大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

小野伸二が語る駆け引きの面白さとは

follow us in feedly

f:id:keikun028:20190714234900p:plain

日本人サッカー選手で天才と言えば、多くの人が小野伸二の名前をあげるのではないだろうか。

小野伸二選手とプレーした経験(主に学生時代、対戦相手として)がある私のサッカー仲間は声を揃えて「異次元だった」と言う。

天才という言葉でさえ凡庸に感じるほど、めちゃ上手いのだそうだ。

そんな小野選手のプレーは今もなお、ファンを魅了し続けている。

友人であるドリブルデザイナー岡部が小野選手とコラボした際の動画をご紹介したい。

ここまで自在にボールを操れるサッカー選手は日本有数です。

ボールを自在に操る天才

サポーターの方が撮影した貴重映像↓

 

雑誌Numberの「日本サッカー天才伝説」の小野伸二選手インタビューの一部をご紹介させていただきたい。

サッカーはリズム、そして駆け引きが面白い 

サッカーはリズムが大事。だから流れを止めたくない。コンマ何秒で状況は変わってしまう。そこを逃したくなかった。それが自然とダイレクトパスになりましたね。目線の駆け引きも面白い。人の目を見るって大事。敵も味方も。見ていないフリをして、常に「ここだ!」というポイントを見ていました。もちろん、蹴る瞬間は見ない。相手にバレちゃいますからね。

Number(ナンバー)979号「日本サッカー 天才伝説。」

 

小野伸二選手のサッカー観に触れられるというのはとても大切なことです。

天才が何を考えてプレーしているのか、どんな感覚でプレーしているのかを知ることはサッカーを知る上でとても役に立ちます。

リズムも駆け引きもサッカーをプレーする上でとても重要な要素なのです。

しかし、これが日本サッカーに不足している要素だったりもするわけです。

つまり、サッカーに携わる我々日本人がサッカーの本質をしっかりと後世へ伝えて行かなくてはならないのです。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

keikun028.hatenadiary.jp