大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

サッカー動画

サッカーを教えない代わりに、一緒にサッカーで遊んでくれたコーチが指導の本質を教えてくれた

サッカーは誰かに教わるよりも、自分でプレーを生み出す方がはるかに面白い 小さい頃、私はサッカーは教わるものではないと感じていた。周りのみんなとは一味違うプレーをしたかったし、魅せたかった。 私のコーチたちは、サッカーはこうやってやるんだよ!…

デル・ピエロに学ぶサッカーの本質 〜永遠のファンタジスタと呼ばれる理由〜

デル ピエロ 真のサッカー選手になるための10の心得アレッサンドロ デルピエロ 文藝春秋 2013-07-01売り上げランキング : 116555 Amazon Kindle 楽天ブックス by ヨメレバ 永遠のファンタジスタといえばアレッサンドロ・デル・ピエロという名前が浮かぶサッ…

フェルナンド・トーレスの巧さの理由 〜一流のストライカーから学ぶべきこと〜

フェルナンド・トーレス 神に選ばれしストライカー フェルナンド・トーレス 講談社 2010-06-03 売り上げランキング : 179136 Amazon Kindle by ヨメレバ 神の子(El Niño:エル・ニーニョ)と呼ばれるスペインのストライカー、フェルナンド・トーレス。 類稀…

ガブリエル・シャビエルの魅力・巧さの理由

名古屋グランパスをJ1復帰に導いた若きブラジル人の巧さの秘密を紐解いていきたい。 彼の名はガブリエル・アウグスト・シャビエル。 Jリーグに所属する数少ないワールドクラスの選手の一人である。 上手い・速い・柔らかい 三拍子揃ったグランパスの救世主だ…

アレクシス・サンチェスの巧さの理由

チリ代表のエース、アレクシス・サンチェス 凄まじい才能を持ちながら所属クラブのアーセナルではなかなかタイトルをつかむことが難しい現状があり、ビッグクラブへの移籍が噂される選手だ。 観る者を魅了するキレキレのドリブル、シュートセンス、抜群のア…

モドリッチの巧さの理由 〜世界最高のミッドフィールダーの魅力〜

ロシアWカップではクロアチア代表を決勝まで導き、レアル・マドリードではチームの司令塔としてCL優勝に貢献し、世界最優秀選手にふさわしい活躍をみせたモドリッチがついにバロンドールを獲得。 \周りへの感謝忘れず…/年間最優秀選手に輝いた #モドリッチ…

グリーズマンの巧さ、抜群の決定力の秘密

アントワーヌ・グリーズマン。 フランス代表のストライカーであり、 アトレティコマドリードの点取り屋だ。 ロシアW杯では絶賛爆発中のエムバペと共にフランス代表の強烈な攻撃ユニットを形成している。 グリーズマンといえば抜群の決定力の高さ、ゴールセン…

カルロス・ベラの巧さの理由 〜メキシコ代表の強さの秘密〜

白熱のロシアW杯、優勝候補のドイツが予選敗退、ブラジルやスペインも予選で苦しい戦いを強いられての決勝トーナメント進出、ロナウド擁するポルトガル、メッシ擁するアルゼンチンも決勝トーナメント一回戦で破れるなど、波乱に満ちた試合がいくつも繰り広げ…

スペインの魔術師 イスコ 抜群のタイミングと感覚

サッカーに縛りはない「自由にプレーできる」それがサッカーの醍醐味だと思うそして「自分のプレーを信じてできる人」それがサッカーが上手い人、魅力的な人だと思うそうレアル・マドリードのイスコのように — Yujiro-Yamada@CR7 (@91_yujiro) 2017年5月8日 …

デブライネの巧さの理由 〜ベルギーの天才フットボーラーの魅力〜

デブライネというサッカー選手がいる。 ベルギー代表でマンチェスター・シティというビッグクラブで主力の選手である。 ペップグアルディオラ監督もその才能を絶賛するほどのスケールだ。 スポンサードリンク // ロシアW杯決勝トーナメント、日本の対戦相手…

アザールの魅力 〜ボールも身体も自在に操る天才〜

ロシアW杯決勝トーナメントで日本と対戦するベルギー。 圧倒的な個の力を揃えるベルギー代表の中でも、ひときわ輝きを放つのがエデン・アザールだ。 予選3試合のパフォーマンスは世界を唸らせている。 優勝の可能性すら感じさせるベルギーのエースに注目した…

カバーニが世界最恐のゴールハンターである理由

ロシアW杯決勝トーナメント一回戦、クリスティアーノ・ロナウド擁するポルトガル代表相手に無慈悲なゴールを叩き込んだエディソン・カバーニ。 前半7分、ウルグアイ代表が先制ゴール⚽️カバーニ→逆サイドのスアレス→折り返してカバーニ弾 pic.twitter.com/ObW…

キリアン・エムバペという19歳の怪物!その圧倒的な才能を紐解く!

ロシアW杯決勝トーナメント一回戦、メッシ擁するアルゼンチン代表を切り裂いたフランスの若きエース、キリアン・エムバペ。 圧倒的なスピードとドリブルの切れ味は、ネイマールに近しいプレースタイルのようにも見える。 しかしながら、アルゼンチン戦のその…

メッシ 上手いを超越した移動力

ロシアW杯で、奇跡の決勝トーナメント進出を果たしたアルゼンチン代表。 チームを救ったのはやはりこの男、リオネル・メッシだった。 アルゼンチン代表という世界のトップレベルの男たちの中でも、メッシはその圧倒的な実力が故に王様だ。 メッシに良いボー…

パオロ・ゲレーロの巧さの理由 ~ペルー代表のエースストライカー~

ペルー代表のエースストライカー、パオロ・ゲレーロ。 ゲレーロは昨年10月に行われた南米予選のアルゼンチン戦後のドーピング検査で、禁止薬物が体内から検出されたことで、1年間の出場停止を科されW杯出場が危ぶまれていた。 そのゲレーロのW杯出場が可能に…

ラルフ・ラングニックが語る「現代のフットボール」と「認知トレーニング」 

ドイツのブンデスリーグで近年稀にみる躍進を見せるRBライプツィヒのスポーツディレクター、ラルフ・ラングニック氏のインタビューがとても興味深いものだったのでご紹介させていただきたい。

アルゼンチンの新星マヌエル・ランシーニの巧さの秘密

マヌエル・ランシーニをご存知だろうか。 イングランドプレミアリーグのウェストハムで10番を背負っているアルゼンチン人だ。今夏開催されるロシアワールドカップでのアルゼンチン代表メンバーにあのイカルディやペロッティ、パプ・ゴメスを押しのけてメンバ…

クアドラードの狡猾な巧さ 〜コロンビアの野生〜

ロシアワールドカップ予選で日本代表が対戦するコロンビア代表。 南米の強豪であり、世界トップレベルのリーグで活躍する選手が顔を揃えるチームである。 ハメス・ロドリゲス(バイエルン)、ファルカオ(モナコ)、カルロス・バッカ(セビージャ)、ジェリ…

イニエスタ少年時代の貴重な映像 〜バルサに見出された天才サッカー少年〜

イニエスタの少年時代のプレー映像が、スペインのメディアで紹介されました。 バルセロナ入団前の貴重な映像です。 ここまで鮮明なものは見たことがありませんでした。 世界一上手い選手、イニエスタは少年時代どんなプレーをしていたのか気になる人は多いで…

サディオ・マネの巧さと柔らかさ 〜セネガル代表の黒豹〜

リバプールのアタッカーであり、セネガル代表のスター選手、サディオ・マネのプレーを紹介しておきたい。 チャンピオンズリーグ決勝でもレアル・マドリードから一点を奪い、そのポテンシャルの高さを示した。 ワールドカップではグループリーグで日本代表と…

イニエスタとポドルスキが日本サッカーに夢を与える 〜魔法と剣、ふたりのプレーで想像する夢の共演〜

世界最高のクラブ、スペインのFCバルセロナから世界最高のサッカー選手イニエスタがヴィッセル神戸へ移籍を果たした。 元ドイツ代表の怪物ルーカス・ポドルスキとのワールドクラスのコンビが凄まじい。

ボールを自在に操るためには、身体を自在に操れなければならない

ネイマールのように自在にボールを操れたらどんなに楽しいだろう。 メッシのようにディフェンダーを翻弄できたらどんなに楽しいだろう。 サッカーをプレーする若者の多くがそう思いながらボールを蹴っているのではないだろうか。 どうやったら上手くボールを…

ブラジルが生んだ伝説!デネルを知っているか?

デネルというブラジル人をご存知だろうか? ロナウジーニョやロビーニョも憧れたブラジルの伝説のサッカー選手だ。 凄まじい才能を持ちながらも、1994年に交通事故でこの世を去った天才サッカー選手… デネル・アウグスト・デ・ソウザ。 当時、デネルの圧倒的…

メッシとモドリッチに学ぶ「ボールを隠す技術、ボールを奪われない技術」

身体が小さい一流選手から学ぶことはとても多い。 世界で一番上手い選手と呼ばれるメッシはもちろん、レアル・マドリードのゲームメーカーであり、クロアチア代表の司令塔モドリッチ、ブラジル代表の左サイドバック、マルセロ… 彼らはサッカー選手として決し…

イニエスタとメッシに学ぶ 「サッカーが上手い」の本質 〜身体の扱い方・タイミング・フィーリング〜

サッカーを上手くプレーするために一つ重要なアドバイスをするとすれば、「力を抜いて自然体でプレーしましょう」ということです。 その根拠はメッシのプレーにあります。 ボールを奪われずにゴールまで突き進むメッシを見て大切なことに気がつきました。 《…

リバウドの全盛期が凄まじかった 

ブラジルには怪物が生まれる… リバウド・ヴィトール・ボルバ・フェレイラを知っているだろうか。 かつて、「レフティモンスター」の異名を持ち、そのプレーは世界中のサッカーファンを魅了した男だ。 リバウドといえば、このオーバーヘッドだ。

ボカジュニアーズの元育成部長は言う「子供の発想を消してはいけない」

常に世界レベルのサッカー選手を生み出し続けるアルゼンチンの名門、ボカジュニアーズ。 私はその育成年代を毎年見ているけれど、やはり凄まじいです。 圧倒的な闘争心! ピッチでの表現力! どれをとっても日本の同年代とは異なるものであると感じます。 そ…

セルヒオ・ラモス VS モハメド・サラー 〜過去のマッチアップで見る相性〜

Rマドリード 対 リバプールのCL決勝が目前に迫る。 Twitterで面白い映像が流れてきた。

大島僚太の秀逸なファーストタッチ 〜ボールを受けるタイミングとセンス〜

「センスとはタイミングや」 湖国の天才軍師、岩谷氏の言葉だ。 私は4年前に岩谷氏のこの言葉に触れてから、センスの良いプレイヤーを見分ける際の一つの基準にしている。 今回は川崎フロンターレの大島僚太選手のワンプレーを切り取ってご紹介したい。 サッ…

サビオラに学ぶストライカーの本質 〜ボールの受け方、相手の死角を突くイヤらしさ〜

ハビエル・サビオラ というサッカー選手を覚えているだろうか。 エル・コネッホ(EL CONEJO)スペイン語でウサギの相性で愛されたアルゼンチンを代表するストライカーだった男だ。 ゴールへの瞬発力、類稀な決定力でアルゼンチン代表、スペインのFCバルセロ…