大人になってから学ぶサッカーの本質とは

日本にいながら外国人リーグでプレーする私の目から見るサッカーの本質とは… 元サッカー選手、元サッカーコーチ、中南米放浪サッカー経験者として好き勝手語らせて頂きやす

スポンサードリンク

 

子どもの可能性を奪う大人は致命的にレベルが低い

サッカーコーチをしている時に、とあるチームのコーチが子どもに対して言い放った忘れられない言葉がある。

「なぜ、お前はパスをしない?なぜドリブルばかりする?余計なことをしないでさっさとボールを離せ。サッカーはお遊びじゃねーの!」

そう言われた子は、そのチームで一番のテクニシャンで遊び心があり、ボールを持てば何かやりそうな雰囲気を纏う子だった。当時、まだ小学2年生だった。

 

続きを読む

プレッシャーから逃れる術など教えるからダメになる

日本の指導者の多くが子どもたちにカタチを教えようとする

これは賛否両論ある話で私の考えが正しくもなく、カタチを教えることも時に有効なことがあるのもわかっている。しかし、あくまで私の感覚でお話させていただきたい。

先日、あるサッカー関係者の方に以下の話をしたところ、思わぬ返答があり私が感じたことを共有したい。

続きを読む

サッカーが上手くなるためには、まず自分の身体を動かす技術を高めること

サッカーが上手くなりたいと願っている人。

サッカーの本質を選手に伝えたいと願っている人。

サッカーが上手くなるためには、まず自分の身体を動かす技術を高めることが重要です。

これからご紹介する本は、上記に当てはまる人ならばとても学び多きものになる。

  

続きを読む

サッカーが上手いとはどういうことか

 

サッカーが上手いとはどういうことか。

これについて考えてみたい。

 

サッカーが上手い人はリフティングが上手い。

サッカーが上手い人はドリブルが上手い。

 

このように考える人が実に多い。

 

しかし、私はサッカーが上手い人でリフティングが上手くない人をたくさん知っている。

サッカーが上手い人でドリブルが上手くない人をたくさん知っている。

 

続きを読む

本田圭佑の圧倒的な生き様 

 

サッカー日本代表本田圭佑選手。

彼はサッカー選手であるだけでなく、サッカークラブを経営するビジネスマンでもある。

セリエAの名門、ACミランで出場機会に恵まれていないとはいえ、世界のトップクラブの一つである。実力がなければすぐにクビを切られている。必死の努力をしながらも経営を学び、今では立派な経営者である。

 

続きを読む