大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

久保建英のサッカーの巧さ|17歳がJリーグで輝ける3つの理由

follow us in feedly

日本のトップリーグで際立ったプレーを魅せる17歳。

まだまだ線も細く、フィジカル的にはJ1リーグでプレーするには不安もある。

 

身体と身体がぶつかり合うサッカーではしばしば怪我をする。

フィジカル差があれば、当然それは起こりやすい。

プレースピードも高校レベルとはまったく異なる。

そんな中、怪我もすることなく観衆を唸らせるプレーができるというのは本当に凄いこと。

f:id:keikun028:20190411234955p:plain

 久保建英のポテンシャル

ご覧の通り、久保選手はJ1リーグでもフィジカル差、スピード差をまったく感じさせない。

しかしながら、足がとりわけ速いわけでも、身体が強いわけでもない。

ではなぜこんなプレーができるのか?

なぜならサッカーが巧いから

当たり前のことを言わないでくれと思うかもしれない。しかし、フィジカルに勝る相手を上回るプレーができる理由はこれしかない。サッカーが巧いからです。

サッカーが巧いとは何かというと、

・相手よりもタイミング良い

・ボールを運ぶ技術が高い

・ボールを蹴る技術が高い

 この3つは久保建英がJリーグで輝ける理由でもある。

 

久保選手は相手より良いタイミングでプレーすることができる。

ボールを受けるタイミング、パスを出すタイミング、シュートを打つタイミング…

常に相手よりも早く判断し、プレーすることができる。

そして、ボールを運ぶ技術が高い。これはドリブルが巧いというよりも、ボールとともに移動するスピードが速いということだ。高速で移動しても、ボールが身体から離れない。

3つ目にボールを蹴る技術が高いと書いた。

冒頭のフリーキックを見ていただけばわかるけれど、正確で鋭いシュートを決めることができる。決してキック力があるわけではないのに、なぜあんなボールが蹴れるのか?

それはボールに力を伝える技術が高いということだ。

 これからの活躍が楽しみだ。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp