読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

夢なんてかなえなくても、この世に生まれて、生きて、死んでいくだけで、人生は大成功だ 〜北野武の言葉〜

”生きる”こと 本質とは
follow us in feedly

 いまという時間がすべてである

北野武さんのインタビュー記事を読んで、改めて”いまこの瞬間”の大切さを忘れてはならないと強く感じた。

下記の引用をまずは読んでほしい。

人がほんとうに生きられるのは、今という時間しかない。その今を、10年後だか20年後だかの明日のために使ってどうしようというんだろう。 昔はそういう人間を、地に足が着いていないといった。 夢なんかより、今を大事に生きることを教える方が先だったのだ。 まだ遊びたい盛りの子どもを塾に通わせて、受験勉強ばかりさせるから、大学に合格したとたんに何をすればいいのかわからなくなる。   夢なんてかなえなくても、この世に生まれて、生きて、死んでいくだけで、人生は大成功だ。 俺は心の底からそう思っている。 どんなに高いワインより、喉が渇いたときの一杯の冷たい水の方が旨い。 お袋が握ってくれたオニギリより旨いものはない。 贅沢と幸福は別物だ。 慎ましく生きても、人生の大切な喜びはすべて味わえる。 人生はそういう風にできている。

  

そんなことは、誰でも知っている。 だけど、そんな大切なことも教えないで、夢を追いかけろという。 頑張って勉強して、スポーツやって、起業したり、有名人になったりしなければ、幸せになれないと脅す。 そうしないと経済成長が止まって、大変なことになってしまうからだ。 だけど、大変なことになるのは、いったいどこの誰だろう。 少なくとも、清く貧しく美しく生きている奴ではない。

cadot.jp

 

 本当に大切なことはなんだろうか

いまの世の中は、成功しなければ幸せになれない。圧倒的な努力をしなければ成功しない。いまの自分より圧倒的に成長しなければならない。と思い込まされている。

この文脈に決定的にかけているのは、その人にとっての幸せの価値観であると思う。

みんなの幸せがお金を持つことであるわけがない。幸せとはなんだろうか?

人間にとっての幸せ、生き物にとっての幸せ、自分にとっての幸せはなんだろうか?

こういうことをもっと考えなければならないのだと思う。

 

夢なんてかなえなくても、この世に生まれて、生きて、死んでいくだけで、人生は大成功だ

私には温かい家族や仲間がいればいい。そこにサッカーがあればいい。

これは最高に贅沢なことだと思うのだけれど、大金が必要なわけではない。

豪華な食事や高価な車や高級な装飾品も必要ない。そんなものは私を幸せにしない。

私を幸せにできるのは人であり自然にそこに存在するものであり、そんな人が創造するサッカーなのである。

幸せは目の前に転がっている。その幸せを拾うことが難しくなっている。

自分の幸せが一体なんなのか見えにくい世の中になってしまい。目の前に転がる”幸せ”に気がつかない。

たけしさんが言うように、この世に生まれて、生きて、死んでいくだけで、人生は大成功なのだ。明日死ぬかもしれない。明日死んでもいいように”いま”を大切にしていきたいと思う。

遊びを極めた先に次のステージがある

サッカーの楽しさを忘れてしまう瞬間も同じである。

強くならなければならない。上手くならなければならない。という圧力がサッカーの根源的な楽しみを奪うことがある。

もっとボールで楽しく遊べばいい。ひたすら遊べばいい。それを繰り返した先に、遊びを極めた先に次のステージがある。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

 

keikun028.hatenadiary.jp

 

スポンサードリンク 

 

 

 

おすすめコンテンツ 

人気記事5

常識に囚われない元サッカー選手の生き方 〜中田英寿〜 

本当の後押しは”自由にさせてあげること”なんじゃないか 

”教える”ということは”教えない”ということ 〜本当に大事なのは”美しさとはなにか”を感じさせること〜

本当のリーダーとは自分を遥かに超える人材を残す人 〜ムヒカ大統領の言葉〜 

最高の能力を引き出すためのアイデアやルールを創造すること 〜ペップ・グアルディオラの言葉の本質を読む〜