読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

ラテンサッカーを愛する人に送る 〜心が熱くなる5つの映像〜

follow us in feedly

身体で感じるということ 

自らの肉体でスタジアムの鼓動を感じ、その感覚に身をまかせる。

そんな根源的なことが許される場所であり、感じることこそが”生きる”ということなんだという圧倒的な価値観が土地に宿っているアルゼンチンに、南米という土地に私は惹かれている。

 

Racing - Young Supporter

You'll never understand, if you are not one of us!

Posted by Ultras World on 2016年2月11日

 

リケルメのタッチはボールに生命を与える 

リケルメのタッチをはじめてみたとき、私は感じたものだ。「ボールがまるで生き物のようだ。」と。ボールの触り方、ボールへの気持ちの込め方、ボールとの関係性。こんな感覚を私はリケルメを見て感じ、自分の表現につなげた。

 

Muy pocos cuidan la pelota como él. "La quiero, esta limpita"No dudes de unirte a esta página. Sólo para hinchas de Boca y/o Riquelmistas.

Posted by Juan Roman Riquelme 10 on 2016年2月15日

 小さくたって、女の子だって持って生まれた才能がある

この映像がどこで撮られたものなのか定かではないが、ポルトガル語で投稿されているところをみると、ポルトガル語圏なのだろう。しかし、この少女のポテンシャル、才能は凄まじい。小さくたって、女の子だって圧倒的に持って生まれたものあるのだ。小さく輝く命を育む土壌をつくらなければならない。才能が自然発生的に生まれ、育まれる場所こそが圧倒的にこの日本には不足している。 

 

 

Nem MESSI NEM CR7 ELA É... Alguém me ajuda?

Posted by C4 Pedro on 2015年2月9日

 

 ブラジル代表の空港でのボール遊びCM

懐かしいCM。私は子供の頃、このCMをみてすぐさまボールを持って公園にダッシュしたのを覚えている。デニウソンのドリブル、タッチをみて、もういてもたってもいられなかったのだ。心が踊り出し、あんなに自由にボールが扱えたらどれだけ楽しいだろうと、もう心が沸き立ってしまった。こういうCMがサッカー文化を育む。これを見てどれだけの少年少女がサッカーに魅了されたことか。

 

 

They don't make adverts like this anymore. Viva la Brazil!

Posted by Dream Team on 2016年2月16日

 

 命を燃やすボンボネーラ

 アルゼンチンのボカジュニアーズのスタジアム、ボンボネーラ。

このスタジアムは命を燃やす場所だ。感情の全てを表現する場所だ。

この地でマラドーナリケルメテベスが生まれ育った。

ラ・ボンボネーラはサッカーを愛する者ならば死ぬまでには絶対に訪れなければならない聖地なのである。

 

Boca Juniors

Posted by Ultra' on 2015年12月26日

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

MAIL : keikun028@gmail.com

 

 

 

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp