読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

教えることよりも大切なこと 「好奇心を刺激し、主体的にさせること」

サッカーを伝えたい人へ サッカー必読本 サッカー育成年代 偉大な監督 風間八宏
follow us in feedly

川崎フロンターレから名古屋グランパスに活躍の場を移した風間監督。

育成年代の指導にも定評があることでも知られており、私も常に風間さんの発する言葉には注目している。

著書、日本サッカーを救う「超戦術」は育成に携わる人にとってのバイブルになる。

サッカーを指導する上で本当に大切なコアな部分を風間監督が語っている。

今回も一部抜粋してご紹介させて頂きたい。

 

 

余計なことを教えるな

よく聞かれるのが「どうやって教えればいいんですか」「どうしたら子供たちが上手くなるんですか」ということ。

「自分の持っているもの全て教えたい」というケースもありますが、今教えている選手が育って活躍するとしたら10数年後のことでしょう。

指導者が今もっているサッカー観は古くなりますから、その時に通用するとは限りません。

  

「よけいなことを教えないで、選手の邪魔をしないでください」

それが私の助言です。

【参考書籍】日本サッカーを救う「超戦術」 

 

好奇心を刺激すること

最高級のものをみせればいいし、好きなようにやらせればいいのです。大事なのは本人が自分で考えて楽しく戦えるかどうかで、才能はそうした中から出てきます。

【参考書籍】日本サッカーを救う「超戦術」

サッカーコーチがまずやるべきことは好奇心を刺激してあげることだ。

プレーする喜びを、ボールで遊ぶ快感を感じさせてあげることだ。

そしてネイマールロナウジーニョモドリッチアザールのプレーを魅せてあげれば良い。全身でプレーする喜びを表現する選手たちを観せれば子どもの心に火がつくの簡単だ。注意しなければならないのは大人が先回りしてなんでも教えてしまわないことだ。

そんなことをしたら好奇心は簡単に死んでしまう。

子供たち、選手たちの本質を心をみるということ 

指導者が余裕を失い、いつの間にか「コーチングライセンス」をグラウンドに持ち込んではいませんか。

あなたはコーチングライセンスを取るための授業で出てくるような内容を教わる生徒になりたいですか。

私は嫌になると思います。

好きなように、楽しく遊びたいからです。サッカーは、算数のドリルではないのです。

【参考書籍】日本サッカーを救う「超戦術」

大切なのはライセンスではなく、選手の本質をみることだ。

ライセンスを取ることなどよりも、選手の本質をみることの方がよっぽど大変で、よっぽど大事なことだ。指導者は知識や経験をひけらかすのではなく、選手のポテンシャルを引き出すことが仕事なのだ。

サッカーをプレーする喜びを表現させてあげること。

これなしに日本にサッカーが発展していくことはない。

 

大切なことは好奇心を刺激し、主体的にさせること 

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…