読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

世界一のサッカー選手の感性 ”球際と野生の感覚”

follow us in feedly

 

f:id:keikun028:20150404005151j:plain 

界で活躍する日本人選手は増えたが、

世界を震撼させるほどの化け物は輩出することは未だにできていない。

 

世界でインパクトを与えた日本人選手は中田英寿くらいじゃないだろうか。

小野伸二も天才として認められていたが、一流クラブで活躍したわけではない。

 

今日は未だ日本人が到達していない世界一と言われた化け物三人のプレーを見てみたいと思う。巧いだけの選手は腐るほどいる日本において世界一との違いはどこにあるのかという部分を考えてみてほしい。

 

マラドーナ


Diego Maradona - Entrenamiento Napoles - YouTube

 


Diego Maradona - Rocky III - YouTube

 

ボールとのフィーリング、ボールタッチの感覚、身体の動かし方が

ダイナミックでなめらかです。こういうナチュラルな感覚というか野生の感覚をもつ選手って日本からは出ていない。

 

ジダン


Isso é Futebol Arte!!! Zinedine Zidane - YouTube

 

まるで芸術のようなボディバランス。ボールタッチ。

ダイナミックでエレガントなピッチでの姿はサッカーの王でした。

 

ロナウド


Ronaldo Brazil Impossible Technique And Dribbling ...

この怪物の全盛期を目の当たりにしている人は分かると思いますが

ロナウジーニョクリロナも軽く超えるレベルで誰もとめられなかった。

巧い、速い、強い、三拍子揃っていて全てにおいて異次元だった。

 

この怪物達を観て、日本の選手にない要素はどこにあるだろうか?

僕は、球際野生の感覚がポイントになると思っている。

マラドーナジダンロナウドのような化け物は、厳しい球際の戦いの中で、野生の本能を磨き続け得られた感覚なのではないだろうか。 

球際の強さと上手さ、駆け引きのレベル。

野生の感覚、生まれ持った天性の感覚をいかに矯正されずに磨けるか。

 

日本が次のステージに進むには、化物と呼ばれるようなスゴイ選手が出てくることが不可欠だと思う。