大人になってから学ぶサッカーの本質とは

サッカーの本質を追求するWebマガジン 考えるよりも感じることを大切に 美しさとは何かを感じる心を大切に 大切なものを失わない為に書き綴る

子どもの笑顔を引き出す大人たち。大人の楽しむ姿が最高の教育

follow us in feedly

 

私が携わっている、世田谷ユナイテッドのイベントでサッカー交流会をしました。

コンセプトは↓

年齢性別問わず、大人から子供まで楽しめる交流会になります。サッカーが好きになる魔法をかけます。サッカーで僕たちと繋がってください。

setagayautd.com

 

募集して1週間足らずで、約100名ものご参加をいただきました。本当に素敵な空間になったんです。

 

素敵な写真たちを見てください↓

※フォトグラファーの岡元さん、空間に表出される感情を捉えるセンス圧巻です

 

このブログを読んでくれている方で参加してくれた方が何人かいるのですが、その中でこんな方がいらっしゃいました。

 

「旦那が、面白い記事を書いている人がイベントに携わってるから行ってきてと言われてきました。旦那は出張できてないんですけどね(笑)」

 

なんとそのママさん、小さい子供を4人も連れて来てくださいました。

(※Sさん写真送るのでご連絡ください)

 

サッカー好きのお兄ちゃんの影に隠れて、熱い想いを秘めている弟くん、一緒に楽しくボールを蹴りました。その光景を見て一緒にボールを蹴りにきた妹さん、いろんな大人たちと一緒にボールを蹴って遊びました。

 

このサッカー交流会に参加してくれた素敵な人たち、その中で子供をサッカー好きにさせる天才を紹介したいと思います。

 

左から、馬場さん、中村勝くん、小俣さん(オマウジーニョ)

 

馬場さんは全国各地でサッカーやフットサルで人を繋ぐ素敵なおじさんで久しぶりにお会いできて最高だったのですが、相変わらず老獪なテクニックで子供たちを楽しませてくれました。

 

中村勝くんは、ポーランドで1年、ウルグアイで3年プレーし、今年からスペインでプレーするサッカー選手で、シーズンオフで帰国のタイミングで来てくれました。子供たちとボールを蹴ってくれて、交流会の後のトップチームの試合にも出てくれました。パーソナリティも本当に素晴らしく、これからも活躍が楽しみです。

 

小俣さん(オマウジーニョ)は、以前ブログでも紹介したのですが、やっぱり子供をサッカー好きにさせる天才でした。トップチームの選手たちにも「あの人上手いですね!」と言われるほど、中学生をいなしまくってました。オマさんはテクニックを追求している人なのですが、子供たちが彼に惹かれる理由はそのパーソナリティなんです。人を楽しませる力がすごいです。みんなサッカー好きになってしまう。

keikun028.hatenadiary.jp

 

そして、僕らのまさ先生。

世田谷ユナイテッドのスタッフでもあるのですが、オマさんに匹敵するサッカーを好きにさせる天才なんです。このイベントにもたくさんのまさ先生の教え子、そのパパママが来てくださいました。偉大です!

keikun028.hatenadiary.jp

 

 

ひでちゃん

 

数年前、代々木上原のカレー屋さんで出会ったひでちゃん。ランチしながらサッカーの話をしてるのを耳にして声をかけたら意気投合してサッカー仲間になったのですが、ブラジルでサッカー経験があったり、プレースタイルもブラジルとアルゼンチンが混ざったような非日本人的なもので最高なんです。子供たちと裸足でひたすら遊んでくれました。(※アキレス腱切れてるのにw)

 

子どもの笑顔を引き出す大人たち。大人の楽しむ姿が最高の教育

この交流会を通じて、改めて感じたのは、子どもの内側にあるものを引き出すことの重要性です。

今回紹介した人たちは、いずれもサッカーが上手い人たちですが、サッカーやったことがないという人もキーパーで子供たちを楽しませたり、下手でもボールを蹴って楽しむ姿をみせてくれたことによって、子供たちも上手い下手関係なく”楽しい”を実感できたのではないかと思うんです。

楽しい、もっとやりたい、上手くなりたいという気持ちを引き出してあげること。誰かに上手くなることを強制されるのではなく、自分が楽しいと思えて、もっと上手くなりたいと思えて、はじめてサッカーになります。

そして、大人の楽しむ姿が最高の教育になるんじゃないかなと思いました。

サッカーも勉強も、習い事、やらなきゃいけないことになってしまった瞬間に面白くなくなってしまいます。まずは好奇心を育むことからチャレンジしていきたいなと思いました。

 

素敵な大人たちが参加してくれたおかげで、最高の時間になりました。

 

今回のイベントの模様はnoteにも書いているので是非読んでください。

note.com