大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

メッシとモドリッチに学ぶ「ボールを隠す技術、ボールを奪われない技術」

follow us in feedly

f:id:keikun028:20180520130320p:plain

身体が小さい一流選手から学ぶことはとても多い。

世界で一番上手い選手と呼ばれるメッシはもちろん、レアル・マドリードのゲームメーカーであり、クロアチア代表の司令塔モドリッチ、ブラジル代表の左サイドバック、マルセロ… 

彼らはサッカー選手として決して体躯に恵まれているわけではないにも関わらず、ピッチ上では圧倒的な存在感を示す。

対峙する身体の大きい選手を相手にボールを奪われない技術、ボールを運ぶ技術はとても良い研究材料になる。

 今回は、JEC (@jecfootball7) | Twitterさんの投稿を参考にさせていただきながら小さき魔法使いたちの「ボールを隠す技術、ボールを奪われない技術」を紐解いていきたい。

スポンサードリンク

 

 

 メッシのボールを隠す技術

 これだけ近い距離で相手に囲まれてもボールを奪われないメッシ。

ボールの置き所が絶妙であり、一人のディフェンダーに対しては身体でボールを隠しながらも反対から奪いに来る相手にはボールを晒しながら、食いつくタイミングを見計らってボールコントロールし守備網を脱出。

大切なのは心も身体も柔らかくしておくこと、ガチガチに力が入っていてはキワのキワを抜け出すことはできない。

ボールを持つことを恐れないメッシ、ボールを持つことの喜びを表現するメッシのプレーをもっと日本の子どもたちに伝えたい。

 

モドリッチのボールを奪われない技術

背後からボールを奪いに来る相手に身体をぶつけてスキマを生み出し、ボールを自分の支配下に置き続ける。そして両サイドから寄せられても身体を上手く扱いながらボールをコントロールし切り抜ける。

 

ボールを奪われない技術は見て学ぶのが一番効果的だ。

サッカーは(ピッチでは)考えることよりも感覚が重要なのです。もちろん考えることも大切だけれど、このような局面では間違いなく考える暇などなく、感覚で切り抜けなければならない。

 

メッシとモドリッチのこのワンプレーだけでも多くを学ぶことができる。

この感覚をイメージしてピッチで表現して欲しいと思う。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

keikun028.hatenadiary.jp

 

東欧サッカークロニクル

長束恭行 カンゼン 2018-05-11
売り上げランキング : 2792
by ヨメレバ