読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

伝えるべきことは「ボールが来たら相手のゴールまで一歩でも近づけ」ということだ

サッカーを伝えたい人へ サッカーがうまくなりたい人へ
follow us in feedly

vs beautiful arsenal highlightgifs norwich

サッカーをプレーする選手をしっかり見ているか

サッカーを教える時に大切なことのひとつはピッチでプレーする選手たちの気持ちがわかるということだ。

私はコーチや大人がもっとしっかり選手を見なければならない。と感じている。

とりわけ少年サッカーを見ていると非常に不健全な光景が目につく。

子供達のプレーを見ていると明らかに不自由で、その理由はコーチや大人が発する言葉に支配されているからであることがわかるのだが、そんなことにも気が付かない大人が多すぎる。大人が発する言葉の影響力は子供には絶大で、「ボールが来たらとにかく遠くに蹴れ」という言葉を必死に守ろうとするし「ボールが来たら相手のゴールまで一歩でも近づけ」という言葉を必死に守ろうとする。

もっと発する言葉を大切にしなければならない。そのためにはやはりしっかり子供たち、選手たちを見れなくてはならない。

大人に求められる大切なことは、サッカーとはこういうものだ。という考え方から自由になることである。

「ボールが来たらとにかく遠くへ蹴れ」という言葉にサッカーの本質は微塵もない。伝えるべきことは「ボールが来たら相手のゴールまで一歩でも近づけ」ということだ。

 

 それはゴールまで「ドリブルしろ」ではなく「パスをつないでいけ」でもない。

「ゴールまでボールを運べ」ということだ。

ゴールまでの過程は選手たちが創造するものだ。

こいつは何をするかわからないと思わせること

 相手が近くに来たらパスをしなければならない。とか

ドリブルで抜かなければならない。ではない。

こいつがボールを持つとなにをするかわからないな。と思わせることがピッチでは大切なのだ。パスしかしない選手。ドリブルしかしない選手は恐くない。

ドリブルが武器ならその武器を上手く隠せ。

ルーパスが武器なら上手く隠せ。

隠すというのは出すその瞬間までバレないようにしておくということだ。

とことんドリブルで勝負しろとか、スルーパスを出しまくれ。と熱く語る人がいる。

しかし、本当に面白くなるのは磨き上げた武器をどこで使うかであり、武器を最大限に生かすための隠し方が巧みになってからなのである。ネイマールはいつもドリブルしない。

ロナウドもメッシもゴールの瞬間までどういう絵を描くのか誰も想像できない。

 

soccer xpost messi boateng disassembling

 メッシはいつシュートを打つのかわからない。

どういうシュートを打つのかもわからない。

弾丸シュートなのかループシュートなのか誰にもわからせない技術がある。

この何をするか誰にもわからせない技術は、ドリブルという武器や正確無比なパス、シュートという武器がなければならない。

 

「ボールが来たら相手のゴールまで一歩でも近づけ」

こいつがボールを持つとなにするかわからないな。と思わせること

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

keikun028.hatenadiary.jp

スポンサードリンク 

 

 

 

おすすめコンテンツ 

人気記事5

常識に囚われない元サッカー選手の生き方 〜中田英寿〜 

ボールを簡単に奪われるということはボールを持つことの喜びを知らないということ 〜リケルメが王様である理由〜 

”教える”ということは”教えない”ということ 〜本当に大事なのは”美しさとはなにか”を感じさせること〜

足が速くてもプレーが遅い選手はピッチに立てない 〜美しいパス回しの本質〜

サッカーとは”絵”を描くことである

 

◆育成年代観戦レポート

東京国際ユース大会2015 ボカジュニアーズやコリンチャンスの戦いの本能…サッカーで最も大事なのは自分を表現する力 - 

上手いとか下手とかよりも大事なこと 〜U-12 ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015〜バルセロナU-12の上手さとエスパニョールU-12の8番の雰囲気 

 ・小さなバルデラマが魅せる”球際の感情表現”〜バルサU-12〜チャビシモンズの圧倒的な表現力 

生き抜く力、戦う気持ちを育てるということ 〜エスペランサU-15 vs. 鹿島アントラーズノルテ〜 - 

扱いやすい選手にするのではなく、自力で解決できる選手を 〜蒼天のエスペランサカップ〜スエルテジュニオルスの力を抜くサッカー 

 

名将の言葉

最高の能力を引き出すためのアイデアやルールを創造すること 〜ペップ・グアルディオラの言葉の本質を読む〜

シメオネの名言 ”命を燃やす闘将の言葉”「今日は人生で最後の試合」

いつまでも夢を追いかける馬鹿なサッカーマンを育てる セゾンと野洲を育てた岩谷篤人

おすすめ作品

私の愛するサッカー漫画10選 〜漫画で得たインスピレーションから創造する〜

サッカーとラテンを愛する人に紹介したい最高の映画 〜シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜

情熱に溢れた美しく儚いサッカー映画 〜『ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦』〜 - 大人になってから学ぶサッカーの本質とは