読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

ヤットは『どうしたら上手くなれるの?』なんて一度も訊いてこなかった 〜遠藤保仁こと”ヤット”がいかにして育まれたか…〜

follow us in feedly

  

先日、サッカーライターの熊崎さんの著書「日本サッカーはなぜシュートを撃たないのか」から、ブラジル人少年の心を捉えた日本人選手の話をご紹介しました。

今回はこの本の中からもう一つのお話をかいつまんでご紹介します。

 

 

遠藤保仁こと”ヤット”がいかにして育まれたのか…

ヤットの幼少期を知る人たちのお話…

「みんなが団子のようにボールに群がる中、ヤットはひとり外にいて、どこにボールが出てくるのか探っていましたよ」

ボールを追いかけて疲れるくらいなら、先回りして待つほうがいい。同年代が砂遊びやお絵かきに夢中になっているとき、ヤットは早くもサッカーの本質を掴み取ろうとしていた。誰かに教わるまでもなく、坊やは自ら気づいてしまったのだ。

こういう感覚を持っている幼稚園児を何度か目にしてきた。多くの大人は団子サッカーはダメなものと考え、”教育”という言葉を利用した強制と矯正をはじめてしまう。そんなことをしなくても 気づくことはできるし、気づかせることはできる。遠藤は自ら気づくことのできる稀有な子供だったのだ。

 

「ヤットは『どうしたら上手くなれるの?』なんて一度も訊いてこなかったですね。僕らも一切アドバイスなんてしませんでした。いま考えると、彼はサッカーのすべてを自分で体験し、ぼくらを真似することによって身につけていったんだと思います。」

”言葉を覚えるようにサッカーを覚える”これが自然だ。遠藤もまさにそのようにしてサッカー選手”ヤット”を創ったということなのだろう。

 

余計なことをしない、させないこと

「ヤットが出ていると、ディフェンダーが進んでワンボランチの彼にパスを預けるんです。ヤットは判断が的確なので敵が来ると簡単にはたくし、来なければ前を向いて展開する。つまり彼がいることで、マイボールの時間が長くなる。だからみんな、ヤットがいるとやりやすいっていってました。ボールがあちこちに飛ばないから、走らなくて済むって」

日本人は厳しい鍛錬を積むほど勝利が近づくと考える。それが正しい努力の形ではないとしても、精一杯走ることが大事だと思われている。だが中学時代、初めてボランチを経験した遠藤は「走らなくて済む。なんて楽なポジションなんだ」と喜んでいた。勝ちたいのはみんな同じ、遠藤は楽をして勝ちたいと考える風変わりな子供だった。 

日本では一生懸命やる!っていうともう一心不乱に走って辛いけど乗り越えろ、という感じになるけれども、サッカーにおいて一生懸命やるというのは、常に良いタイミングで走る。良いタイミングでパスする。良いタイミングでシュートする。良いタイミングで呼び込み、良いタイミングで良いポジションにいる。ということを常に考えながらプレーするということであり、いつでも直感が働くように余裕をつくっておかなければならない。遠藤はいつでも最高のプレーをする準備ができている。

 

シンプレス・ボニート

京都サンガガンバ大阪で5年間。ともにプレーしたシジクレイは、「ブラジル人のエッセンスを持ったプレイヤー」と遠藤を評した。

「サンガで初めて会ったとき、彼はまだ18歳だったかな。とても頭の良い選手だと思ったよ。日本人はよく走るけど、彼は少し違った。技術が高いから、彼自身が走らなくても、ボールを走らせてスピーディーなサッカーを展開できるんだ。感心するのは、難易度の高いプレーを何気なくやってしまうところ。シンプレス・ボニート(シンプル・ビューティ)なんだ。」

 ブラジルというと”ジンガ”、”エラシコ”、”シャペウ”という技が真っ先にくる人が多いと思うけれど、サッカーが上手いブラジル人の多くはそれらの技を適切に使う術を心得ている。常にリラックスして大事な時に身体が動くように、チャンスの時に良い場所にいれるように、相手がタックルをしてくる瞬間を見極められるように、常に感じること、考えることを怠らない。

サッカーの本質は”見栄えの良いプレー”に捉われていては見えてこない。本物の選手は難しいことを簡単にやる。その”難しい”というのは”エラシコ”や”シャペウ”などではないということ。これを理解しなければならない。

遠藤のプレーはサッカーの本質を教えてくれる。

 

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

----------------------------------------------------------------------------- 

noteはじめました。

一部有料ですが、すべて創作活動の資金に致します。よろしくお願いします。

note.mu

 

MAIL : keikun028@gmail.com

 

スポンサードリンク