大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

ウスマン・デンベレが魅せる凄まじきサッカーセンス

follow us in feedly

f:id:keikun028:20190210105310p:plain


若きフランス代表のアタッカー、ウスマン・デンベレバルセロナで本領を発揮している。 

 

何かと問題を起こすことでも話題になるデンベレ

彼の自由奔放さが問題視されることも多いのだが、ピッチに出ればそんな周囲の心配を払拭する活躍を魅せる。

スポンサードリンク

 

理性よりも本能優位にプレーする選手は、時に規律を重視するチーム組織の想像を超える。常軌を逸したプレーは常軌を逸した人間しか生み出すことはできない。

世界でも稀有な本物のサッカーセンスを持ったデンベレのプレーをご覧いただきたい。

ウスマン・デンベレの圧倒的なドリブル

圧倒的なスピード、柔らかく変幻自在のドリブル、独特のリズム…

ディフェンダーを手玉に取るドリブルは相手守備網に風穴を開ける。 

身体を自由に扱えることが一流のサッカー選手の条件の一つなのだけれど、デンベレは自分のスピード、リズムにその身体が最適化している。

スムーズな重心移動。言葉で表現するのは簡単だが、彼ほどのスピードを自由に操る身体はそう簡単に作ることは不可能だ。

自分の身体にフィットしたトレーニングができなければ選手の身体は簡単に壊れてしまう。サッカーで大切なのは、自分の身体に最適化すること、自分の頭に最適化すること。デンベレがピッチで躍動できる理由の一つにはこれである。

 

デンベレの活躍に注目していきたい。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく… 

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp