読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

もっと美しくボールを蹴ることを大切にしたい 〜ボールを美しく蹴るイタリアの天才 ピルロ〜

サッカーがうまくなりたい人へ 美しい司令塔 自由を表現するサッカー選手 美しくボールを蹴る男
follow us in feedly

f:id:keikun028:20150929000804j:plain

ボールを美しく蹴るということ

世界には美しくボールを蹴れる選手が多い。日本にも世界に負けないくらい優秀なプレースキッカーはいる。

しかし、試合の流れの中で美しいキックができる選手は少ないように思う。

動いているボールを美しく蹴るという偉業をやってのける人間は世界に数人しかいない。

イタリアにピルロという天才がいる。

彼の蹴るボールはまるで魔法だ。スペースなんてなかったはずなのにスペースが生まれ、そこに見事にコントロールする。ピルロは紛れもなく世界で一番美しくボールを蹴る選手なのである。

www.youtube.com

すべてはボールを美しく蹴るために

ピルロのボールタッチを見ているとボールが美しく蹴れる場所にコントロールしようとしている。大事にボールをタッチし相手が来れない絶妙の場所にボールをコントロールする。そして生み出されるピルロのパスには虹がかかる。

ピルロはピッチで美しくボールを蹴るために存在している。

 

www.youtube.com

 

美しく蹴れるからこそボール扱いも美しい

ピルロの洗練されたプレーはもはやキックだけにとどまらない。絶妙のトラップ、絶妙のフェイク、絶妙のタッチ、これらが一流である理由は美しく蹴れるからこそである。キックを大事にすることはその他すべてのレベルを高めなければならない。美しいキックをするために相手をはずすテクニック、良いトラップですぐに蹴れる場所にコントロールするテクニック、すべてが洗練されていく。

 

個性は激しいぶつかり合い、削りあいの中で磨かれていく。その中でいかに美しくあろうとするか、戦いを放棄することなく、激しさの中でいかに自分らしくあれるかということである。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

おすすめ記事

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp

keikun028.hatenadiary.jp

スポンサードリンク