大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

サディオ・マネの巧さと柔らかさ 〜セネガル代表の黒豹〜

follow us in feedly

f:id:keikun028:20180529002703p:plain

リバプールのアタッカーであり、セネガル代表のスター選手、サディオ・マネのプレーを紹介しておきたい。

チャンピオンズリーグ決勝でもレアル・マドリードから一点を奪い、そのポテンシャルの高さを示した。

ワールドカップではグループリーグで日本代表と対戦するセネガル代表のエースである。

驚異的なスピードはプレミアリーグでもトップクラス。

速いだけでなく、巧さと柔らかさを併せ持つ世界トップレベルの選手、マネのプレーを紐解いていきたい。 

 

静から動へ転じる速さ

マネにスペースを与えてはいけない。静から動へ転じる速さは人間離れしている。まるで黒豹のような身のこなしでディフェンス網を切り裂いていく。

マネが世界トップレベルである理由はその身体能力にテクニックがついてくることだ。

身体能力の高い選手はボールコントロールがついてこないことが多いけれど、ボールが驚異的な身体の動きについてくる。ボールとともに移動する技術が高い。 

豊富なアイデアとそれを実現する力

トップスピードでボールをコントロールする技術に注目して欲しい。一流と二流を分けるのはプレースピードだ。

どんなに技術が高いといわれても、プレースピード、プレーインテンシティが上がると途端にクオリティが下がってしまっては二流止まりなのだ。

マネはこのプレースピードでアイデアをたくさん持っている。

そしてそれを実現する能力がある。ゴールまでのイメージ、引き出しが豊富な選手は掴みにくい。どんなに優れたディフェンダーもマネを抑えるのは困難だ。

黒豹のように柔軟で野生的な動き

このゴールシーンは圧巻だ。

凄まじい身体能力、ゴールセンス!こんなゴールは日本国内では見ることはできない。

圧倒的なスピードとシュートまでの速さ。

ゴール前でマネにゆとりを与えてはいけない。

常に2、3人で守らなければあっという間にシュートまで持っていかれてしまう。

マネは優れたアシストであり、パサー

圧倒的なスピードとテクニック… スペックだけを見てみるとゴールハンターのようだけれど、マネはフィニッシャーというよりも優れたアシスト、パサーだ。

スピードに乗ったドリブルからの絶妙なアシスト、狭いエリアからも正確なパスを供給する技術が高い。マネの魅力は総合的な攻撃センスだ。

驚異の瞬発力

CL決勝のゴールシーン。

この凄まじい瞬発力…

アフリカ独特の身体能力ではあるけれど、自然体であること、柔らかさを備えれば近づけるのかもしれない。 

keikun028.hatenadiary.jp

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

 

36.4% のゴールはサイドから生まれる SOCCER GAME EVIDENCE

杉山 茂樹 実業之日本社 2018-06-06
売り上げランキング : 194761
by ヨメレバ