大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

ラルフ・ラングニックが語る「現代のフットボール」と「認知トレーニング」 

f:id:keikun028:20180610001231p:plain

 

ドイツのブンデスリーグで近年稀にみる躍進を見せるRBライプツィヒのスポーツディレクター、ラルフ・ラングニック氏のインタビューがとても興味深いものだったのでご紹介させていただきたい。

続きを読む

アルゼンチンの新星マヌエル・ランシーニの巧さの秘密

f:id:keikun028:20180603174245p:plain

マヌエル・ランシーニをご存知だろうか。

イングランドプレミアリーグウェストハムで10番を背負っているアルゼンチン人だ。
今夏開催されるロシアワールドカップでのアルゼンチン代表メンバーにあのイカルディペロッティパプ・ゴメスを押しのけてメンバーに入るほどの実力者だ。

 

ポジションはトップ下であるが、セカンドストライカーと左右のウイングもこなせる器用な選手。

身長170cm,体重66kgと小柄な体格から繰り出されるプレーは強烈だ。


ランシーニのルーツはイタリアにある。
アルゼンチンにはイタリアからの移民が多く、他の代表選手にもメッシ、ディバラ、ビグリア、マスケラーノなど数多くのクラックがイタリアにルーツを持っている。

今回ワールドカップに出ることのできないイタリアでは母国の代わりにアルゼンチンを応援する人が多いのではないだろうか。


さて、そんなランシーニの巧さの秘密を紐解いていきたい。 

続きを読む

日本人ホペイロがスペインのユーストップリーグで1シーズン戦って感じたこと

f:id:keikun028:20170902145408j:plain

現在スペイン・バルセロナにあるサッカーチームでホペイロとして活動している、ほぺまゆ(@Jope_Mayu)です。

前回の記事日本人ホペイロとしてスペインのサッカークラブに所属するまでのみ道のりの続編として、スペインのユーストップリーグで1シーズンを戦って感じたことを寄稿させて頂きます。

スペインで過ごした1シーズンは、毎日刺激にあふれたものでした。
その中で感じたことを大きく3点に分けてご紹介します。

続きを読む

クアドラードの狡猾な巧さ 〜コロンビアの野生〜

f:id:keikun028:20180603235151p:plain

ロシアワールドカップ予選で日本代表が対戦するコロンビア代表。

南米の強豪であり、世界トップレベルのリーグで活躍する選手が顔を揃えるチームである。

ハメス・ロドリゲスバイエルン)、ファルカオモナコ)、カルロス・バッカ(セビージャ)、ジェリー・ミナ(バルセロナ)…

そしてユベントスで活躍するクアドラード

 

クアドラードは日本代表がもっとも注意すべき選手。

独特のリズムと緩急、そしてスピードのあるドリブルが脅威になる。

そして何より恐いのは、クアドラードは南米特有の“駆け引き上手”な選手であることだ。

 

クアドラードのプレーを見てみよう。

続きを読む

日本人ホペイロとしてスペインのサッカークラブに所属するまでの道のり 〜大切なのは思い切って飛び込む勇気〜

f:id:keikun028:20170531203753j:plain

現在スペイン・バルセロナにあるサッカーチームでホペイロとして活動している、ほぺまゆ(@Jope_Mayu)です。

2年前まで日本で会社員として普通に働いていました。

そこから会社を辞めて単身スペインに渡り、自らの手でクラブチームを見つけ、現在の活動に至ります。

本記事ではわたしが日本人ホペイロとしてスペインに渡った経緯について寄稿させて頂きます。

続きを読む