大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

本当の後押しは”自由にさせてあげること”なんじゃないか  

follow us in feedly

https://instagram.com/p/6cMX4NGeti/

 

自由にさせてあげること

何かにチャレンジしようとしている者に対して多くの大人は後押しをしよう、背中を押してあげようと考える。では、どのように後押ししているだろうか。

下記の文章を読んでほしい。私はこの文章を読んで、大人の在り方が変わらなければならないと感じた。

 

電車を待っている間、中学生くらいの女の子が、ホームで踊っていた。真剣な目で、何度も何度も同じ動きを繰り返していた。音楽を聴きながら、振り付けを確認しているようだった。このあと、ダンスの練習があるのか、何かの本番があるのかはわからない。

が、少なくとも、ホームで他人の目を気にすることよりも、彼女にとっては、大切なものがあった。うまくなりたい、うまく踊りたい、という気持ちに、素直に向き合っていた。微笑ましかった。

 

日本社会に蔓延する、「やりすぎたときにブレーキをかける風潮」が嫌いだ。「意識高いね笑」「真面目だね笑」 ぼく自身、何度もそんな言葉に悩んだことがある。バカにされたり、批判されたりして、「ちょっとおとなしくしてようかな」と、やりたかったことをやめたこともある。

 

情熱的に生きるって、人としてとても大切なことじゃないか。せっかくその人が見つけた「アツくなれるもの」を、心ない一言で潰しちゃいけないだろうって。「ここは踊る場所じゃないよ」なんて言うんですか? そんなことわかってるよ、でも踊らせてあげなって。 

 

本当の強さとは、遠くへ行ってしまう人を繋ぎとめておくことじゃなくて、その人がもっと遠くへ行けるように、自由にさせてあげることだと思う。「気をつけろ」「危ないからやめろ」じゃない。「精一杯やってきな」「楽しんできな」だ。「輝いてきなさい」であり、「あなたの美しさを見せてきなさい」だ。

 

yota1029.hateblo.jp

https://instagram.com/p/2DgM_UGel4/

美しい休日の夕空

後押しというのは自由にさせてあげること

一生懸命プレーする選手、ゴールに向かってチャレンジしている選手に対して多くの大人は後押しの仕方が間違っている。と私は感じている。

いまなお少年サッカーを観に行くと多くの場面で大人の価値観の押し付けがあり、個性なんかよりルールを尊重させることに重点がおかれている。

子供たちはチャレンジする機会よりも大人にやらされていることの方が圧倒的に多い。自分のやりたいプレーじゃなく。コーチがみたいプレー、パパやママの望むプレーに支配される。その子のやりたいプレーは一体なんなんだろう。表現したいことことが表現できない。この状態が嫌になってサッカーをやめてしまう子もいる。

もっとその子が表現しようとしていることを見てあげなければならない。

本当の後押しというのは、その子の自由にさせてあげることなんじゃないかと思う。

 

 

いままさに多くの局面で”許すこと”が求められていると思う。

とりわけ大人は子供たちにもっと”赦すこと””見逃すこと”が必要だと感じている。

徹底してルールに厳しく、ルールを脅かす者を許せない社会は表面的な治安を守っているかもしれないが個人が生き難い。そして誰かと同じようにしなければならないという同調圧力を生み出す。同調圧力は自分の生き場所を奪う。結果的に多くの自殺者を生みだし、精神病患者を多く生みだしている。

 

「正しい生き方」なんてないのである。

答はそれぞれがもてる。みんながやってるからやることが正解なんてことはないのである。

もっと寛容な世の中になればいい。

もっと許せる世の中になればいい。

 

サッカーも社会も個人の表現の結集なのである。

その前提を脅かしてはならない。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

スポンサードリンク 

 

 

 

おすすめコンテンツ 

人気記事5

常識に囚われない元サッカー選手の生き方 〜中田英寿〜 

ボールを簡単に奪われるということはボールを持つことの喜びを知らないということ 〜リケルメが王様である理由〜 

”教える”ということは”教えない”ということ 〜本当に大事なのは”美しさとはなにか”を感じさせること〜

足が速くてもプレーが遅い選手はピッチに立てない 〜美しいパス回しの本質〜

サッカーとは”絵”を描くことである

 

◆育成年代観戦レポート

東京国際ユース大会2015 ボカジュニアーズやコリンチャンスの戦いの本能…サッカーで最も大事なのは自分を表現する力 - 

上手いとか下手とかよりも大事なこと 〜U-12 ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015〜バルセロナU-12の上手さとエスパニョールU-12の8番の雰囲気 

 ・小さなバルデラマが魅せる”球際の感情表現”〜バルサU-12〜チャビシモンズの圧倒的な表現力 

生き抜く力、戦う気持ちを育てるということ 〜エスペランサU-15 vs. 鹿島アントラーズノルテ〜 - 

扱いやすい選手にするのではなく、自力で解決できる選手を 〜蒼天のエスペランサカップ〜スエルテジュニオルスの力を抜くサッカー 

 

名将の言葉

最高の能力を引き出すためのアイデアやルールを創造すること 〜ペップ・グアルディオラの言葉の本質を読む〜

シメオネの名言 ”命を燃やす闘将の言葉”「今日は人生で最後の試合」

いつまでも夢を追いかける馬鹿なサッカーマンを育てる セゾンと野洲を育てた岩谷篤人

おすすめ作品

私の愛するサッカー漫画10選 〜漫画で得たインスピレーションから創造する〜

サッカーとラテンを愛する人に紹介したい最高の映画 〜シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜

情熱に溢れた美しく儚いサッカー映画 〜『ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦』〜 - 大人になってから学ぶサッカーの本質とは