメオネの言葉が好きだ。

知的で、常に情熱的で人の心を動かす力がある。

シメオネの言葉に触れる度に活力が漲ってくる気がする。

それはシメオネ自身がサッカー監督という役を通じて本気で人生を“生きている”からなのだろう。

 

これまでに何度もシメオネの著書を紹介してきたけれど、読む度に新たな学び、新たな気付きを得ることができる。

 

今回は、よりサッカーの本質に迫る言葉をピックアップ。

 

良いプレーをする者ではなく、自信を持ってやっている者が勝つ

チームに自信を持ってプレーしている者が多ければ、良いプレーをした者が多いチームよりも勝つ可能性が高い。

私の決まり文句のひとつに、努力には交渉の余地がない。というのがある。私だってチームが毎週スペクタクルな試合ができればいいな、とは思う。しかし、それは不可能。ただ、全精力を尽くすことは要求できる。もちろん、良いプレーをするだけでなく、そこに心と力を注ぎ込めば、できあがったものは比べ物にならないほど素晴らしくなる。

華やかで見栄えの良いプレーのみが賞賛される風潮がある。

圧倒的に上手いチームが下手なチームに負けてしまう時、私も残念に思うことがあるけれど、サッカーは上手いだけでは勝利できないことも知っている。

なによりも重要なのは勝利することに対する気持ちの強さであり、どれだけ上手くても気持ちで圧倒されたら勝利はできない。

 

f:id:keikun028:20170318162050j:plain 

私はサッカーをプレーする選手を支持し、ボールをプレーする選手を支持しない

両者は異なっている。ボールをプレーするのは友だち同士のミニゲームで遊ぶ時、アマチュアはボールで遊ぶがサッカーはしない。我々がよく知っているように、プレーが美しくドリブルが上手い選手は百万人くらいいるが、その中でサッカーをしていた者は少なかったろう。そこがアマチュアとプロフェッショナルの違いだ。

ファンは美しいものを見たがる。ドリブルを見るのは目の保養になる。しかし、より賢いファンは美しさにとらわれ過ぎず、勝利を好む。もっとも良いプレーをすれば勝つ可能性が高くなるのは明らかなのだが。

 

どれだけの指導者がサッカーの本質にまで思考を巡らせているのだろうか。

たまに近所のサッカークラブの子どもたちの練習風景を眺めていると感じることがある。

持っている技術を、テクニックを勝利のために上手く使うことができなければ意味がない。ドリブルの巧さをどのように勝利のために使うことができるのか、それを伝えるのは時には指導者の役目だ。

keikun028.hatenadiary.jp

 

シメオネが語るサッカーの本質から、我々日本人が学ぶことは多い。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

 

 

 

“生きる”ことの本質を教えてくれる漫画『神々の山嶺

 人生を熱く生きたいと思わせてくれる名作

不可能などないと思わせてくれる漫画『BLUE GIANT  

 

イヴァン・ラキティッチがバルサの中盤に欠かせない理由

海外サッカー選手

 

いまやFCバルセロナの中盤に欠かせない存在となったイヴァン・ラキティッチ

東欧のサッカー強国クロアチアのゲームメーカーでもあるが、スーパープレイヤーだらけのバルサではメッシ、ネイマールスアレスイニエスタなどのスーパーな選手たちの影に隠れてしまいがちだが、そのプレーはエレガントでダイナミックでありながらも繊細でテクニカルである。

 

そんなラキティッチのプレーの魅力を紐解いていきたい。

 

続きを読む

シメオネが率いるチームが圧倒的な戦闘力を持つ理由

偉大な監督 シメオネ サッカー必読本 サッカー名言

 

ディエゴ・シメオネの魅力に惹きつけられている。

シメオネが率いるチームが圧倒的な戦闘力を持つ理由が、彼の著書を読み進めると理解できた。

彼の発する言葉は常にエネルギーに溢れ、絶対的な説得力がある。

人の心を動かす力が秀でているのだ。

シメオネの情熱的な生き様がこの本から伝わってくる。

 

※この本の一部を抜粋してご紹介させて頂きたい。

続きを読む