大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

神村学園淡路島サッカー部レポート |成長せざるを得ない環境で過ごすということ

follow us in feedly

f:id:keikun028:20190903001230j:plain

 

「日本サッカーを変えます!教育の在り方を変えるために、淡路島に高校作ります。」

昨年の夏、初めてお会いした時に、そう話していたのはファーダンサッカースクールの代表、上船利徳だ。

その宣言通り、2019年4月に神村学園淡路島を開校した。

keikun028.hatenadiary.jp

 

開校してから3ヶ月経った頃、久しぶりに上船氏に近況を聞く機会を得た。

 

高校一年生だけでスタートした神村学園淡路島サッカー部。

上級生はいない。一年生だけでトレーニングし、試合をする。

相手は関西の強豪大学サッカー部や地元の強豪社会人チームがメインなのだそうだ。

格上相手と日常的にプレーすることでレベルアップをはかっている。

 

普通の高校サッカー部では、こんな環境は用意できないだろう。

まだスタートして間もないが、この環境で選手たちはどんな変化があったのだろうか。

 

上船氏はこう語る。

まだスタートしたばかりですが、すでに成長が目に見えてわかりますよ。全員です。レベルアップするしかない環境ですからね。現役のJリーガーが一緒にトレーニングしてくれたり、強豪の大学サッカー部や社会人チームを相手にしてますから。まだ中学卒業したばかりの高一なのでフィジカル的にかなり差はありますけど、それなりに戦えるようになってきてますね。

 

やはり環境で人は大きく変わるということか。

生徒たちはこの環境で何を学び、何を感じているのだろうか。

生徒に話を聞くことは可能かどうか、上船氏にかけ合ったところ、一人の生徒にオンラインで話を聞けることになった。

「某Jクラブの練習参加も決まってる高校一年です」と。

f:id:keikun028:20190824204611j:image

16歳でJクラブへ練習参加が決まっている日高選手

 

日高光揮(ひだか みつき)16歳
出身:大阪府 堺市
中学の所属クラブ:ガンバ堺ジュニアユース

ポジション:ボランチ

 

今井:ご自身のプレーの特徴を教えてください。また、どんな選手を目指してますか?


日高:自分の武器がボール奪取力なので、カゼミロ、カンテ、ビダルのような選手を目指してます。日本人では井手口選手や山口蛍選手ですね。球際に強い選手になりたいです。今年の目標はJクラブと契約することです。3年後に海外のビッグクラブを目指してます。

 

今井:良い挑戦ですね!神村学園淡路島に入学する決め手は?


日高:チームにスカウトが来て、パンフレットを見て直感で決めました。ここなら自分の目標に向かって走る上で、環境がよさそうだと思いました。

f:id:keikun028:20190824204615j:plain

 

今井:なるほど。入学してからこれまでの話を聞かせてください。どんな経験をして、何を学んでますか?

 

日高:日々、色んな人が来てくれます。食育アドバイザーや、プロサッカー選手が来てくれてます。実際にプロのプレーを体感できてとても学びが多いです。他の高校だと経験できないことができていると思います。現役のJリーガーとも、大学生ともガンガンやれるので成長が早いと感じています。短期間ですが、やれるプレーが増えました。

 

今井:プロサッカー選手とプレーしてみてどうでしたか?


日高:実際やってみると、やっぱり最初は全然通用しなかったんですが、マッチアップしていくうちに速さと強さに慣れて、対応できるようになってきたと思います。

 

今井:大学生とも練習してるそうですね。

 

日高:はい。阪南大学の練習にも参加させてもらいました。

 

今井:良い環境ですね。それではトレーニング以外ではどんなことをしてるんですか?

 

日高:個人面談は2週に1回。 多い時は、2、3回あります。 スタッフからの全体ミーティングも、週に1回 戦術理解や、成長する為のマインドセットを目的に行います。 選手のみで行う、学生ミーティングは毎日やっています。 もっと成長する為に、 環境面を話し合ったり、トレーニングの強度の基準を話し合ったり、 選手それぞれの良いところと、改善した方が良いところを、仲間同士、本音でぶつかっています。

 

今井:最後に神村学園淡路島に入ってよかったですか?

 

日高:はい。まだ始まったばかりですが、すでにすごく成長してると思います。サッカー以外にも人生に役立つ学びが多いです。これから楽しみにしててください。

 

上船氏は以前からこう言っていた。

成長せざるを得ない環境を作りたいんです。

サッカーも一流から学ぶことが大事ですし、人生も一流の人から学ぶことが大事なので、常に本気でチャレンジしている人との接点を増やすことで一流に近づけます。その環境を用意したいんです。

 

次々と想いをカタチに変えていく上船センター長。

圧倒的なスピードで成長する神村学園淡路島サッカー部の今後が楽しみです。

 

【最後に、上船センター長からメッセージ】

9/14日、ニューバランスカップU-16全国大会で、初戦青森山田とやります。

創部1年目で、日本一の青森山田と真剣勝負ができるチームまで作り上げました。

でも、勝つ為にやる。

青森山田さんと真剣勝負する事で、勝っても負けても自分達の今の立ち位置が分かる。という意味ですごく意味のある試合になる事は想像できますが、小学生や、中学生達に夢や希望を与える為にも、何としても勝たなければいけないと思っています。

Jリーグ下部組織チームに所属した選手、全国高校選手権常連校の選手を高校年代の1流にするならば、神村学園淡路島に創部1年目(4ヶ月前)に入学した選手達は2流3流の選手がほとんど。日々、当たり前の基準を高くして、彼らがしてきた、志を高く、毎日1分1秒人生かける事を意識すれば、一流に並べる、むしろ超一流に変われるという事を証明し、未来の子供達に勇気を与えなければいけないという使命感があります。

これからも日々挑戦していきます!

 

練習参加、セレクション開催中!↓

kachi-kamimura.com

 

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp