大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

ホリエモンが語る|サッカーに没頭するという体験がもたらす可能性

近年、サッカー界に影響をもたらしているホリエモンこと堀江貴文氏。 自身の著書で、日本の教育についても問題提起をしているのですが、 サッカーの育成現場における問題の本質にせまる一文が書かれていたのでご紹介させていただきたい。

アーセナルSS市川代表、幸野健一さんが語る “日本サッカーと教育”

アーセナルSS市川の代表を務める幸野健一さんにお話を聞いてきました。 サッカーの育成年代に携わっていて、幸野健一の名前を知らない人間はいないのではないでしょうか。 Jリーガーの息子さん幸野 志有人(しゅうと)選手はV・ファーレン長崎で活躍しており…

フェデリコ・ベルナルデスキの上手さの秘密 〜イタリアの若き貴公子のプレーを紐解く〜

フェデリコ・ベルナルデスキ。 イタリア、セリエAに所属するビッグクラブ、ユベントスでプレーする、イタリア代表の選手である。 24歳のレフティ。 ポジションはセカンドストライカー、トップ下、両ウイング、両サイドハーフからウイングバック、インサイド…

松田直樹が伝えた「サッカーと人生でもっとも大切なもの」

闘争人―松田直樹物語 (SAN-EI MOOK) posted with カエレバ 二宮 寿朗 三栄書房 2009-04-30 Amazon.co.jp で詳細を見る 松田直樹というサッカー選手がいた。 サッカーをこよなく愛し、熱いハートを持つサムライと呼ぶに相応しい男だった。 今まさに、彼のよう…

ストライカー鈴木武蔵が長崎の命運を握る

V・ファーレン長崎で活躍する鈴木武蔵選手。 ジャマイカ人の父と日本人の母を持つ混血のストライカーだ。 リオ五輪で観た時はスピードと気持ちの入ったプレーが印象に残る選手だった。 現在低迷しているV・ファーレン長崎において鈴木武蔵の存在はチームの鍵…