大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

サッカーを教えない代わりに、一緒にサッカーで遊んでくれたコーチが指導の本質を教えてくれた

follow us in feedly

 

サッカーは誰かに教わるよりも、自分でプレーを生み出す方がはるかに面白い

小さい頃、私はサッカーは教わるものではないと感じていた。周りのみんなとは一味違うプレーをしたかったし、魅せたかった。

私のコーチたちは、サッカーはこうやってやるんだよ!というようなことは一切言わなかった。練習が終わると家に招き入れてひたすらマラドーナカントナのビデオを魅せてくれた。

私たちは居ても立ってもいられずボールを持って公園へ走ったものです。

そして、頭の中に焼き付けたマラドーナのプレーを表現しようとひたすら練習をしたのです。

私のコーチはサッカーを教えない代わりに、本場のサッカーをたくさん魅せてくれた。

サッカーを教えない代わりに、一緒にサッカーで遊んでくれたのです。

この経験がジュニア年代の私の指導観のベースにある。

サッカーはクリエイティブなものであり、人とは違う表現を生み出すことが面白いものなのです。

スポンサードリンク

 

 

強制や矯正はサッカーの本質を奪う。

いや、教育の本質に通じる話だと思います。

人は好奇心を持てば主体的に学び、上達していくものなのです。

教えなければならない。伝えなければならない。と必死になるほど本質は伝わらないものです。

ましてや強制や矯正は好奇心や主体性を奪い、サッカーを人から遠ざけてしまう愚行です。

サッカーの面白さとは

駆け引きで勝り、相手の創造を超えるプレーが表現できたときほど面白く、楽しい瞬間はない。そのために相手の想像もつかないようなプレーを考え、イメージし、開発するのです。

相手との駆け引きに勝つためのパターンをいくつも用意し、それをドリルのようにトレーニングする… そんなチームが増えたけれど、想像する喜び、創造する面白さを伝えることができなければサッカーの本質はいつまで立っても伝わらない。

 

 

教えられないプレー

こんなプレーを20人の選手に一律に教えることなどできない。

サッカーは感覚が多くを占めるものなのです。

ボールタッチの感覚、相手との駆け引きの感覚、これらは「教える」ことは不可能で、ひたすら相手との駆け引きを体感し、相手を上回るために技を磨く、この真剣な遊びを繰り返した先にしか得られないものです。

 

子供にはサッカーを教えることよりも、サッカーを好きにさせること、上手くなりたいという心に火をつけることが大切なのだと、私が少年時代のコーチは教えてくれました。

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

keikun028.hatenadiary.jp

子どもの「自立」を育てるスポーツコーチング ボトムアップ理論5ステップ

畑 喜美夫 池田書店 2018-07-10
売り上げランキング : 9586
by ヨメレバ