大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

サッカー漫画おすすめの傑作15作品|サッカーの魅力が詰まった名作

follow us in feedly

f:id:keikun028:20200121165140j:plain

小学生の頃にはじめて読んだ漫画が「キャプテン翼」でした。

それからサッカーに没入し、これまでにたくさんのサッカー漫画を読んできました。

その中で、とりわけ私のサッカー人生に影響を与えた作品をご紹介したいと思います。

 

【目次】

昭和、平成の人気の名作サッカー漫画7選

私のサッカー人生を支えてきた名作7選です。

子供の頃から親しんできた漫画たちで、苦しい時、悲しい時にも良く読んでいたものになります。サッカーマンの多くが知る名作たちであり、現代の若者たちもきっと楽しめるので、ぜひ読んでいただけたらと思います。

キャプテン翼 高橋陽一(著)

シュート 大島司(著)

小学校高学年の頃にはじまったシュート。リアルに高校サッカー、高校生の生活が描かれている作品。久保嘉晴の伝説の11人抜き、そしてトシの成長は当時、とてもとても刺激になった。 登場する選手たちの個性がまた魅力的で、それぞれのキャラクターのファンが多い傑作。

イレブン 高橋 広 (著)

全くのど素人が努力と探究心で這い上がっていく姿にどれだけ励まされたことか。ブラジルへ渡り死ぬほど厳しい環境で鍛えられ、アフリカで暗闇の中でプレーする為の感覚を養うなど、サッカーの本質に通じる描写も多い。日本サッカーと海外サッカーの違いを上手く表現されていて、今読んでもとても興味深い。

Jドリーム 堀内夏子(著)

身体の小さい選手がどのようにプレーすればピッチで輝くことができるのか。ボールを巧みに扱うことの重要性。テクニックをどうやって使うかということの描写。また、サッカーは決して綺麗なスポーツではないというリアルな部分も描かれている。時代背景が少し古いけれど、日本サッカーの歴史も学べる名作である。

ビバカルチョ 愛原司(著)

椎名曜はセリエAのフィオレンティーナでルイコスタとバティストゥータと共演することになる。そして彼のプレーイメージとピッチでのリアルな描写は小学生の私を魅了した。秀逸でリアルな描写がまた魅力の作品。

GIANT KILLING ツジトモ(著)

GIANT KILLING(01)

GIANT KILLING(01)

  • 作者:ツジトモ/綱本将也
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2007年04月23日

サッカーに興味のなかった友人が夢中になるほど、サッカーとは無縁の人間を魅了させてしまう傑作。サッカー監督の視点がリアルに描かれた本作はビジネスシーンでチームマネジメントの観点で活かされるなど、ファンの幅が広い。 

1/11 じゅういちぶんのいち 中村尚儁(著)

安藤ソラというプロサッカー選手の幼少期〜老年期が描かれた作品ですが、それとは別に各エピソード毎に主人公が存在しており、そのストーリーが心に響くんです。この作品の最大の魅力はヒューマンストーリー。サッカーだけじゃなく人生において大切なことが描かれた味わい深い作品。

平成、令和(2020年)の人気の名作サッカー漫画8選

ここからは平成の終わりから令和に読んで面白かったサッカー漫画をご紹介します。いま話題の作品の他、ちょっと隠れ名作もあります。

 

アオアシ  小林有吾(著)

アオアシ(1)

アオアシ(1)

  • 作者:小林有吾/上野直彦
  • 出版社:小学館
  • 発売日: 2015年04月30日

天然で奔放な主人公の葦人がサッカーで這い上がっていく様が描かれている今話題のサッカー漫画。サッカー選手の間でも良く話題になるのだそうだ。(知人のサッカー選手曰く)人間味あふれる登場人物たちの描写がリアルで新刊が出るたびに期待を超える面白さがある。サッカーの本質が詰まった作品です。

DAYS 安田剛士(著)

DAYS(1)

DAYS(1)

  • 作者:安田 剛士
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2013年07月17日

アオアシ人気の影に隠れがちですが、DAYSはアオアシに引けを取らない名作です。サッカー素人が才能を開花させていく過程で大切なことが描かれています。サッカーで大切なのは個性であるということが読めばわかります。そして選手たちの成長、試合のリアルな描写は数あるサッカー漫画の中でもトップレベルです。

振り向くな君は 安田剛士(著)

新装版 振り向くな君は 上

新装版 振り向くな君は 上

  • 作者:安田 剛士
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2019年02月15日

DAYSとあわせて読むべき漫画。どちらから読んでも面白いけれど、登場する選手たちの個性が本当に魅力的で、ストーリーにも引き込まれます。犬童という全てに恵まれた天才と、体が小さくて病弱だけれど、飛び抜けた才能を持つ成神の物語。サッカー好きは必読の作品。 

夕空のクライフイズム 手原 和憲(著)

夕空のクライフイズム(1)

夕空のクライフイズム(1)

  • 作者:手原和憲
  • 出版社:小学館
  • 発売日: 2014年04月30日

この漫画は女子サッカーに携わる友人から勧められた女子がサッカーをすることのジレンマがリアルに描かれた作品です。サッカーは男のスポーツだなんていうオジさんがいたらサッカー界から追放しましょう。

さよなら私のクラマー 新川直司(著)

さよなら私のクラマー(1)

さよなら私のクラマー(1)

  • 作者:新川 直司
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2016年08月17日

女子サッカーの魅力が詰まった名作。女子サッカーのトップを競う原石たちの物語です。サッカーの面白さ、魅力が詰まっていながらも、女子サッカーの課題にも踏み込んだ内容が描かれている。これを読めばサッカー好きの女の子がきっと増えると思うし、女子サッカーの環境をもっと良くしていこうと思う大人も増えるかもしれません。男子サッカーとはまた違う魅力がこの作品にはある。

Mr.CB 綱本将也 (著)

Mr.CB(1)

Mr.CB(1)

  • 作者:綱本将也/谷嶋イサオ
  • 出版社:秋田書店
  • 発売日: 2019年02月20日

サッカー漫画の主人公がセンターバックというこれまでになかった切り口が面白い。絵も良いですし、次の展開が楽しみなストーリーもとても良いです。絶賛連載中の漫画「GIANT KILLING」の原作者の作品ということで期待値が高かったけれど、期待以上の面白さです。サッカー少年から大人まで楽しめる傑作です。

フットボールネーション 大武 ユキ(著)

フットボールネーション 1

フットボールネーション 1

  • 作者:大武ユキ
  • 出版社:小学館
  • 発売日: 2010年05月28日

この漫画はサッカー選手の為にある漫画です。サッカー選手に求められるTipsが詰まっています。体の使い方、ボールの蹴り方、守備の仕方、インナーマッスルとは…、このようなtipsが深く考察されている為、現役のサッカー選手のみならずフットサル選手たちも参考にしている漫画です。「上手い選手とは、下手な選手とは」という分かりやすい描写が人気の秘訣。指導者も読んでおくべき作品です。

ANGEL VOICE 古屋野 孝雄(著)

野球漫画の名作に「ルーキーズ」がありますが、これはサッカー版のルーキーズです。つい最近読んだのですが、読み始めたら止まらず、夜通し読んで寝不足になってしまうほど面白かった。何度感動して涙したか、この漫画は涙なしには読めません。そして自分たちを信じて努力し続ければ必ず報われる瞬間がくるということを教えてくれます。そして命をかけて挑戦することの尊さを…。このレビューを書きながら内容を思い出すとまた涙が…

 

サッカーの魅力が盛りだくさんの漫画を紹介してきました。名作というのは何度読んでも読み飽きないものです。

サッカー漫画を読んで、サッカーが好きになる人が増えたら嬉しいです。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

keikun028.hatenadiary.jp