大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

バロテッリの野生的なゴール 〜野生感を失ってはならない〜 

follow us in feedly

f:id:keikun028:20180507234201p:plain

 

フランスのリーグアン、ニースでプレーする悪童バロテッリのゴールがスゴかった! 

野生動物のように柔軟で鋭い動き、バロテッリのプレーは人間離れしている。

それゆえ対峙するディフェンダーは動きが読めない。

バロテッリのプレーの源泉は何だろうか…

スポンサードリンク

 

 

野生感を失ってはならない

バロテッリの溢れる才能は世界中の名だたる指導者たちをも唸らせたわけだけれど、その圧倒的な個性を制御することはできなかった。

数々のビッグクラブを渡り歩いたが、どこへ行ってもコーチ、あるいは選手とぶつかり問題を起こしてさることになった。

それゆえつけられたあだ名は悪童だ。

バロテッリは常に自由に発想し、自由に表現する。

現代の選手たちに失われつつある野生感を多分に残して…

 

サッカーはインテリジェンスが求められるが、同時に野生的である必要があると私は考える。

現代人が失いかけている野生感は育んでいく必要があるとバロテッリのプレーを観て感じた。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

バロテッリ

マイケル・パート/樋渡正人 ポプラ社 2015年09月02日
売り上げランキング : 649349
by ヨメレバ

keikun028.hatenadiary.jp