大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

エメリク・ラポルテ。シティの攻撃センス溢れるセンターバックの魅力

follow us in feedly

f:id:nobuaki1996:20200203225508j:plain

写真=Getty Images

マンチェスター・シティのDF、ラポルテを知っているだろうか?

グアルディオラが率いる怪物だらけチームで、必要不可欠なピースである。

ラポルテの魅力を解説していきたい。

 

常に的確な判断で配球していくセンス、長短のパスのクオリティ、そしてチームを活性化させるゲームメイキングが魅力の選手なのだ。

プレーを見ていると、ディフェンダーとは思えない洗練された美しいプレーをする。

もちろん守備能力も高い。

ラポルテはチームの心臓なのである。

ディフェンダーでありながらチャンスメイカーであるラポルテ

 

 

 ボールを運ぶ方向とスピード、パスの強さとタイミング、全てがパーフェクトだ。

受け手がゴールに向かう時間も作っている。一流はプレーで、チャンスを知らせることができる。

ゴールという目的を明確に持っていること。ゴールを奪うために自分はどうするべきなのかを理解すること。

何もないところから一気にチャンスを作り出してしまう視野の広さ。

ゴールに近く、なおかつ、スペースと時間を持っている選手にピンポイントでパスを出すことができるのは、見るべき場所と優先順位をよくわかっているからだ。

大事な時にはゴールも奪える得点力

 

セットプレーからも得点することができてしまう攻撃力は、もはやCBの域を超えている。

 

プレー集をご覧いただこう

 

相手と対峙する際の立つ位置、間合い、準備の質がとても高く、簡単に相手の攻撃を無力化してしまう。異次元の攻撃力に、安定感のある守備能力を兼ね備えたラポルテに注目していただきたい。

ライタープロフィール

佐藤 靖晟 21歳
高校卒業後イタリアに渡り1シーズン半、今年からスペインに移籍してプレー。

佐藤 靖晟 (@92670731) | Twitter