読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

『我らアトレティコは、社会にとっての希望だ』〜ディエゴ・シメオネの魅力〜

サッカー必読本 サッカーを伝えたい人へ サッカーの本質を知る人 サッカー名言 シメオネ
follow us in feedly

f:id:keikun028:20151003150706j:plain

「確かに対戦相手には自分たちより優れた選手がいる可能性はある。しかし、自分たちより大きな夢を抱いている選手は、対戦相手にはいないだろう。」

「我々は限られた人材でビッグクラブのレアルマドリーバルセロナに可能な限り立ち向かっている。それこそが、アトレティコ伝統の精神だ。そしてこの精神は、きっと経済危機に苦しむ人々の支えになるだろう。経済危機で仕事がなかなかみつからない人もいるだろうが、前を向いて前進しなければならない。責任を持って地道に仕事をしていけば、必ずチャンスは回ってくる」

 

シメオネの熱い情熱、暖かい心は多くの弱者と共にある。そういう心が多くの人間を惹きつけるのだろう。優秀な監督である前に人間としてカッコイイ。

 

監督がトレーニングに100%入るということ

シメオネの練習はとても激しさを求める。当たり前のことだが、監督自身がここまで熱く感情をあらわにトレーニングをオーガナイズする光景を私は日本で見たことがない。

集中を切らすな!出せ!出せ!もっと早く!オーケイ!いいぞ!

そういう声がピッチに響き渡る。選手がピッチで全力を出すのは当たり前だ。しかし、監督もピッチで全力を出すことも当たり前なのである。

 

www.youtube.com

 

下の動画を観ていただきたい。とても興味深いトレーニングだ。

守備のトレーニングだがワンプレーで終わりというわけではなく必ず次のプレーまで設定してある。流れを切らさないということだ。サッカーは一つのプレーで完結することはない。笛で始まり笛で終わるのだ。90分、プレーも気持ちも流れを切らせてはならないのである。

www.youtube.com

よりリアルな設定でトレーニングを行う。きっとバルセロナレアルマドリーではこのようなトレーニングは行わないのではないだろうか。アトレティコ独自のユニークなトレーニングと言えるのではないだろうか。シメオネイズムは選手にモチベーションと自信を与え、ピッチで戦う男を育てる。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

関連記事

シメオネの選手のポテンシャルを解放する練習 - 大人になってから学ぶサッカーの本質とは

シメオネの名言 ”命を燃やす闘将の言葉”「今日は人生で最後の試合」 - 大人になってから学ぶサッカーの本質とは

努力は成功へ導く魔術だ! 成功に近道なんてない! - 大人になってから学ぶサッカーの本質とは

 

スポンサードリンク