読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

『フェイントは相手を抜くためじゃない。ゴールまでの選択肢を増やすためだ』~ジネディーヌ・ジダン~

サッカー批評(81) (双葉社スーパームック) posted with ヨメレバ 双葉社 2016-06-28 Amazon Kindle 楽天ブックス 『サッカーはシンプルで美しい』 ジダンというサッカーのアート作品のような男がいた。 ジダンのプレーはダイナミックでエレガントで柔らかか…

トニ・クロースの巧さの理由

レアルマドリードのゲームコントローラーのひとりトニ・クロース。 彼はドイツ代表のキーマンでもあり、中盤で非常に重要な役割をになっている。 しかし、派手な選手が多いレアルにいることでクロースのプレーがピックアップされる機会は少ない。 今回はクロ…

目標に向けて選手よりもハードワークするコーチ  〜五郎丸歩からみたエディ監督〜 

FOOT×BRAIN【五郎丸歩登場ヒーローの本音をすべて聞く】2015年11月7日より抜粋 日本のスポーツには自主性が欠けている 自主性っていうのが日本のスポーツには欠けているのかなとつくづく思いましたね。 監督が言うのを待っている自分たちがいて自分たちがど…

世界でもっとも粋なプレースキッカー 〜魔法のキックで世界を虜にする男 ハカン・チャルハノール〜 

魔法のプレースキック ハカン・チャルハノールという魔法のキッカーがいる。 ドイツ・マンハイム出身のトルコ代表サッカー選手。ポジションはMF。バイエル・レヴァークーゼン所属のトルコ系ドイツ人である。

洗練された世界レベルのレフティの言葉 〜”大切なのは自分の感性” 中村俊輔〜 

年を重ねるほどに洗練されるプレー 中村俊輔というサッカー選手を初めて見たのは高校サッカー選手権大会だった。中村俊輔は神奈川県代表の桐光学園の10番。美しいボールタッチとフリーキックで既に特別な存在だった。あっという間にJリーグで輝き出し、日…

メッシの異次元のボディフェイクは人間の想像を超える 〜リオネル・メッシ〜

メッシを止められる選手は存在しない 天才だとか美しいとかいう言葉ではメッシは表現しきれない。 まぎれもなく現代サッカーのモンスター、怪物である。 メッシを一対一で完璧に抑えられる選手を観たことがない。 異次元のスピードで細かいタッチを刻みなが…

『世間では普通と違う人間を異常と呼ぶ。私はそう呼ばれることを誇りに思っている』 〜エリック・カントナ〜

エリック・カントナという男 この男のプレーを見たことがあるだろうか。凄まじい気性の荒さと、美しく優雅で華麗なプレーで世界を魅了した男である。彼はあるがままの自分をさらけ出し、断じて矯正されることはなかった。常に自分のピュアな心や感性を大切に…

もっと美しくボールを蹴ることを大切にしたい 〜ボールを美しく蹴るイタリアの天才 ピルロ〜

ボールを美しく蹴るということ 世界には美しくボールを蹴れる選手が多い。日本にも世界に負けないくらい優秀なプレースキッカーはいる。 しかし、試合の流れの中で美しいキックができる選手は少ないように思う。 動いているボールを美しく蹴るという偉業をや…