大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

バルサを粉砕したセルタに学ぶ。ジャイアントキリングの条件 〜セルタ対バルセロナ〜

follow us in feedly

f:id:keikun028:20150926221130j:plain

バルセロナを粉砕したスペインの中堅クラブ

スペインリーガエスパニョーラジャイアントキリングが起こった。

セルタ対バルセロナ

セルタのホーム、バライードスで行われたこの一戦。開幕から無敗の王者バルサとこちらも開幕から無敗、好調のセルタとの対戦。メッシ、スアレスネイマール要するバルサの勝利を誰もが予想した。しかし、その予想は大きく外れた。

結果はセルタの圧勝だった。結果だけじゃなく内容も圧勝だった。

 

www.youtube.com

ボールを狩りにいくということ

ある程度サッカーをやっていると、上手い相手からボールを取りに行くと簡単に抜かれてしまうということを学ぶ。抜かれないために、あえてボールを取りに行かないということが効果的だということを学ぶ。

もう一つ上のレベルにいくと、ボールを取りにいかないと全然ボールが取れないという状況に直面する。そうなるとズルズル後退しシュートの雨を浴びることになる。守備のテクニックはここでは書ききれないが、基本的には相手にやらせない間合いと寄せ方がある。しかし、バルサを相手にするとそれでもダメ。そう考えたセルタは全体をコンパクトにしてボールを狩りにいくことを選択した。コンパクトにしてスペースを消した上で球際に激しくいくことでバルサの自由を奪った。

 

信頼できるストライカーの存在 〜イアゴ・アスパス

格上相手に守備に神経を使う試合で重要なのはチャンスを確実にものにできるストライカーの存在だ。セルタにはスピードとシュートテクニックのある絶好調イアゴ・アスパスがいた。彼のような信頼できるFWがいるだけでチームの守備力はレベルアップする。苦しい試合でゴールを決められるFWはチーム力を一段上げる。

www.youtube.com

決してスーパーなFWではない。どちらかというと泥臭くゴールを決めるストライカーだ。しかし、確かな決定力、ストライカーとしての技術がある。彼の存在はセルタにとって大きい。

サッカーは気持ちの強さと運で多くのものを埋められる

この試合後、バルサの選手たちは口々に「セルタの方がすべての局面で上回っていた」と言っていた。サッカーは上手くて強いチームが必ず勝つとは限らない。バルサのようなスーパープレイヤーが揃ったチームでさえ粉砕されることがある。セルタはスペインの中堅クラブだが百戦錬磨の選手が揃っている。いかに相手の良さを消し、自分たちの良さを表現するか、その為に戦術を練り、モチベーションを最高潮に持っていく。多くの局面でセルタが勝てたことが勝因な訳だが、そこには多くの駆け引きと犠牲があったはずだ。サッカーは気持ちの強さと運で多くの差を埋めることができるのである。

 

サッカーの本質を追求する旅はつづく…

 

スポンサードリンク