大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

ふたりの「久保」が日本サッカーを盛り上げる

follow us in feedly

サッカーで久保と言えば、久保嘉晴という名前が出てくる世代の人間です。

久保嘉晴とはサッカー漫画「シュート」に出てくる伝説のサッカー選手の名前です。

 

いま、サッカーで久保と言えば久保建英、あるいは久保裕也でしょう。

 

f:id:keikun028:20171126220425p:plain

前者はFCバルセロナのユースで活躍し、現在FC東京でプレーする16歳の才能溢れる選手。つい先ほど行われたサンフレッチェ広島とのJリーグ終戦でJ1デビューを果たし、圧巻の活躍を魅せました。

16歳 久保建英 J1リーグ圧巻デビュー

www.youtube.com

 

 右サイドを切れ味鋭いドリブルで切り込んでいく姿はとても16歳とは思えない。身体からボールを離さない細かいタッチを刻みながら加速していく技術はものすごいポテンシャルを感じさせるものでした。

もう一つのシーンはピッチ中央から切り込んでディフェンスのスキマを抜いたシュート。キーパーの正面に飛んでしまったけれど、ドリブルの質、シュートのタイミングは素晴らしかった。

 

スポンサードリンク

 

 

そしてもう1人。

ベルギーのヘントでプレーする日本代表のストライカー、久保裕也

メッシ顔負けの圧巻のゴールを決めたことで話題になっている。

 メッシのような切れ味鋭いドリブルからのゴラッソ!

 話題のドリブルデザイナーも絶賛のプレーです。

 

日本の「久保」は大きなポテンシャルを秘めている。

その潜在能力を存分に発揮して、日本サッカーを盛り上げて欲しいと思う。

これからの活躍が楽しみですね。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

keikun028.hatenadiary.jp