大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

サッカーをセンス良く伝えるために読んでおきたい記事3選(vol.13)

 サッカーに携わる全ての人に読んでもらいたい記事を3つセレクトしました。

野人と呼ばれた英雄岡野さんのインタビュー記事、育成年代の指導に携わる有坂さんのブログ、J契約解除をして南米サッカーに挑戦した須藤右介さんインタビュー記事、それぞれとっても魅力溢れる内容で、指導者のみならず現役選手にもサッカーに何かしらで携わる方にも是非読んでいただきたい内容です。

 

続きを読む

子どもに伝えるべきことは何なのか大人が理解していない

最近読んだ本に面白いことが書いてありました。

ビートたけしこと、北野武さんの本です。

私は“サッカーの本質”をテーマにこのブログを書いているわけですが、サッカーを通じて人生の本質を考えていることに気がつきます。サッカーの本質をいかに伝えるかを考えていると、人としての在り方を考えてることに行き着くのです。

サッカーをテーマにしながらも、人生という壮大なテーマを扱っていることに気がつきます。

人として本当に大切にしなければいけないことはなんなのか…

私はむしろサッカーとは異なるテーマから本質を見いだすことが多いのです。

今回は、北野武さんの言葉から学んだことをご紹介したいと思います。

 

続きを読む

糸島ひとり旅2017レポート 〜美しき糸島の魅力〜

 

11月10日〜11月12日、九州は福岡県の糸島へひとり旅に行って来ました。

遅ればせながら、その時のレポートを書きたいと思います。

 

旅の目的はふたつ、仕事で疲れた心と体をリフレッシュすること。

そしてもう一つは糸島に移住し、そこでサッカーを指導することになった有坂さんの元を訪れること。

 

続きを読む

大人の顔色をうかがう子どもたちを量産する大人たちへ

f:id:keikun028:20170527154706j:plain

Photo by kenji onose  

セルジオ越後さんの著書「セルジオ越後の「子育つ論」」。

毒舌サッカー解説者として名を馳せるセルジオさんですが、その言葉はいつも本質を突いています。

今回はセルジオさんの著書より、「大人の顔色をうかがう子どもたち」というとても興味深いテーマで書かれている部分をピックアップしてご紹介したいと思います。

 

大人の顔色をうかがう子どもたちを量産する大人たち

続きを読む

 サッカーの魅力を伝え続けていますか?

『ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする』

 この本の著書である中野吉之伴さんはドイツサッカーの育成に長年携わり、ドイツが世界のトップに到るまでのプロセスを実際に肌で感じてこられた方である。

本書には日本サッカーの育成文化を育んでいく上でとても大切なことが書かれています。一部を引用してご紹介させていただきます。

続きを読む