大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

ガブリエル・ジェズスの巧さとは 〜ブラジルが生んだ超万能フットボーラーの魅力〜

follow us in feedly

f:id:nobuaki1996:20191019104053j:plain

写真=Getty Images

ガブリエル・ジェズス。

マンチェスター・シティに所属する、ブラジル代表FWだ。

彼の凄さはユーティリティであることだ。所属チームによって自分のスタイルを柔軟に変えることができる。

マンチェスター・シティでは主にCFでポジショニングや鋭い動き出しからゴールを奪うストライカーとしてプレーする一方、ブラジル代表では、右サイドでプレーすることが多く、サイドでの仕掛けや、ドリブルでの打開が目立つ。

両チームで主力としてプレーしながらも、全く別人のようなプレースタイルでチームに貢献する。そんなジェズスの「チームに合わせて役割をかえることができる才能」に注目しながらプレーを見て頂きたい。

 

代表では、柔らかく踊るようにプレーする

 

 

自分のリズムを作り、相手を誘うドリブル。

力が抜けているからこそ、相手を出し抜くことができる。

 

サイドいっぱいに開き、中に進入できるスペースを作り、ボールを受ける。そして、相手と駆け引きしながらもフィルミーノの動きを見ながら仕掛ける。そして相手を十分に引きつけ、完璧のタイミングでラストパス。

マンCでは、ストライカーとしてゴールを奪う

 

 

ゴールを奪うことから逆算されたポジショニングでボールを待つということ。

これができるのは一流のプレーヤーの証だ。

 

 

ストライカーは、ゴールを決められる場所を探して動く。

常に相手の守備網を観察し、どこでボールを受ければゴールを決めることができるのかを探しながらプレーしている。

ジェズスはフットボーラーとしても完成された選手なのである。

所属チームにより、自分のプレースタイルを変えることができ、さらに、違いを生み出す。

 

これからも彼のプレーに注目してほしい。

 

ライタープロフィール

佐藤 靖晟 21歳
高校卒業後イタリアに渡り1シーズン半、今年からスペインに移籍してプレー。

佐藤 靖晟 (@92670731) | Twitter

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp