大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

ユベントスで再起した男イグアインの魅力とは 〜アルゼンチン人ストライカーの秘密は”圧倒的な反応の早さ”〜

follow us in feedly

f:id:nobuaki1996:20191019104518j:plain

写真=Getty Images

ゴンサロ・イグアイン。

レアル・マドリード、ナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシー というビッグクラブを渡り歩き、セリエA絶対的王者のユベントスに戻ってきたアルゼンチンを代表するストライカーだ。シーズン開幕前は、放出候補にも上がっていたにもかかわらず、現在はチームを牽引するストライカーだ。

 

その得点力、ゴールの嗅覚は抜群だ。

ゴール前の相手との駆け引きは、年々磨きがかかっている。

そして何より、イグアインは反応の速さがとてつもない。

アルゼンチン代表でも、クラブチームでもゴールを量産してきたストライカーの魅力を紐解いていきたい。

反応の速さで勝負する

 

ボールの軌道がイメージと違って頭上に上がっても、すぐさま次の動きのイメージを作りゴールまでつなげることができる反応力がイグアインのプレーを支えている。

キワのキワで判断を変えられるエゲツなさ。 

ボールが後ろにずれても難なくトラップし、自分のイメージと違った場所にボールが来るのだが、簡単にゴールを決めてしまう。

反応の速さとイメージの修正スピードも異次元に早い。

高次元のアドリブ力は光るものがある。この反応の速さと修正力なくして、世界トップレベルの戦術と守備陣を誇るセリエAでは生き残ることはできないのだ。

 

身体能力が高いわけではない、スピードも特別あるわけではない、なのになぜ点を決められるのか?

圧倒的な反応の早さ

ペナルティエリア付近で最大の力を発揮するイグアイン。

ゴールを決められる場所を探し、“そこにいる”ことができるイグアインは、自分のイメージと違う場所にボールが来ても抜群の反応の速さで対応し、仕事をしてしまう。足は速くないかもしれないけど、早い選手であることは間違いない。

この反応の速さに、相手がブロックする隙も与えない完璧なポジショニングと動き出しという武器もある。相手にとっては厄介な選手であることは間違いない。

“ゴールできる場所にいることができる力”と“反応の早さ”はストライカーにとって重要な要素である。

これからもイグアインのプレーに注目していきたい。

 

ライタープロフィール

佐藤 靖晟 21歳
高校卒業後イタリアに渡り1シーズン半、今年からスペインに移籍してプレー。

佐藤 靖晟 (@92670731) | Twitter

 

keikun028.hatenadiary.jp