大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

渡大生のスーパーゴラッソ!ヴィッセル神戸を粉砕した二発がスゴかった!

follow us in feedly

f:id:keikun028:20190414232850p:plain

写真=Getty Images


J1リーグ第7節、ヴィッセル神戸 対サンフレッチェ広島の一戦が行われた。

イニエスタ、ビジャ、サンペールというバルサトリオがゲームをクリエイトする夢のチームを率いるのは奇才フアンマ・リージョという魅力溢れるヴィッセル神戸。

対するサンフレッチェ広島は連勝で勢いに乗っているチーム。

試合は予想以上にオープンでエンターテイメント溢れる展開だった。

結果は2−4でアウェーのサンフレッチェ広島が勝利したわけだが、試合を決定付けたのはこの男、渡大生。

ヴィッセルを沈めたゴラッソ

タイミングも難しく、ボールの位置(高さ)も中途半端なのだが、絶妙なボレーでゴール。これは非常に難しいシュート。まさにゴラッソだ。

ヴィッセルの息の根を止めた4点目。

トップスピードでディフェンダーの前に走り込んでのシュート。

素晴らしいゴールだった。

 

城福監督も「渡の(ゴールへの)嗅覚は素晴らしい」と絶賛していた。

渡大生選手のこれからの活躍が楽しみである。

 

広島の好調の理由の1つはこの運動量にありそうだ。

決して走行距離が試合を決めるという訳ではないけれど…

 

大型補強で急激にスケールアップしたヴィッセルを簡単に勝たせないというのがまた素晴らしい。Jリーグも確実にレベルアップしているということ。

  

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp