大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

久保建英がコパアメリカで魅せた魔法

follow us in feedly

f:id:keikun028:20190628014421p:plain

写真=Getty Images


惜しくもグループリーグ敗退という結果に終わったコパアメリカ2019。

しかしながら、日本代表に初選出された久保建英は大きなインパクトを与えた。

レアル・マドリード移籍が決まり、海外からも注目を集めるタイミングで訪れた今回のコパアメリカ。南米の猛者たちを相手にどこまで通用するのかを見る機会でもあったわけですが、チリ代表、エクアドル代表相手に見せたプレーは世界中を驚かせた。 

 

 

 久保建英がコパアメリカで魅せた魔法を振り返りたい

エクアドル戦で魅せた魔法のトラップ 

 背後からくるボールを足元にピタリと止めるのは非常に難しい。

コパアメリカという舞台でそれをやってのける久保はやはりすごい。

 

狭いスペースでボールコントロールできる

相手にマークされながらも細く正確なタッチでボールを運ぶことができる。

細く、速いタッチだから相手も簡単に足を出せない。この狭いスペースでシュートまで持っていけるボールコントロールの技術、そして何より久保のメンタリティは世界基準だろう。

 

ボールとともに移動する力

ボールとともに移動する能力が非常に高い。ファーストタッチからシュートまでこれだけスムーズに、そして相手の足が届かないところに移動できる選手は世界でも限られるのではないだろうか。百戦錬磨のチリのディフェンダーを翻弄するプレーは圧巻だった。

 

 

これからスペインでどこまで成長するか、とても楽しみだ。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp