大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

マケドニアの若きニュースター、エリフ・エルマスの魅力に迫る

follow us in feedly

 

f:id:nobuaki1996:20200214105756j:plain

写真=Getty Images

エリフ・エルマスを知っているだろうか?

セリエAのナポリに所属し、北マケドニア代表としてもプレーする19歳の若手選手である。

エルマスはわずか17歳でA代表デビューを飾り、2019年夏のナポリ移籍前は、スペインのレアル・マドリーや、イタリアのインテルなどのビッグクラブが熱視線を注いでいた選手でもある。

母国マケドニアのFKラボトニツキで15歳ながらトップチームデビューすると、2年後にはトルコの名門フェネルバフチェが獲得をする。

加入2年目で主力に定着し、トルコ国内で評価を高め昨夏、ナポリにやってきた。ポジションは、主にインサイドハーフや、トップ下、センターハーフとしてもプレーする。空いているスペースへグイグイ侵入して好機を演出する。技術力も高いため密集地でのボールキープができる。

また、守備時は自陣にまで戻って相手のボールを奪い取るなど粘り強く、空中戦でも強さを発揮する「マケドニアの至宝」である。そんなエルマスのプレーをご覧いただきたい。

視野の広さと展開力

 

 

エルマスは一瞬でフィールドの状況を理解することができる。

そして、ゴールチャンスと見るや否や相手にとって危険なゾーンにボールを送ることができる。エルマスは、チャンスを見つけて、それを実行するスピードと能力が抜群に高い。

アグレッシブさも兼ね備える数少ないMF

 

上手い若手はたくさんいる。しかし、エルマスはうまいだけじゃない。

ボールへの執着心がとてつもなく高く、相手が数的優位でもボールを奪ってしまうのだ。ボールを奪うと、1人で密集地を切り抜け、チームのチャンスを作り出す。

攻撃と守備の両方を高いレベルでこなすことができるまさにハイブリットな選手である。

プレー集をご覧いただこう

www.youtube.com

視野が広く展開力があり、それでいて密集地を切り抜けられる、テクニックと身のこなし。

うまいだけではなく、強さと柔らかさがある。

粘り強くボールを奪うと、今度は力を抜いて密集地を切り抜ける。そして、チャンスと見ると危険なところにボールを配給し、自分もゴール前まで侵入する。

これで19歳とは恐ろしい。

エルマスは間違いなく、今後のヨーロッパのフットボールを賑わせる選手の一人となるに違いない。

ライタープロフィール

佐藤 靖晟 21歳
高校卒業後イタリアに渡り1シーズン半、今年からスペインに移籍してプレー。

佐藤 靖晟 (@92670731) | Twitter