大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

大津祐樹選手の失敗体験を若いサッカー選手に聞いてほしい。プロでやるためのマインドとは

follow us in feedly

f:id:keikun028:20200310193345p:plain

浦和レッズに所属する鈴木大輔選手のYouTubeに登場したのは、大津祐樹選手(横浜F・マリノス所属)。

大津選手の失敗談が、若いサッカー選手にとってとても学び多い話だなと思ったので紹介させていただきます。

鈴木大輔 x 大津祐樹

www.youtube.com

 

下記要約

監督に言われたことを若い頃は飲み込めなかった。

試合で監督の交代指示に納得がいかなくてペットボトルを蹴ったことがあった。もちろん次の試合からメンバー外。

そんなつまらないことで試合に出れなかった時間はすごくもったいなかった。

マリノスの若い選手が、途中交代して監督に握手しないで出て行った。そのときに、その選手を監督のところに引っ張っていって、挨拶に行かせました。それで何も問題は起きなかった。

これをやるかやらないかだけで全然違う。試合に使われなくなったかもしれない。

不貞腐れるなんてことは考えられないよっていう環境にするべきなんだなと。

ちゃんと自分の失敗を若い選手に伝えることは大事だなと思った。

 

どうしてもサッカーは感情的になってしまうものです。それ故に、もったいない失敗はたくさんあるものです。

日本トップレベルのサッカー選手のこのような話はとても参考になります。

プロサッカー選手のマインドが学べるはずです。

中学生や高校生、大学生年代のサッカー選手にもぜひ参考にして欲しいと思います。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

keikun028.hatenadiary.jp