読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

2015年人気だった記事トップ10 〜ブログ書いたキッカケと自分に起きたこと〜

follow us in feedly

2015年の振り返り

明けましておめでとうございます。2016年もよろしくお願いします。

2015年の5月から本気で書き始めたこのブログ。2015年は165記事を書き上げました。

年末は大晦日まで高校サッカーを観に行ってレポートを仕上げたりと大忙しで一年を振り返る余裕がなかったので今回は一年間のブログの成果というかご報告をさせて頂きたいと思います。

2015年人気があった(アクセスが多かった)記事トップ10

をご紹介します。 

 

第1位

keikun028.hatenadiary.jp 

第2位

keikun028.hatenadiary.jp 

第3位

keikun028.hatenadiary.jp

第4位

keikun028.hatenadiary.jp

第5位

keikun028.hatenadiary.jp

第6位

keikun028.hatenadiary.jp

第7位

keikun028.hatenadiary.jp

第8位

keikun028.hatenadiary.jp 

第9位

keikun028.hatenadiary.jp 

第10位

keikun028.hatenadiary.jp

 

自分でも意外な結果になりました。気合を入れて取材をして書いた記事が必ずしも読んでもらえる訳ではなかったり、ほんの数十分で書き上げたライトな記事が思わぬアクセスを集めたりと、色々とやってみてわかったことが多いです。

ブログを本気で書き始めたキッカケ

これは多くの方に聞かれるので書いておきます。

きっかけは5月の東京国際ユースサッカー大会を観に行った時でした。その時のレポートはこちら

keikun028.hatenadiary.jp

海外のユース選手たちのピッチでの表現をみて自分の中の何かが弾けた。

ちょうどその頃、私自身公私共に大きな悩みを抱えていて自分の生き方、在り方を考えていた時期でもあり、そんなときピッチで輝く彼らのプレーをみてとてつもなく自分の気持ちを表現したい衝動にかられた。そして書いた記事にたくさんの反響があった。私はなぜかそのとき様々ことがクリアになった。私は常に誰かがつくったルールの中で生きていく生き難さを感じていた。在り方を無理やり強制される、自分を変えざるを得ない状況が嫌だった。でも、海外のユース選手たちの解放された表現力をみて日本の育成も、自分の抱えるジレンマも同じじゃないかと思った。在り方や生き方の本質も、サッカーの本質も追及していきたいテーマになった。

きっかけはこのとき、この記事からだった。

記事を書くときに自分で決めたこと

とにかく本気で書こうと思った。自分にしか書けないことを書きたいと思った。

自分の言葉で書こうと思った。人とは違う視点で書こうと思った。

ルールに縛られず、自由に書こうと思った。1000文字以上は書こうと思った。

そしてそれを実践し続けた。

ブログを書き続けて起きたこと

まず文章が上手くなった。書きたいことが時間をかけずに書けるようになった。

自分独自の視点でサッカーが観れるようになった。自分の目を信じることができるようになった。

多くの方からコメントやメッセージをもらうようになった。

このブログを通じてサッカーに携わる素敵な方々、偉大な先輩方との素晴らしい出会いがあった。サッカー界で活躍する選手や指導者の方にも話をお伺いする機会も得られるようになった。

本当に有難い。

2016年、色々と変化の年になる

自分自身もこのブログも進化していく。

サッカーの本質を、サッカーの楽しみ方をより多くの人に伝えていきたい。

 

サッカーの本質を追及する旅はつづく…

 

スポンサードリンク