読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

溢れる喜びをサッカーで魅せることが最高のコーチングである

follow us in feedly

f:id:keikun028:20151021222239j:plain

最高のコーチングはプレーする喜びを魅せること

子供がサッカーをやりたいと感じる時、それはプレーする喜びや楽しさを目撃するときだ。私はマラドーナのプレーに魅せられてボールとたくさん戯れた。私にサッカーを教えてくれたのはマラドーナであり、リケルメでありデニウソンでありロナウドだった。

彼らはサッカーをプレーする喜びを、表現する楽しさを私に教えてくれた。彼ら以上のコーチはいなかった。

多くの育成の現場を見ていて感じる違和感は、”サッカーを教えようとしている”ことなんだと思う。

少年少女にサッカーを伝える一番有効な手段はサッカーの楽しさやプレーする喜びを大人が魅せることだと思う。

私は子供に”サッカーを教えようとしないでほしい”と本気で思っている。

 

ネイマールはどうやってこんなに自由自在な表現力を手に入れたのだろうか?

www.youtube.com

好奇心を刺激すること

ロナウジーニョネイマールはフットボーラーの好奇心を刺激する。

踊るようなドリブル、魔法のようなトラップは私たちの想像を超える。そして私たちをピッチへ誘う。

好奇心を刺激できないコーチはもはやコーチではないと思う。プレーを強制し個性を矯正するような人間はサッカー界には不要である。

 

www.youtube.com

サッカーの喜びを表現する力がほしい もっと大人が上手くならなければならない

子供にサッカーの本質を伝える立場にいる人に求められるのは”サッカーの喜びを表現する力”だ。これがなければサッカーを伝える資格がないと思う。これは上手いとか下手じゃない。

私が言いたいのはもっと大人がサッカーを上手くなろうとしてもいいじゃないか。観て楽しむだけじゃサッカーの本質なんて理解できないよ。と

私たち大人がもっとサッカーの楽しみを表現する場所を作りたい。楽しみや喜びを表現できる力を養いたい。

サッカーは人と人を繋ぐ。仲間をつくる。喜びを生み出す。

そんなサッカーの魅力を私は伝えていきたい。

そしてサッカーをもっと日常に溶け込ませたい。

子供にサッカーを伝える前にもっと大人がサッカーを楽しまなければならない。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp

 

 

スポンサードリンク