大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

カジェホンの巧さの秘密! 動き出し、駆け引きの天才フットボーラーの魅力に迫る

follow us in feedly

f:id:nobuaki1996:20191028085001j:plain

写真=Getty Images

ホセ・マリア・カジェホン。

レアル・マドリードのユースで育ち、セリエAのSSCナポリでプレーする魅力溢れるウインガーだ。

主に右サイドでプレーするカジェホン。

技術、スピードはもちろん素晴らしいものを持っているのだが、相手DFの背後を取る動き出し、ポジショニングの駆け引きに長けたウインガーだ。

「自分の気配を消す」技術が素晴らしく高い。カジェホンはなぜかいつもフリーなのだ。そんな、動きだしと、駆け引きの天才であるカジェホンのプレーに酔いしれていただきたい。

気配を消すということ

 

完全にドフリーでのゴール。裏に抜けるタイミングを常に伺いながら、相手が自分から目を離す瞬間を常に狙っている。

 

 

インシーニェのクロスも素晴らしいが、カジェホンの動き出しとポジショニングにも脱帽する。

相手は完全にボールを見ていて、カジェホンを掴みきれていない。

動き出しのタイミングが完璧なのだ、早すぎると相手にバレるし、遅すぎるとボールにさわれない。カジェホンは、いつ相手がボールを見るのか、それに対して、いつ、どこに動けば良いのかを理解している。

 

ポジショニングが勝負を決める

 

ボールをもらう前に一瞬スピードを上げ、相手の前に入るそぶりを見せるカジェホン。しかし、そうはせず後ろに下がり、自分と相手の間にスペースを作ってゴールを決める。
シュートはもちろん素晴らしいが、相手との駆け引きは目を見張るものがある。
この「駆け引き」「相手を見ながらプレーする」ことが日本サッカーにも求められる要素です。相手を知り、その中で自分の勝てるフィールドに持ち込む事は、ボール扱いが上手いことよりも大切だと思います。
これからも、動きだしと駆け引きの天才であるカジェホンに注目していただきたい。

 

ライタープロフィール

佐藤 靖晟 21歳
高校卒業後イタリアに渡り1シーズン半、今年からスペインに移籍してプレー。

佐藤 靖晟 (@92670731) | Twitter

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp