大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

子供たちに世界は多様であることを知ってほしい 

follow us in feedly

f:id:keikun028:20151212163831j:image

世界のストリートでサッカーを感じる人

ポルトガルのレゲエバンドをやってるフランシスコさんのお話

 

僕はいつでもどこでも、サッカーができる場所があったらやるんだ。コロンビア人は技術が高くて速いね。アルゼンチンやブラジルは道路でもおかまいなしにサッカーを楽しんでいたよ。勝つことへの執着心がハンパなくて、たとえ友達同士でもワールドカップの決勝のようなすごい気迫だった。ペルーは当たりが激しくて、すごくラフ。ボリビアの首都ラパスは標高3600メートルもあるから息をするのもつらくて、10分しかやってないのにヘトヘトだった。今は仕事を1年間休んで南米を旅行中。行く先々でサッカーを楽しんでいるよ。サッカーのワールドツアーさ!ボールがあれば世界中の人たちとすぐ繋がれるんだ。

サッカーは国境を超える

 グアテマラを旅した時、ストリートで少年や旅行者が入り乱れてボールを蹴る光景を何度も目にした。一緒に混ぜてもらって中に入ってみると、みんなそれぞれの母国語で必死になにかを伝えようとする。上手いとか下手とかは関係なく、自分の表現を出し切ろうとする。そんな空気感がとても心地よくて時間を忘れて遊んだ。

年齢も性別も人種までも超えてみんなが一緒にサッカーをすることができる。

こんなに楽しいことないんですよ。こんなに幸せなことはないと思う。

日本でもこんな環境があったら良いなと思う。

そしていつかそういう環境を小さくても良いから作りたいなと思っている。

 

子供たちに世界は多様であることを知ってほしい

私がリスペクトしているマガジン。

ピテカントロプスのような素晴らしいすぎる作品を子供たちに知ってほしいという気持ちがとても強い。そして出来れば自分も作品を作りたいという気持ちが強くある。

でもそれは限りなくオリジナルで芸術性のあるものにしたいと思っている。

そしてそれは子供達の感性を刺激するものでありたい。

このアイデアに協賛していただける人を求めています。

 

www.doo-doo-doo.net

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

スポンサードリンク