大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

サッカーを上手くさせるために一番大切なこと

follow us in feedly

サッカーを上手くさせるために一番大切なこと

ジュニア年代のサッカーの現場を長年観てきましたが、とても大きな問題を感じています。

それはコーチや親が子供の好奇心を奪ってしまっていることです。

そのような光景を何度も目にしてきました。

コーチや親は子供にサッカーが上手くなってほしいと考えます。

これは自然なことだと思います。

しかし、そのためのアプローチがナンセンスなのです。

上手くさせたいがために教え込む。強制的にやらせる。

これではサッカーが好きになるどころか嫌いになってしまうかもしれません。

じゃあどうしたら子供がサッカーを上手にプレーできるようになるかというと、

 

それは、

 

 

サッカーを好きにさせることです。

 

好奇心を刺激することがまず一番重要なのです。

子供達の心に火をつけることができれば、主体的に努力しはじめます。

もっと上手くなりたい。あいつよりも上手くなりたい。

そのように子供が自らの意志で感じるようになることが大切なのです。

 

実はこんな当たり前で大切なことをないがしろにしている大人が実に多い。

サッカーは習い事ではありません。

強制的にやらせた結果、大切なことが失われてしまいます。

子供の好奇心を壊さないでください。

想像し創造することに寛容にならなければなりません。

これからの時代は一人ひとりがよりクリエイティブに思考し人生をデザインしていく必要があるのだと感じています。

サッカーはクリエイティブで自らのプレーをデザインしていくものです。

だからこそ、サッカーの本質を考えて欲しいと私は思っています。

 

サッカーを好きにさせるためにできることはなんでしょうか?

 

ここで私がサッカーをはじめたばかりの少年時代の話を少し。

私は子供の頃に所属していたチームの若いコーチたちにスゴイ技を見せつけられ、ひたすらチンチンにおちょくられながらボールを追いかけていた記憶があります。

彼ら(コーチたち)はサッカーの魅力を自ら表現し、私たち子供の好奇心を刺激していたのです。

そして、子供だった私たちを自宅に呼んではマラドーナやクライフのVHSビデオを見せてくれました。

 

私はサッカーのコーチをやることになった時に、自分が少年の頃と同じように子供たちに技を見せつけ、自らが楽しんでいる姿を見せて、たくさんの子供を巻き込みました。

そしてロナウジーニョのDVDを見せたり、一緒に練習したりしてお互いの好奇心を育んでいきました。

 

サッカーが上手くなくても大丈夫です。

子供にサッカーを好きになってもらうためにできることは共に好奇心を育んでいくことだと思います。一緒にサッカーを観る。一緒にボールを蹴る。一緒に練習する。

 

スポンサードリンク

 

 

サッカーを教えるということ

サッカーを教えるということは、子どもが指示通りに動くようにさせることではありません。

 

サッカーを教えるということは、子どもに社会の厳しさを教えることではありません。

 

サッカーを教えるということは、みんなと同じようにできるようにさせることではありません。

 

サッカーを教えるということは、自分で自分のことを決めることができるようにさせることです。

 

サッカーを教えるということは、自分で考えて行動することができるようにさせることです。

 

サッカーを教えるということは、感覚や感性を大切にすることの意味をわかるようにさせることです。

 

子供たちの好奇心を育んでいますか?

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…