大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

風間八宏が中学生時代に身につけたフェイントがエグい!体を触らせない、ボールを見せないフェイント

follow us in feedly

f:id:keikun028:20200405112229p:plain

大学サッカー部時代の恩師でもある風間八宏さん。

名古屋グランパスを辞めた後の動向が気になっている方も多いと思います。

あれからメディアで表に出てこない風間さんですが、現在もサッカー文化を育むべく活動をされているようです。

 

風間さんの公式Twitterをチェックしているのですが、興味深い動画が流れてきたので紹介させていただきます。

風間八宏が中学時代に身につけたフェイント 

試行錯誤の中で、生み出したというこのフェイント。

小中高は身体能力が高い選手が圧倒的に有利な年代です。結果が出やすく、評価もされやすい。しかし、そんな中で身体能力で勝負できない選手は、どんな強みを見せられるかが重要になります。本気で試行錯誤できないとこのような能力は得られないということです。

 

もう15年ほど前の話、風間さんは我々大学生と一緒にトレーニングしてくれることが多かったのですが、ロンドでも、ミニゲームでも、誰よりも上手くて衝撃を受けたのを覚えています。

 

ボールに触れないどころか、体に触れることもできなかった。

絶妙な間合い、絶妙な置き所、絶妙なタイミングでプレーする風間さんを目の前で見てサッカーが上手いってこういうことなのか… 私のサッカー観の根幹は大学時代に養われたと思います。

 

これからの風間さんの発信に注目していきたいと思います。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

keikun028.hatenadiary.jp

 

技術解体新書

技術解体新書

  • 作者:風間八宏/西部謙司
  • 出版社:カンゼン
  • 発売日: 2017年11月
伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション