大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

カカの才能の秘密 〜メッシも追いつかなかったドリブルの凄さ〜

follow us in feedly

ブラジル代表の貴公子カカ。

バロンドールを獲得するほどの選手でありながら、「巧かった」という印象はない。

いや、当然サッカーが巧いわけだけれども、カカのプレーは「巧かった」というより「凄かった」のだ。

 

カカをスピードにのせたら誰も止められない。

それほど圧倒的な推進力、突進力が印象に残っている。

 

とりわけアルゼンチンとの試合で魅せたドリブルは圧巻だった。

スポンサードリンク

 

 

メッシも追いつかなかったカカのドリブル

今や史上最高のサッカー選手と言われるメッシもカカのドリブルには追いつかなかった。圧倒的なスピードと強靭なフィジカルでディフェンダーを寄せ付けないドリブルがカカの真骨頂だった。

 

カカのドリブルに学ぶ身体の運用

カカの才能はトップスピードでも意のままにボールをコントロールする技術だ。

カカのドリブルを見ていると、トップスピードでもブレることのない上半身と無理が効く下半身の強さが際立つ。

 

上半身を巧く使えることの重要性はもっと知られるべきだと思う。

上半身が安定しているからこそ、ボールを巧くコントロールできるというのは世界のトッププレーヤーを観ているとよくわかる。

>>レロイ・サネのドリブルの秘密 〜姿勢の美しさ、腕の使い方〜 

 

サッカーが巧い人は身体の運用が巧い

カカのプレーを改めて観て、サッカーが巧い選手は当然身体の運用が巧いよなと思いました。世界のトッププレーヤーはもちろん自分の周りのサッカーが巧い人のプレーを思い返してみると、やはり小手先の技術なんかよりも身体の運用が巧い。

 

サッカーの本質を伝えるには身体の運用をしっかりと学ぶ必要があるのだと思いました。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…