大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

ロメル・ルカクの魅力 〜壮絶な経験がハングリー精神を育み、圧倒的な個性を育んだ〜

follow us in feedly

f:id:keikun028:20180809003046p:plain

 

ロシアW杯で3位という好成績を残したベルギー代表のストライカー、ロメル・ルカク

圧倒的なフィジカル、大きい身体に似つかわしくない繊細なテクニック、野生的な見た目とは裏腹なインテリジェンス…

以前から脅威的なポテンシャルを持つストライカーと呼ばれていたけれど、このW杯でその片鱗を示した。

そんなルカクのプレーの魅力を紐解く前に、ルカクの壮絶な過去を紹介した記事を読んで欲しい。

スポンサードリンク

 

 

 ロメル・ルカクの壮絶な過去 「ずっと言いたかったことがある」

フットボール界の人々はメンタルの強さについて語るのが大好物だ。

まあ、僕以上に強い奴なんていないだろうけど。

兄弟と母と暗闇の中で座りながら、祈りを捧げて、考えて、信じて、知ってしまった…なんとかしなくては。

 しばらくその誓いを心の中にしまっていた。

でもある日のこと、学校から家に帰ると母が泣いていた。

だからその日、ついに母に告げたんだ。 

「母さん、変えてみせる。僕はアンデルレヒトフットボールをプレーする。すぐに叶うよ。僕たちは皆助かる。だからもう心配しないで」 6歳のときだった。

 

 僕は父に尋ねた。

「何歳になったらプロのフットボールをプレーできるの?」 父は言った。

「16歳だよ」

 僕は言った。「分かった。16歳になればいいんだね」 なんとかする。

終止符を打つんだ。

 いいことを教えてあげよう。 

プレーした1つ1つの試合全てが決戦だった。

 公園でプレーしたときも決戦だった。

 幼稚園の休み時間にプレーしたときも決戦だった。

 マジで本気だった。 

シュートを撃つときはいつもボールの皮を剥ぐ勢いだった。

 全力だった。僕たちはR1ボタンなんて押していなかったんだ。

高精度シュートなんてなかった。

僕は最新のFIFAなんて持っていなかった。

プレイステーションなんてなかった。遊びなんかじゃなかった。

相手を殺す勢いだった。 

 

背が伸び始めると、一部の教師や保護者がストレスになった。

初めて保護者の1人に「ボク何歳?何年生まれ?」と聞かれたのを忘れたことはない。 

 

僕は思った。

何だって?正気か? 

11 歳のときにリールセのユースチームでプレーしていると、他のチームの保護者が文字通りピッチに入るのを止めようとしてきた。

 「このガキは何歳だ? 身分証明書はどこだ?どこから来た?」 僕は思った。 

どこから来たかって? 何を言ってるんだ?僕はアントワープで生まれたんだ。

 君たちと同じベルギーに決まってるだろ。 父さんはそこにいなかった。

アウェイの試合に駆けつけられる車がなかったからだ。

僕は完全に独りぼっちで、自分のために立ち上がらなくてはいけなかった。

鞄にあるIDを取り出して保護者全員に見せつけてやると、奴らはそれを手に取り合って食い入るように調べていたから、全身の血が逆流したのを覚えている…僕は思った。

 「おい、今すぐにでもお前の息子を殺してやろうか。殺しにいくどころか、 ぶっ壊してやる。泣きながら坊やを家に避難させることになるぞ 」

 

 ベルギー史上最高のフットボーラーになりたい。それが僕の目標だ。

良いでもない。

偉大でもない。

最高だ。

僕はそんな大きな怒りと共にプレーしていた。

引用元:【ルカクが語る壮絶な過去】「ずっと言いたかったことがある」

 

この記事は改めて全文読んでいただきたい。

怪物ルカクのルーツ、これまでの壮絶な経緯を知ることができる。

サッカー選手、フットボーラーに求められるマインドを知ることができる。

過去の壮絶な経験がハングリー精神を育み、圧倒的な個性を育んだのだ。

サッカー選手として成功したいという強烈な渇望の源泉は「生きるため」「家族を守るため」だ。

この強烈な想いがルカクという怪物を生み出した。

 

さて、ここからはルカクのプレーの魅力を紐解いていきたい。

 

驚異的な身体能力、強さと高さ

190cmという身長、抜群の跳躍力、相手を寄せ付けないパワー…

ルカクがゴール前にいるだけで空中戦での決定力が数倍上がる。

 

強烈なスピードでディフェンス網を切り裂く

大柄な体躯は一見すると重そうに見えるけれど、ルカクの足の速さは強烈だ。

高い、強い、速い。

フィジカルモンスターなのだ。 

 

ゴール前の巧さ、決定力

身体能力だけが売りじゃない。ルカクの凄さはむしろゴール前の巧さ、決定力である。

シュートを放つ前に必ずタイミングを外すモーションを入れる。

その動作がまたダイナミックでキレがある。

この野生的な動きにディフェンス陣はなす術がない。

 

ボールを受けるテクニック

高い、強い、速い、だけじゃない。

ルカクはストリートで磨いた繊細なボールタッチが武器であり、密集でも巧くボールを受ける術を知っている。

このファーストタッチ、ボールを受ける瞬間に迫りくるディフェンダーをしっかり感じた上で、前を向いてコントロールし、追いすがる相手の進路にボールを持ち出しゴールに迫る非常にテクニカルなプレーだ。

 

ボールを運ぶ技術、ボールとともに移動する技術

サッカーが上手い選手は例外なく、ボールとともに移動する技術が高い。

ボールを運びながら相手と駆け引きし、スペースを見出せるということ。

相手のタイミングをズラし、スペースへ持ち出すことができるということ。

ルカクはサッカー選手として、全てを兼ね備えているスケールの大きな選手だ。

 あのイブラヒモビッチすら凌駕する才能なのではないだろうか。

今後のルカクの活躍に注目していきたい。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

keikun028.hatenadiary.jp

海外サッカー選手 カテゴリーの記事一覧 

 

サッカー上手くなりたい人におすすめの本↓