大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

サッカーの本質を考え、感じたこと 〜Twitterで2018年を振り返る〜

follow us in feedly

みなさま、2018年もご愛読ありがとうございました。

2018年、このブログを通じて本当にたくさんの方とお会いすることができました。

とりわけ、Twitterを通じてお会いする機会がたくさんありました。

そこで今回は、Twitterでアクセス(インプレッション)が多かった投稿を読み返しながら一年を振り返ってみようと思います。

 

《目次》

 

スポンサードリンク

 

 

 

16歳でアルゼンチンに挑戦した若き才能への取材記事で一年がスタート

 

双方向ではなく常に一方通行の現場

 

坂本健二氏のゾーンプレスとは?というテーマの講習がとても面白く、レポートも好評でした

 

テレビ出演や起業などで話題になった丸山龍也氏の寄稿がやっぱりバズった

 

少年サッカー、育成年代の指導現場をどうにかしたいという話題①

 

サッカーで大切なこと、人生で大切なことってなんだろう?

 

日本サッカーには野生感が足りないとずっと思っている

少年サッカー、育成年代の指導現場をどうにかしたいという話題② 

16歳でアルゼンチンに挑戦したハルキのリフティング

北陸大学の学生コーチ小谷野氏の寄稿がすごい反響を呼んだ

 

スロバキア人のベロニカさんの話が面白かった

 

2017年のスペイン取材の時のことを思い出して

 

少年サッカー、育成年代の指導現場をどうにかしたいという話題③

 

サッカークラブの数よりも、サッカーを遊ぶ場所が足りない問題

 

サッカーは駆け引き大事だけど、駆け引きに必要な要素って何だろうと電車の中で考え手た時につぶやいたこと

 

少年サッカー、育成年代の指導現場をどうにかしたいという話題④

 

 サッカーの本質を追求する旅はつづく…