大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

書評

ホリエモンが語る|サッカーに没頭するという体験がもたらす可能性

近年、サッカー界に影響をもたらしているホリエモンこと堀江貴文氏。 自身の著書で、日本の教育についても問題提起をしているのですが、 サッカーの育成現場における問題の本質にせまる一文が書かれていたのでご紹介させていただきたい。

サッカーも仕事も、自由になるために考える|「組織にいながら、自由に働く。」に学ぶ生き方の本質

楽天大学学長の仲山進也さんの著書「組織にいながら、自由に働く。 仕事の不安が「夢中」に変わる「加減乗除(+-×÷)の法則」がとても面白かった。 組織にいながら、自由に働くための方法論が記された本です。 会社で不自由を感じている方、もっと自由に働きた…

ホリエモンが語る教育問題の本質 〜古い価値観を捨てることなしに教育は変わらない〜

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書) posted with カエレバ 堀江 貴文 光文社 2017-03-16 Amazon.co.jp で詳細を見る ホリエモンこと堀江貴文さんの「すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論」がとても共感する内容だっ…

風間八宏の目指すサッカー 〜グランパスで伝えようとしていること〜

私の大学時代の恩師風間さん。 大学生になって初めてサッカーとはなんぞや、サッカーの本質とはなんぞやというのを否応なく考えさせてくれた恩師であります。 私はサッカーの本質を子どもたちに伝えることを一つのミッションにして活動をしておりますが、今…

北野武が言う無知の知とは、「どんなに歳をとっても、偉くなっても、自分が何も知らないってことを忘れちゃいけない」

新しい道徳 北野 武 幻冬舎 2015-09-10 売り上げランキング : 5544 Amazon Kindle 楽天ブックス by ヨメレバ 北野武氏の世界観が好きだ。 世間の声やトレンドに迎合することがない生き様。 そして常に本質を捉える言葉には説得力がある。 北野武著「新しい道…

落合陽一の「子育て論」が素敵すぎる 〜子どもが勝手にやるまでのお膳立てをしてあげること〜

落合陽一さんの著書「 超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト」に子育てについて、とても興味深いことが記されていたのでご紹介したい。 落合さんは「現代の魔法使い」と呼ばれる科学者でありアーティストでもある。 世界でも…

いま、読んでおきたい一冊_「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」

今回ご紹介したいのは、「お金2.0 新しい経済のルールと生き方 」といういま話題の本です。 昨夜に買って、その日のうちに一気読みしてしまうほど、すごく面白かった。 いま私たちはどんな時代を生きていて、これから世の中がどのように変化していくかがわか…

【書評】サッカーがいやでも巧くなるトレーニングメソッド

サッカー上達の科学 いやでも巧くなるトレーニングメソッド (ブルーバックス) posted with ヨメレバ 村松 尚登 講談社 2016-04-21 Amazon Kindle 楽天ブックス スペインの名門、FCバルセロナの育成年代でサッカーの指導を経験をされ、現在は日本国内で指導に…